女のセックス

男性にとってセックスとオナニーはどんな風に違う?彼女が居るのにオナニーする理由4選

夜中に目が覚めてリビングへ行ったら、彼氏がアダルト動画を見ながらシコってた…。

最近私が友達から受けた相談内容で、彼女は「どうして私がいるのに、オナニーなんか」と泣いていました。

同じことで悩んでいる女性もいるかと思い、記事を書くことに。

まず結論から言えば、男性にとってオナニーって排尿と同じなので、全く気にしなくて大丈夫です。

今回は、男性にとってのセックスとオナニーの違い彼女がいるのに自慰をする理由と、万が一目撃した時の対処法を解説します。

彼氏がオナニーしていても問題はありません、むしろ他の女性に走るよりよっぽど健全。この記事を読めば、今後彼氏が一人エッチしていても、全く気にならなくなりますよ。

男性にとってセックスとオナニーは全くの別物!

男の人から言わせると「セックスとオナニーは、全く別物!」なんです。

女性は「私とエッチすれば良いのに、なんで一人でするのよ!」と思いますよね。でも、全く無関係なことが、ここから説明する内容を読めばわかるはず。

詳細を解説していきます。

男性のセックスとオナニーの違い

  1. オナニーは生理的なもの
  2. セックスはスポーツに近い
  3. 女性とのエッチの方が興奮度は高い
  4. オナニーの方が手軽で楽
  5. 快感の持続度は圧倒的にセックス

1.オナニーは生理的なもの

まずオナニーは、男性にとって排尿と同じです。つまり生理的なものなので、深い意味はありません。

後から詳しく解説しますが、男性は一定期間性的なことをしないと、ムラムラするように作られています。

そのため、一人エッチをするのは、トイレに行くようなもの。エッチとは全く意味が違うんです。

2.セックスはスポーツに近い

女性とのセックスは、例えるとスポーツに近い感覚です。彼女と一緒に楽しむもので、相手の女性がいないと成り立ちません。

男性にとっても、セックスは意味があるものであり、彼女(異性)とするものと定義つけられています。

オナニーがトイレ、セックスは趣味、つまり自分が好んでするものと考えると全く意味が違うのが分かりますよね。

3.女性とのエッチの方が興奮度は高い

マスタベーションの時は、男性はおかずを用意して、自分でペニスを握りしめて射精します。

しかし、女性とのエッチは目の前に女体があり、触覚もあるので興奮度は当然セックスの圧勝です。

好きな彼女との行為なら、尚更興奮するでしょう。

4.オナニーの方が手軽で楽

セックスは女性への気遣い、そして体力が必要です。

しかしオナニーは短時間で済みますし、自分が好みのおかずと力加減で、手っ取り早く済ませられます。

性欲処理とだけ考えれば、エッチよりオナニーの方が気軽にできるでしょう。疲れてるけど、ムラムラしたときは、エッチよりも一人でした方が楽だと考えます。

5.快感の持続度は圧倒的にセックス

男性は一般的に、快感を強く感じるのは射精の瞬間だけ

そのため、女性のようにエッチ中にずっと気持ち良い、というわけではありません。

セックスの時は女性との接触による快感、摩擦感もあるので、快感の強さはセックスの方が強いです。

彼女がいるのに男性がオナニーする理由4選

「エッチの方が気持ち良いのに、なんでオナニーするの?」と思った方のために、その理由を解説します。

確かに、より気持ち良い方を選ぶのが普通と思うので仕方ありません。

理由を知れば、今後は彼氏の自慰行為を心広く見守れるようになるでしょう。

彼氏がオナニーする理由

  1. 精子を排出する為
  2. 手軽にストレス発散をしたい
  3. 体力を温存しつつムラムラを解消したい
  4. オナニーが1日のルーティンになっている

1.精子を排出する為

男性の精子は毎日作られており、およそ72時間で精巣がパンパンになってしまいます。精子を貯めておくと、既存の精子が古くなってしまって、質が低下するんです。子孫を残すために、精子の質が劣化するのは避けなければいけませんよね。

そこで人間の男性の脳は「精子を排出しろ!」と命令を出します。これが、男性のムラムラの正体。

彼女がいても、オナニーしてしまうのは、脳が命じているからなんです。

男性がセックスしたくなる意外な理由5選
男性がセックスしたくなる意外な理由5選

続きを見る

2.手軽にストレス発散をしたい

女性もオナニーでリラックスしたり、ストレスを発散しますよね。男性も同じで、一人エッチによって、日頃の鬱屈した気持ちを解放できるんです。

男の人はプライドが高くて、女性に悩みを愚痴ったりできません。また、イラついてるからエッチするなんて、彼女に不誠実な気がしてしまうんですね。

仕事でイライラすることがあったり、なんだかモヤモヤしている時にオナニーしてしまう。これはあくまで、リラクゼーションの1つです。

3.体力を温存しつつムラムラを解消したい

ムラムラしてるならエッチに誘ってくれれば良いのに、と思うかも知れませんね。

しかし、男性は一回のエッチで男性は、ジョギングを15分程度したくらいの疲労を感じます。10分以上ジョギングすると、息が切れて、足も疲れてしまいますよね。女性よりも男性の方が、圧倒的にセックスで体力を消耗します。そのため、「ムラムラしてるけど、疲れてるからなあ」というときは、オナニー一択。

体力を使わずに、とりあえず性欲を解消したい場合は、彼女とのセックスよりもマスターベーションを選ぶでしょう。

4.オナニーが1日のルーティンになっている

寝る前に必ずオナニーする習慣があり、それが癖になっていることもあります。有名キャバ嬢のエンリケさんも、「寝る前にオナニーしないと寝れない」と言っていました。女性でも、同じような習慣を持ってる人はいるのでは?

つまり、彼にとってオナニーは、ナイトルーティーンの1つです。それ以上の意味はありません。しないと落ち着かず、寝れないのです。

彼が寝る前に必ずオナニーするなど、時間が決まっている場合は単なるルーティンなので、気にしなくて良いでしょう。

彼氏のオナニーを目撃した時の対処法

万が一彼の自慰行為を目撃したらどうしますか?

私の友達は、その時の対処法が悪くて破局した人もいます。つまり、対応を誤ると彼を傷つけてしまったり、関係が悪化するリスクがあるんです。

私が正しい彼の自慰行為への対処を教えるので、必ず守ってくださいね。

そっとしておく

一番良いのは、彼氏が一人エッチしていても、見て見ぬ振りをする事です。

途中で止めたり、急に乱入して「何してるのよ!!!」とヒステリックに騒いではいけません。先ほども解説したように、男性にとってはオナニーはオナニーです。女性が感情的になっても、男の人には

「なんでそんなに怒るんだろう」

と意味が伝わりません。なので喧嘩したり話し合っても、全く話が通じなくて平行線になるでしょう。

私の友人がオナニー目撃後に大げんかになり、仲裁に呼ばれたことがあります。しかし、男性がそもそも「どうして自慰行為しただけで、こんなに怒られるのか」が理解できなかったので、男性もおれず、女性は泣き喚いて修羅場になっていました。

私は彼氏が一人エッチしていても、そっとドアを閉めて寝ます。それが一番平和。男女で自慰行為への考え方が違う、そしてオナニーはあくまで性欲処理と割り切って、そっとしてあげましょう。

オナニーを責めない

自慰行為自体を責めることは、本当にやめてあげてください。男性にとってムラムラは生理現象であり、コントロールできるものではありません。もっと言えば浮気されるよりマシですよね?

一人でシコってスッキリしてくれるなら、こんなに簡単はことはありません。

自慰行為を責めても男性には理解できませんし、窮屈に感じます。男性が一番嫌うのは、自分の行動を制限されることです。生理現象というコントロール外のものを責めていると、だんだんあなたに嫌気が差すでしょう。

私の友人は自慰行為禁止というルールを設けた結果、彼が家を出てしまって、同棲解消。後から謝っていましたが、彼の心は取り戻せずに別れました。

極端な例かも知れませんが、マスタベーションを責めることで、大揉めする可能性もあるので注意してください。

自分からエッチに誘ってみる

自分が寝ている隣で自慰行為している場合は、手伝ってあげても良いと思います。シコってあげて、あっちがその気になればエッチすれば良いし、そのままイケばそれで終わり。

本当に一人になりたい時は、トイレや風呂場でしますから、ベッドでしている時点で多少はその気があると思われます。

勃起したアソコを触ってあげたり「口でイカせてあげる」と誘えば乗ってきて、エッチに持ち込めますよ。

まとめ

今回は女性には理解し難い、男性のオナニー事情について紹介しました。男の人にとっておナニーは欠かせないもので、脳の指令で行っていることなので、私たちにはコントロールできません。

とにかく彼氏がオナニーしても気にしないこと、責めないこと!

単なる生理現象なので、怒ったり気にしても馬鹿らしいです。シチュエーションが許せば、そのままエッチに持ち込むこともできるので、記事の内容を参考にしてセックスに誘ってみるのも良いですよ

初心者向けオススメ記事

女性向けセックステクニック解説、彼の心も身体も鷲掴み!

続きを見る

女性向けセックステクニック一覧

優しく男性に愛撫される女性
セックスの練習相手になる男性を見つける方法【女性向け】

続きを見る

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-女のセックス
-, ,

© 2022 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5