【セックスレス】恋人や夫・妻とセックスしたい時にやってみると良い事

パートナーとの間で性交渉が無いこと、セックスレス。

セックスには仲が深まったり、穏やかで持続しやすい関係を築くことに効果があります。

そんなセックスが無いという事は2人にとって良い事ではありません。

どうすれば良いのでしょうか?

セックスレスになるのはなぜだろう?

セックスレスにはこの3つがあります。

  • 男性が誘い女性が断る場合
  • 女性が誘い男性が断る場合
  • どちらも誘わない場合

「どちらも誘わない」という状態は何も問題が無いので本稿では取り上げません。

どちらが断るにしても、セックスレスとは「2人の関係」への否定的な態度として現れるのです。

パートナーがセックスを断る理由

なぜ、あなたの「セックスをしたい」という気持ちを叶えてもらえないのでしょうか?

  • セックスが嫌いだから
  • パートナーに対する嫌悪感、男性・女性として見れない
  • 甘え・わがまま、依存

セックスが嫌いな男女は意外と多い

実は私も男性ですがセックスという行為自体があまり好きではありません。

  • めんどくさい
  • 疲れる
  • オナニーで満足できる

確かに、こんな理由でセックスが嫌いだと感じるのです。

  • 相手に受け入れてもらえる喜び
  • 相手に尽くせる喜び
  • 相手と親密になれる喜び
  • 相手に愛着が湧く
  • 相手から愛情を感じる

でも、セックスには良さ=メリットも感じているのです。

このメリットが無くなる事こそがセックスレスの原因なんです。

パートナーに対する嫌悪感、男性・女性として見れない

セックスのメリットとは、「パートナーに好かれたい」という気持ちを満たす事です。

 

男女関係が成り立つためには「好き」という感情と、「好かれたい」という感情がなければなりません。

好かれたいと思わなければ「パートナーの望む事をしてあげよう」という気持ちも湧いてこないのです。

「好き」という感情は「好かれたい」という感情と常に表裏一体です。

好意とは実はとても利己的なものなんです。

甘え・わがまま、依存

「パートナーに好かれたい」と思わない理由とはなんでしょうか?

なぜ、嫌悪感を抱いたり、男性・女性として見れなくなってしまったのでしょうか。

 

「好かれたいとは思っている」

「好かれていると確信している」

「相手の望む事をあえて断り、愛情を確認している」

 

優しすぎるパートナー、一方的に与えられすぎているパートナーの場合に起こるのがこの状況です。

セックスレスになる理由とはアンバランスな関係だ

まとめると、「甘え・わがまま・依存」により「相手に好かれなければならない」という感情が薄れ「セックスをする事によるメリット」が無くなるため、セックスレスに至るのです。

「甘え・わがまま・依存」を許すようなアンバランスな関係さえ見直して、バランスの良い健全な関係を築きなおせばセックスレスは解消するでしょう。

セックスレスを解消するためにやってみると良い事

男も女も、相手が何をしても怒らない、何をしても大丈夫だと思うとそれはエスカレートしていきます。

どちらかが極端に我慢をしている、どちらかが極端に尽くしているというのは健全な男女関係ではありません。

一度立ち戻って自分にメリットが無い事はしないという態度を取ろう

相手のために、先回りをして困りそうな事をすべてやってあげる必要はありません。

相手に聞いて、相手からお願いされたからこそやるべきでしょう。

さらに言えば、相手からお願いされたとしても自分がやりたくないと思えば断っても構わないでしょう。

 

まるで、セックスレスに対して真逆の解決策に見えるかもしれません。

しかし、相手があなたに対して「セックスするメリット」を感じてくれればそれでOKなんです。

 

「セックスをしてでも好かれたい」そう思わせる事がまず先決。

一度セックスレスを解消してしまえば、性交渉そのものが持つ効果で2人の関係はより強固に安定したものになるでしょう。

「雨降って地固まる」とはまさにこのことです。

あなたもお相手も、お互いがお互いを必要とする関係へ

あなただけがお相手を必要としているのではありません。

お相手もあなたを必要とすべきなのです。

恋愛や結婚とはそうして成り立つものであり、そうでなければ成り立たないものです。

 

セックスレスは断る側に問題があると思われがちですが、一度自分の自信なさ、相手への態度、接し方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

「セックスレスとは遺伝子が鳴らす2人の関係への警告である」

 

私にはそんな気がしてなりません。