女のセックス

経験人数はみんなどのぐらい?好きな彼に聞かれたら隠すべきでない理由

好きな人に振り向いてもらえたり、あるいは告白をされて晴れてお付き合いすることが決まったとき、たいていの女性が悩むのは「彼に経験人数を正直に話すかどうか」だと思います。

“初めて”だと嘘をつくか、少なめに申告するか、はたまた事実をそのまま告げるか、悩ましいところですよね。

そこで今回は、年代別に分けたみんなの経験人数をご紹介。あわせて「隠すべきか正直に言うべきか」についてもじっくりと考えていきたいと思います。

みんなの経験人数はどのくらい?年代別・地域別に平均人数をご紹介!

ドアの後ろに隠れる女性

まずやっぱり気になるのは、他の人たちの経験人数ですよね。自分では多いのか少ないのか、なかなか判断ができないものです。そこで、年代別に経験人数の平均年齢を調べてみました。

年代別の平均経験人数は5〜6人前後が一般的

年代別の平均経験人数(2013年)
年齢層経験人数
20代5.6人
30代6.8人
40代6.1人

いずれの年代もそれほど大きな違いは見られませんでした。5〜6人前後が一般的なようです。

地域別の平均経験人数は?

平均経験人数上位3都道府県(2013年)
順位都道府県平均経験人数
1位高知県12.4人
2位沖縄県10.2人
3位愛知県10.1人

上位の県ほど都心から比較的離れている傾向があるみたいですね。娯楽が都市部と比較して少ない分、このような結果になるのかもしれません。

なお、少ない都道府県は以下の通り。

平均経験人数下位3都道府県(2013年)
順位都道府県平均経験人数
45位滋賀県6.3人
46位茨城県6.2人
47位埼玉県5.3人

関東圏と関西圏が少なめという少々驚きの結果に。上位の地域の半分以下の人数というのも興味深いポイントですね。人口が地方と比べて多いため、カップルが成立しにくいのも原因でしょうか。

なんで女性は経験人数を「隠したほうがいい」って言われるの?

ガムテープで口を閉ざされ秘密のポーズを取る女性

そもそも、なぜ女性は経験人数を隠したほうがいいと考えられているのでしょう。異性カップルの場合、「女性は少なめに、男性は多めに」パートナーに申告するのが一般的とされていますが、その風潮はどこから来ているのか、今一度探ってみたいと思います。

貞淑な女性が求められていたから

「家庭的な女性」像が今よりもっと求められていた一昔前まで、「結婚するまで女性は処女であるべき」という考え方がまだまだ根強く残っていました。まるで明治時代みたいですよね。

女性が自由にセックスを楽しんだり、おおっぴろげに性的な話をするのが「ふしだら」で「だらしない」とされる時代の考えを、まだまだ引きずっている男性は残念ながら少なくないようです。

“初めて”が好きな男性が多いから

いわゆる「処女厨」と呼ばれる男性です。「他の男性が触った体なんて無理!」という考え方をする方なんて、女性を「モノ」扱いしているみたいで気持ち悪くないですか?!

女性に対等なパートナーを求めているのではなく、「自分のもの」として思い通りにできる相手が欲しいという思考が透けて見えます。過去の相手に対する些細なやきもちや嫉妬はむしろ可愛らしくて2人の関係におけるスパイスにもなり得ますが、行き過ぎた貞操観念を持つ男性はちょっと要注意かもしれません。

もはや本能!他の男のDNAを残したくないから

自分だけのDNAを残したいという「男性の本能」とやらにより、経験人数の少ない女性を求める男性も多いです。仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれませんが、今どきそこまで凝り固まった古臭い男性って、ぶっちゃけ魅力ありますかね?

もしあなたの意中の相手がこのような考え方を持っていたら、仮に付き合えたとしてもその後が懸念されます。こちらのタイプの男性も、同じく嫉妬深くて疲れちゃいそう。

経験人数が多かったら引かれちゃう?実際の男性の意見はこちら!

男性の耳元で秘密の会話をする女性

ここまで女性の経験人数の平均や、経験人数を隠したほうがいいとされる風潮の原因を探ってきましたが、いかがでしたでしょうか。腑に落ちてくださった方も少なくないのではないかと思います。

それではここからは、実際のわたしの周囲の男性の意見を、その男性自身のタイプとともにご紹介。あなたの意中の男性の考えや意見と照らし合わせて、よくよく見極めてみてください…!

まともな男性ほど「どっちでもいい!」

わたしの周囲にいる誠実で真面目な男性ほど、女性の経験人数は「気にしない!」と言っています。まったくの未経験でも経験人数が多くても、「そこは付き合う上で重要じゃないから」とドライな考えもみられました。

ものすごい人数のセフレがいるとか、既婚者や彼女持ちに言い寄る略奪好きとか、めちゃくちゃな浮気性とかじゃなければ、経験人数そのものは特に重要視していないようです。

「今のパートナーは俺だから」という自信が、「気にしない」という意見に繋がるみたいですね。

支配的な男性ほど「処女/少なめ!」

男尊女卑的思考を持ち「家事は女性がやるもの」と決めてかかるような旧来の価値観で生きているような男性ほど、「処女/少なめじゃなきゃやだ!」と主張する人が多いです。

こういう男性って総じて「相手を自分だけのものにしたい」という独占欲が強く、支配的で束縛が激しかったりします。傍目で見ていると痛々しいと感じることもしばしば。束縛くんは付き合いはじめこそ「愛されている実感」が湧きやすいけど、後々しんどくなりますよ。この手の男性は自分に自信がないメンヘラか、あるいは自分自身浮気願望があるために「相手も浮気をしかねないんじゃないか」という疑惑を持つトンデモ野郎かのどちらかです。

また、都合の良い相手を求めているので、束縛が激しいわりに自分は平気で風俗に通い詰めるという傾向も観測できました。一言でまとめてしまえば、一番おすすめできないタイプといえましょう。

ニットで顔を隠す女性
エッチに不慣れな処女は面倒臭い?処女であることは隠すべき?

近年、初体験の低年齢化が指摘されていますが、その反面アラサーを迎えても処女のままの女性も増えているんです。 20歳を超えても処女と聞くと清楚で自分を大切にしているというイメージを持たれやすいですが、年 …

続きを見る

奔放な男性ほど「多いほうがいい!」

性欲旺盛で浮気を繰り返す男性ほど、経験豊富な女性を求める傾向があるようです。自分も奔放に生きたいので、同じく奔放な干渉してこない相手を選びたいのでしょう。

そのようなタイプの割り切った男性は、楽と言えば楽です。交際していても多少の火遊びには目を瞑ってくれますし、案外本命は揺らがないタイプなので、「彼氏は欲しいけどセフレとも縁を切りたくない!」という性に開放的な女性にはうってつけかもしれません(もちろん経験人数が多いからといって開放的とは限りませんが)。

多様性が叫ばれる昨今の世の中では、付き合い方だって自由でいいはず。新しい交際のあり方を求める女性には、ぴったりの男性といえます。ただし、「私だけを見ていて欲しい!」という一般的な考えの女性には、ちょっと辛い相手になる可能性も。

自由の花パンジー
女がエッチしたいエッチが好きと思うことは悪い事なの??

女性がエッチをするという事、その行為自体は人間の女性という存在である以上ごく自然のこと。 なのに、なぜ「婚前交渉は悪いことだ」「はしたない」「女性はセックスについて話すべきじゃない」という一方的な押し …

続きを見る

結婚するまで処女なんて時代錯誤すぎ!経験人数は隠さなくて大丈夫

仮面を手に持ち顔につける女性

女性の経験人数の平均や、少ないほうがよしとされる風潮や、それに対する実際の男性の意見などをここまで考察してまいりました。いかがでしたでしょうか。

女性の性行為の経験値に対する男性の考え方は、実は交際前にチェックしておくべき重要なポイントですよ。それはそのまま「その人が女性をどのように捉えているか」に直結するからです。

経験人数が多いと引いたり、「処女/少なめじゃなきゃ!」と妙なこだわりを持っていたり、逆に「未経験は重い」と考えていたり、性的経験値で女性を推し量るような男性なんてはっきり言わせて貰えばただの「地雷」です。あなたは地雷を踏みたいのですか?そうじゃないですよね。過去の経験人数をいちいち取り上げて気にするようなみみっちい男性なんかじゃなく、素敵な男性と巡り合いたいと願っているはず。

経験人数が多かろうが少なかろうが未経験だろうが、あなたの本質とはなんら関係ないことです。それは単に今までの出会いや環境による結果に過ぎず、それ以上でもそれ以下でもないのですから。

ぜひ交際を考えている男性には、そのまま正直に打ち明けましょう。あなたが好きになった人なら、絶対にそんなことで引いたりなんかしません。万が一引くような男性なら、それは単なる地雷なので「踏まなくてよかった」と思っておきましょう。大丈夫です。自分に自信を持って、正直に隠さず彼に話してください。きっと素敵な恋がその先に待っています。

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-女のセックス
-,

© 2021 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5