女のセックス

エッチのとき喘ぎ声はどのぐらい出せば良い?もっと愛される自然でかわいい喘ぎ方、喘ぎ声の出し方解説

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

エッチのときに出る“喘ぎ声”は、耳からも男性を興奮させることができる女性の武器といっても過言ではありません。

でも、喘ぎ声を出すのが恥ずかしかったり、かわいい声が出せなかったり、外に声が漏れてないか気になったりと、声を出すことに抵抗がある人も多いのではないでしょうか?

かわいい喘ぎ声や理想の声の大きさなどを男性にアンケートしましたので、ぜひ喘ぎ声の参考にしてみて。

また、恋人からもっと愛される自然でかわいい喘ぎ方の解説や防音対策についてもお話します。

喘ぎ声がもたらすメリット

喘ぎ声を出すのは恥ずかしいと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、喘ぎ声を出すことで得られる嬉しい効果はたくさんあります。どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

喘ぎ声がもたらすメリット

  1. 男性を興奮させることができる
  2. 男性の尽くしたい欲を高める
  3. 男性に自信を与える
  4. 気持ちいいところを伝えることができる
  5. ストレス解消
  6. マンネリ解消

1.男性を興奮させることができる

喘ぎ声によって男性は視覚や感覚だけでなく、聴覚からも刺激を得ることができます。

普段とは違うセクシーな声を聞くことで、性的興奮をより高めることができます。

聴覚から得る刺激は、男性にとって非常に重要で、ミュートで見るAVと音声有りのAVとでは興奮度が全く違うと言われています。

喘ぎ声は、よりエッチを盛り上げる最高のスパイスでもあるのです。

2.男性の尽くしたい欲を高める

女性が喘げば喘ぐほど、感じていると男性は判断します。

自分が気持ちよくさせているという満足感と支配感、そしてかわいい彼女の喘ぎ声をもっと聞きたいという気持ちから、男性はよりあなたを気持ちよくさせようと努めてくれるでしょう。

3.男性に自信を与える

喘ぎ声が少ないと男性は「気持ちよくないのかな?」と不安になってしまいます。

あなたも彼氏の反応が悪かったら、心配になりませんか?

喘ぎ声を出すことで、自分が彼女をこんなに気持ちよくさせているんだという自信や安心感を男性に与えることができます。

4.気持ちいいところを伝えることができる

自分の好きなポイントを相手にストレートに伝えられないという女性は多いと思います。

でも、喘ぎ声にメリハリをつけるだけで男性に気持ちがいいポイントを間接的に伝えることができます。

男性も責めるべきポイントが分かるので、相性が良いと思わせることもできます。

5.ストレス解消

喘ぎ声は、ストレス発散にも繫がると言われています。

何も我慢することなく感情のままに声を出すと、心をスッキリさせ開放的な気分にさせてくれます。山に向かって叫んだり、カラオケで熱唱した後は、清々しい気持ちになっていませんか?

出す声は違えど、制限のない自由な発声はストレス解消に繋がります。

6.マンネリ解消

喘ぎ声をいつもと少し変えるだけでマンネリ解消にも繋がります。

喘ぎ声の違いなんかで?と思われるかもしれませんが、声をちょっと変えるだけでまるで別の人とエッチを楽しんでいるかのような新鮮さを感じられるものです。

いつもとは違う新鮮な彼女の反応を見て興奮しない男性はいません。

どんな喘ぎ声が好き?理想の大きさは?男性の本音紹介

喘ぎ声に関しての男性の本音が気になる人も多いのでは?

なかなか彼氏にも「どんな喘ぎ声が好き?」なんて聞けないですし、聞いたところで元カノの影を感じて落ち込むのも嫌ですよね。

そこで、男性が好きな喘ぎ声理想の声の大きさエッチ中に言われたい言葉など“喘ぎ声”に関するアレコレを男性にアンケートしてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

Q1.女性の喘ぎ声は好きですか?

Q1.女性の喘ぎ声は好きですか?

Q2.エッチ中の女性の声に興奮しますか?

Q2.エッチ中の女性の声に興奮しますか?

Q3.エッチ中の女性の声に幻滅したことありますか?

Q3.エッチ中の女性の声に幻滅したことありますか?

Q4.どんな声が好きですか?

Q4.どんな声が好きですか?

その他には、まるでAV女優のような激しく大胆な喘ぎ声外国人のような絶叫系が好きという声もありました。

Q5.喘ぎ声の演技に気づきますか?

Q5.喘ぎ声の演技に気づきますか?
調査対象10代〜40代の男性
調査方法インターネットによる任意回答
調査人数150名

もっと愛される自然でかわいい喘ぎ方のコツ

せっかくなら男性がより興奮するような声を出したいですよね。

そこでもっと愛される自然でかわいい喘ぎ方のコツをご紹介します。

かわいい喘ぎ方のコツ

  • 吐息を出す
  • 緩急・抑揚をつける
  • 時折苦しそうな声を入れる
  • 声のボリュームは控えめが◎
  • なりたいイメージに合わせて声質を変える
  • 語尾を伸ばす
  • 喘ぎ声と一緒に言葉を発する
  • おねだりする
  • 名前を呼ぶ

吐息を出す

喘ぎ声=声を出す と思っている人が多いですが、喘ぎ声は何も声を出すだけではありません。実際に男性人気が高いのは“吐息のような声にならぬ喘ぎ声”です。

あえて声を発さないことでリアルな印象を感じさせますし、しっかり感じているのに恥ずかしくて声が出せないそんな様子に興奮する男性が多いです。

自然と出る吐息や声で男性は十分満足ということですね!時折、深い息を吐いたり、小さく声を混ぜると◎。

緩急・抑揚をつける

ずっと同じテンポ、ずっと同じボリューム…そんな一本調子な喘ぎ声は、演技っぽいですし、何より色気を感じさせません。大切なのは“緩急と抑揚”。

声の高さと大きさ、テンポを工夫するだけで、喘ぎ声に十分バリエーションを出すことができますよ。

優しく触られたときやあまり気持ちよさを感じないときは、小さく控えめな声を意識し、激しいタッチをされたときやとても気持ちがいいときは声のボリュームを上げると男性に気持ちのいいポイントが伝わりやすいですし、徐々に気持ち良くなっていく様子が分かるのでムードも高まります。

時折苦しそうな声を入れる

苦しそうな喘ぎ声は、気持ちよさを必死に我慢しているような印象を与えます。

日本人男性は、控えめで清楚な女性が好きですから、声を必死に我慢している姿や恥ずかしさを感じている様子に弱いもの。

吐息の中に「あっ」「んっ」などの単発的な声を挟むと効果的ですよ。

また、同時に手で口を押さえる仕草やシーツをぎゅっと掴む、眉間にシワを寄せると生々しさが出るので、より興奮させることができます。

声のボリュームは控えめが◎

外国人女性のような絶叫に近い喘ぎ声やAVのような大きな声が好きな男性もいますが、日本人男性の多くがボリュームの小さい喘ぎ声を好みます。

身体の動きとともに吐息やちょっとした声は自然と出る声でも正直十分可愛らしく映るものですから、必要以上に声をあげる必要はありません。

なりたいイメージに合わせて声質を変える

低いキーは、セクシーで艶っぽい印象を与えます。高いキーは、可愛らしくウブな印象を与えます。彼の好みに合わせて、声質を変えると喜ばれます。

高いキーを出したいときは、鼻から抜くようなイメージで声を出すと鼻声が合わさり、とてもかわいい声になりますよ。

低いキーを出したいときは、喉の奥に落とし込むように発声するといいでしょう。難しい人は口を閉じたまま発声してみてください。口を開いているときより声がこもって低く聞こえるはずです。

語尾を伸ばす

語尾を伸ばした喋り方は、甘えたような可愛らしい声に聞こえますよね。

それは喘ぎ声でも一緒です。

「イクッ!」と言ってももちろんいいのですが「イクぅぅぅぅ〜」伸ばした方がより女性らしく官能的に聞こえやすいです。

喘ぎ声と一緒に言葉を発する

「ハアハア…」「ああぁん」「んっ…」などの喘ぎ声と一緒にセクシーな言葉を挟むとより男性を興奮させることができます。

セクシーな言葉の例

  • 「もっと」
  • 「そこ」
  • 「イッちゃう」
  • 「気持ちいい」
  • 「大好き」
  • 「もう、ダメ」

感じていることが相手にダイレクトに伝わりますし、普段聞くことのない言葉なのでより男性の興奮を高めることができます。

ただしあまりにもAVなどで使われているような卑猥過ぎる言葉だと、引いてしまう男性もいるので注意。

おねだりする

「◯◯して?」「挿れて?」などのお願い系は、恥ずかしくて言えないという女性が多いですから、言える女性は希少価値が高く、よりエッチな子に見えます。

ちなみにエッチ=軽い というわけではありませんので、安心してくださいね。

おねだり系の言葉は卑猥には聞こえにくいですし、男性は甘えられたり、おねだりされるのが好きですからとても可愛らしく見えます。

名前を呼ぶ

名前を呼ばれるとすぐにイッてしまうという男性が居るほど、威力が高いです。

名前を呼ばれると愛されていると実感できますし、より愛おしく見えてくるものです。

あなたも彼から名前を呼ばれたら嬉しいですよね?

男性も同じなのです。特に名前+愛してる・好きの組み合わせは最強なのでぜひ!

【体験談】こんな喘ぎ声はNG!引かれる喘ぎ声5選

どうやら引かれる・冷めさせる・萎えさせる喘ぎ声もあるようです。

良かれと思って出した声が引かれる原因になることだけはなんとしても避けたいですね!

そこで男性からのタレコミ(体験談)とともに引かれる喘ぎ声を5つご紹介していきます。

声が大きすぎる

喘ぎ声が大きい方が興奮するという男性ももちろんいますが、どちらかというと控えめな喘ぎ声の方が人気があります。

声が大きすぎると、プレイに集中できない・外に聞こえないか気になる・うるさく感じるなどと言った声が目立ちました。

K.Aさん 33歳

彼女と初のお泊りデート。
向こうもそのつもりでいてくれたみたいで、すんなりエッチする流れになったんですが、前戯の段階から声がデカイわデカイ笑
「聞こえちゃうから、もうちょっと小さくね」と言ってみたものの「すごく気持ちいいから」と返され、ガン萎えしました。
俺を興奮させようと出した言葉だったんだろうけど、俺からすれば周りから苦情なんか来たら面倒だし、ファミリー層も泊まってるホテルなんだから配慮しろよと思ってしまって。
結局、可愛い声を我慢させずに聞きたいから別のところでしたいって理由つけてエッチは延期にしました。んで声の大きさがどうしても耳障りで受け入れられなくて後日別れました。
声に負けてプレイがなんも入ってこないのよ、だから無理です。

実況中継並にしゃべる

  • 「んっ…気持ちいい」
  • 「ハアハアだい…すきっ」
  • 「んっすごい…おっきいぃ…」

と、喘ぎつつも頑張って気持ちを伝えようとする様子は可愛らしいですが、エッチの最中に

  • 「ヌルヌルして気持ちいいっ」
  • 「すごい硬くて大きい」
  • 「いやらしい音がする」
  • 「入る!あ…入ったー!」

などの実況中継のような喘ぎ声は、男性を萎えさせます。

AV女優さんがよく言っていますが、それは状況や快感を画面越しでもリアルに想像できるようにあえて言葉にしているだけで、リアルなセックスには男性は求めていないのです。

D.Sさん 27歳

ちんこが入ったとか温かいとか凄い濡れちゃうとか、わざわざ言わなくていいからって思っちゃう。元カノがそーゆータイプで正直ね、うっざいんすわ。
こっちは集中してたいのに反応求められるし、そんな喋ってる余裕あんのかよって思っちゃうしで、嫌でしたね〜。
それが原因で別れるとかはなかったですけど、俺がちょっとエッチに前向きではなかったのは事実ですね。

悲鳴のような喘ぎ声

悲鳴のような喘ぎ声は男性に引かれることが多いです。

「きゃー」や「いやー」などの悲鳴声は、下手をすると110番通報される可能性もありますし、意識して出しているわけじゃないとしても男性はヒヤヒヤしっぱなしです。

Y.Kさん 22歳

顔もスタイルもドタイプの人だったんですけど、悲鳴みたいな喘ぎ声が受け入れられずサヨナラしました。ぎゃーとかひーっとか、AVでも見たことがないような声で全然慣れませんでしたね。
一度ホテルの人に「大丈夫ですか?」なんてノックされて本当に恥ずかしい思いをしました。色気を感じないし、俺なんかしちゃった?みたいにバクバクします。あれ以来なんかトラウマになってしまっている自分がいます。

演技感丸出しの喘ぎ声

喜ばせるためだとしても、嘘の喘ぎ声は男性を萎えさせるだけです。

俺って上手くないのかな?気遣わせてるな…など、男性の自信喪失にも繫がるので、演技するとしてもできるだけナチュラルに心がけましょう。

エッチ序盤なのにやけに感じまくっていたり、声を出すタイミングがズレていたり、喘ぎ声が出ているのに表情が真顔だと演技だとバレやすいです。

また、AVでよく使われている「だめ、壊れちゃう」「◯◯くんのおちんぽでいっぱいにして」「おっぱいに白くて濃いのたくさん出して」などの卑猥な言葉は男性を興奮させるどころか何言ってるの?と引かせてしまいます。

N.Kさん 29歳

男って当たり前にAVが好きだけど、AVと現実は違うってちゃんと分かってます。
それなのにAV女優みたいな大げさな喘ぎ声とかすんごいエロい言葉を言われると、一気に冷めるんですよね。
求めてないし、ナチュラルにそんな言葉出るわけないやん!って笑
それで演技してんなって気づいた後は、ちょっとタイミングずれるだけで、気になっちゃって全然エッチな気分にならなくなる。それで萎えて中断したこともあるくらい。
この世の中の全男性、演技は嫌いやと思うわ。

単調で抑揚がない

たまにAV女優にもいますが、抑揚がなく単調な喘ぎ声は色っぽくありませんし、演技ではないとしても機械的に感じさせるのでムードがないですよね。

同じリズム、同じトーンで、あーあーあーと言われたら怖くありませんか?

吐息やため息、声を伸ばしたり、早く切ったりなど、声一つとってもバリエーションを増やすことは十分可能ですので、ぜひ意識してみてください。

S.Hさん 41歳

セックスが盛り上がるか盛り上がらないかって喘ぎ声が関係していると私は思います。
風俗遊びが好きで月に数回頼むんですけど、喘ぎ声を出さない子や同じことしか言わないような子はつまらないですね。
いくら可愛くて綺麗でも、お金の無駄に感じますし、興奮しません。
「あーあーあー」とか「んー」とか赤ん坊みたいで色気がないし、機械みたいでしょ?まだ演技して盛り上げようと尽くしてもらえた方がいいね。

外に聞こえていないか集中できないときの防音対策

喘ぎ声を出したいけれど「家の壁が薄くて聞こえないか不安で出せない」という人のために喘ぎ声を漏れさせないエッチ中の防音対策法をご紹介します。

窓や扉は閉める

もはや当たり前ですが、窓や扉を閉めてあるか確認してからエッチしましょう。

また、カーテンを閉めるだけでも防音効果を得られますので、閉めてからするといいでしょう。シャッターがおろせるならば、シャッターも閉めれば窓から外へ漏れることは、普通のボリュームならほぼないです。

壁や窓から離れる

壁や窓から近ければ近いほど音は漏れやすいので、壁や窓、出入り口から遠い部屋で楽しむようにしましょう。

換気扇からも声は漏れるので、スイッチを切るなど対策をしましょう。

ベッドではなく布団にする

喘ぎ声だけでなく、ベッドの軋む音や振動にも注意したいところ。

壁が薄い賃貸では、声を我慢していても軋み音でバレてしまうこともありますから、ベッドではなく布団があるのなら布団でエッチするのもおすすめです。

マットレスほど沈まないので、いつもとはちょっぴり違う感覚を楽しむことができますよ。

ベッドと壁の間に空間を作るだけでも隣の部屋に振動が伝わりにくくなるので、布団がない人はベッドと壁を離してみましょう。

口を塞ぐ

周囲にエッチ中の声が漏れないようにするのは、大人のマナーです。

でも、セックスに制限をかけすぎるのはちょっぴり味気ない…そんなときにおすすめなのが、声を出しちゃだめという設定のうえエッチを楽しむことです。

声を出しちゃダメという状況が興奮材料になりますし、男性は彼女が必死に声を押し殺している姿を見て気分が高まるはずです。

タオルや彼氏の腕などで口を塞いでもらってもいいですし、キスで塞ぐのもエッチですよね。声を出せない状況を楽しんじゃいましょう。

音楽を流す

小さな喘ぎ声であれば、音楽で紛らわせることもできるでしょう。

ただし、音楽のせいで気分が高まらない・集中できないなんてことにならないようにチョイスには気をつけましょう。

また、音楽のボリュームが大きすぎてしまうと近所迷惑になりますので、音量にも注意しましょう。

防音グッズの利用

防音グッズを利用すれば安心して、お家の中でエッチを楽しむことができますね。

もちろん喘ぎ声だけでなく、日常の生活音対策にも効果的なので、基本的な防音対策をしておくとご近所との騒音トラブル防止にもなりますよ。

かわいい喘ぎ声で彼の心を虜にしよう

今回は喘ぎ声のお話をしましたが、いかがでしたか?

喘ぎ声で男性の興奮を何倍にも何十倍にも高めることができるので、ぜひ恥ずかしがらずにいろいろなパターンの喘ぎ声を試してみてくださいね。

「いつもと違うな」と思われることが不安かもしれませんが、そのギャップこそが色っぽく映りますし、よりあなたの魅力を高めてくれるでしょう。

喘ぎ声には様々なメリットがあり、お互いの興奮を高めるほかにも男性の自信を引き出したり、マンネリ対策にも効果的です。

喘ぎ声によっては、男性を逆に萎えさせてしまうこともあるので、今回ご紹介した喘ぎ方のコツを参考にしてみてくださいね。

喘ぎ方のイメージがつかないという人は、女性向けのAVを見るといいかもしれませんね。男性向けのAVは、男性が聴覚でも興奮できるよう過剰に作られているので、それを参考にしてしまうと演技している感が出るのでおすすめしません。

かわいい喘ぎ声を自分のものにして彼氏の心を鷲掴みにしてくださいね。

初心者向けオススメ記事

女性向けセックステクニック解説、彼の心も身体も鷲掴み!
女性向けセックステクニック解説、彼の心も身体も鷲掴み!

日本では性的なこと=恥ずかしいというイメージがありますよね。しかも女性は清楚であるべきという文化があるので、女の子から誘うのは抵抗がある人も多いでしょう。 しかしほとんどの男性はエロい女性が大好きだし …

続きを見る

女性向けセックステクニック一覧

優しく男性に愛撫される女性
セックスの練習相手になる男性を見つける方法【女性向け】

セックステクニックの知識をいくら学んだところで、実践をしなければ意味がありません。 新しいテクニックは、お相手の反応を見たり教えられたりして覚えるものです。 上手な男性とのセックスでは女性自身の性感が …

続きを見る

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-女のセックス
-,