セックスしたい

嫁がセックスしてくれないのはなぜ?妻とセックスする方法6選

夫婦において、セックスはすごく大事なコミュニケーションの一つですよね。それなのに何らかの理由でレスになり、「妻がセックスしてくれない…」と悩んでいる男性も。

そんな男性に向けて、今回は妻がセックスをしてくれない理由やレス解消の方法を詳しくご紹介します。妻の気持ちを理解し、楽しい性生活を取り戻しましょう。

夫婦の半数以上がセックスレス!?

付き合っている時や新婚当初はラブラブでセックスも楽しんでいたのに、いつの間にか1か月…3か月…1年…とレスになってしまう夫婦もすごく多いんです。ある調査では、なんと約半数の夫婦がセックスレスに悩んでいるというデータもあるほど。

お互いにセックスをしたくないのであれば良いですが、自分はしたいのに相手に拒否されている状態は辛いですよね。セックスは性欲を満たすためだけでなく、円満な夫婦関係をキープするための大切な行為。だからこそ早めに解決することが重要です。

妻がセックスしてくれない!考えられる5つの理由

セックスを拒否されるだけでなく、嫌がられる理由さえ分からずに悩んでいる男性も多いはず。まず初めに、妻がセックスをしてくれない理由から見ていきましょう。

理由1.疲れていて性欲がないから

疲れていると、人間って性欲がなくなってしまうもの。毎日の家事や育児に追われ、疲れすぎてセックスどころじゃない状態になっている女性はかなり多いんです。

専業主婦は余裕じゃんと思う男性もいるかもしれませんが、子どもの面倒を見ながら家事をしてもスムーズに終わらないことがほとんど。働く女性であっても専業主婦であっても、子どもが小さいうちは充分に寝る時間さえないんですよね。

しかも夫のサポートがない場合は、さらに妻一人への負担が大きくなってしまいます。「セックスより休みたい…」そんな思いから、レス気味になってしまうのは仕方のないことかもしれません。

理由2.ホルモンバランスが崩れているから

出産直後は女性ホルモンが一気に減少するため、ほとんどの女性が身体的にも精神的にも何らかの不調を抱えています。そのせいで性欲もなくなり、セックスレスになってしまう夫婦も多いんです。

またホルモンバランスは日々のストレスでも崩れやすいので、出産直後じゃなくても育児や仕事の疲れから調子が悪くなってしまう女性も。

「子どもを産んでから妻が冷たくなった…」「いつもイライラしていて怖い…」と感じている男性もいますよね。これは決して夫のことを嫌いになったわけじゃなく、女性の体の作りによるものだと知っておきましょう。

理由3.夫を男性として見れなくなったから

妻を女性として見れなくなる夫がいるように、残念ながら夫を男性として見れなくなってしまう人も多くいます。

結婚してから時間が経ったことで恋愛愛情が無くなる場合もありますし、「家事・育児を全くやらない」「妻の気持ちに寄り添わない」といった日頃の行動や言動が原因で愛情が冷めてしまうことも。

さらに、おしゃれに気を使わなくなったり太ってしまったりなど、夫の見た目の変化が原因で男として見れなくなってしまうパターンもよくあります

理由4.セックスが好きじゃないから

夫に対してどうこうではなく、そもそもセックス自体が好きじゃなくて拒否している女性もいます。意外にセックスを好きじゃない女性って多く、付き合いたてや結婚当初は無理してセックスに応じていただけというパターンも多いんです。

またセックス自体は元々好きだったけれど、夫のセックスが適当になってきたことを感じて嫌になる女性も。ただ濡らすために少し愛撫するだけ、ただ挿入して自分がイクだけ、そんな適当なセックスに思い当たる節がある方は要注意です。

理由5.実は不倫相手がいるから

一番最悪なパターンなのが、妻に不倫相手がいること。外で性欲を発散していれば、家でセックスする必要はありませんよね。特に不倫相手に対して恋愛感情がある場合は、夫とのセックスに抵抗を感じることもあるでしょう。

かなり稀なケースだと思いますが、少しでも気になることがあるなら探りを入れてみるのもアリ。ただし疑っていることが相手に伝わると、白でも黒でも関係にヒビが入ってしまうのは避けられないので注意が必要です。

妻とセックスするにはどうしたらいい?レス解消法6選

妻がセックスをしてくれない理由を見てきましたが、レスを解消するには具体的にどうすれば良いのか気になりますよね。続いては、妻とセックスするおすすめの方法を解説していきます。

方法1.セックスレスが辛いことを伝える

いくら夫婦といっても話しづらいとは思いますが、まずはセックスレスが辛いということを素直に伝えることが何より大切。意外と妻側は「ただ忙しくて余裕がなかっただけ」「レスになってることさえ気付かなかった」と思っているパターンも多いんです。

もし明確な理由があってセックスを拒否している場合は、二人で問題を解決する良いきっかけになるはず。セックスレスを解消するにはどうしたら良いか、具体的に話ができればベストですね。

話をする際には、相手を責めるような強い口調はNG。また重たい空気にならないよう心掛け、お互いに正直な気持ちを話しやすい雰囲気にすることもポイントです。

方法2.普段からこまめな愛情表現をする

いきなりセックスを迫るのではなく、まずは小さな愛情表現から始めるのもおすすめです。例えば出かける時は手を繋いだり、今まで以上にハグやキスをしたりするのもGOOD「愛してる」「いつもありがとう」など、言葉で愛情を伝えるのも良いでしょう。

こうしたスキンシップを積極的に取ることで、女性は愛されている実感が沸き、夫への性欲も戻ってきやすくなります。特に普段あまり愛情表現をしていない男性なら、効果は絶大ですよ。

ぜひ付き合いたての頃のようなラブラブなスキンシップを思い出し、チャレンジしてみてくださいね。

方法3.妻にかかる育児や家事の負担を減らす

妻が育児や家事で疲れているようなら、出来る限り負担を減らしてあげましょう。料理、掃除、買い物、子どもの面倒…、こういった負担が少しでも軽くなれば、体力が回復してセックスにも応じてくれるかもしれません。

自分が手伝えるようであれば積極的に家事や育児を分担し、どうしても仕事が忙しいのなら家事代行サービスなどを活用するのもGOOD。協力する姿勢や気持ちを男性が見せることで、レスを解消できるだけでなく夫婦の絆もギュッと強くなるはずです。

方法4.髪型や体型に気を使う

結婚をするとパートナーができた安心感からか、見た目が大きく変わってしまう人って多いですよね。「新婚当初より〇〇kg太った」「休日は髪もヒゲもボサボサ」自分自身もそんな状態になっていませんか?もし当てはまっているなら、外見磨きを頑張りましょう。

体型が気になるならダイエットを頑張ってみたり、家にいる時も清潔感に気を付けてみたりなど、できることから少しずつ始めてみてくださいね。

見た目が格好良くなれば性欲も沸きやすくなりますし、何より自分のために頑張ってくれてるという事実が女性にはとても嬉しいはずです。

方法5.夫婦二人の時間を作る

お子さんがいるご家庭の場合、夫婦二人きりの時間ってなかなか取れないもの。もし祖父母などにお子さんを預けられるようなら、たまには二人きりでデートを楽しむのも一つの手ですよ。

「子どもを預けてデートなんかしてて良いのかな…」と不安な方も多いと思いますが、夫婦水入らずの時間ってすごく大切なんです。恋人時代のようなドキドキ感を味わえてレス解消のきっかけになりますし、より夫婦の絆が深まり家庭円満に。

実際に筆者の周りにも、二人でデートをした帰りにセックスまで楽しんだ…という経験のある夫婦が結構います。特に最近デートをしていない方は、一度試してみる価値ありです。

方法6.セックスのテクニックを磨く

ここまでご紹介してきた方法を試して実際にセックスできたとしても、内容によってはレスに逆戻りになることも。気持ちよくないだけならまだしも、セックスが雑だったり痛かったりしたら「やっぱり夫とはしたくない!」と思われてしまいます。

そんな事態を防ぐために、セックスのテクニックを磨いておくことも大事なポイント。女性を本当に喜ばせる前戯をはじめ、気持ちをさらに盛り上げるムード作りなどを学んでみてくださいね。

妻の気持ちを理解し、夫婦でまたセックスを楽しもう

セックスは大切なコミュニケーションの一つだからこそ、妻に拒否されると悲しくなってしまいますよね。女性がセックスを拒否する理由には、夫婦関係の変化や子どもの誕生など様々なものがあります。

まずは妻がセックスしてくれない理由を知ることが、レスを解消する第一歩。なんとなく理由に察しが付いたら、今回ご紹介したレス解消法を少しずつ実行してみましょう。

以前のような、楽しい性生活を取り戻せるよう頑張ってくださいね!

注目記事

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
女性ライター陣

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-セックスしたい
-,

© 2021 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5