セフレ

セフレにはお金がかかる?女性の本音と、お金をかけないでタダマンする方法解説

私の友人が「セフレにお金って払った方が良いのかなあ」と言ってきました。彼は最近セフレにふられ、その理由が「他のセフレはお金をくれるから」だそうです。

結論から言えばセフレに対してエッチの報酬を払う必要はありません。ですがデート代くらいは出した方が良いと思います。

今回はセフレとのエッチにかかるお金の内訳と、セフレからお金が欲しいかどうか、女性の本音をまとめました。

さらにお金がなくてもセフレを繋ぎ止める方法も解説しています。

セフレを持つにはお金がかかるのか?セフレとのエッチにかかるお金の内訳

セフレを持つに当たりかかるお金を計算してみました。

パパ活とは違うのでエッチの都度お金を払う必要はありませんが、以下の食事代とホテル代は男性が負担するのが普通です。

これも出せないとなると「なんで私が奢るんだよ」と思われてしまい、切られる可能性が高いでしょう。

「お金は一円も払いたくないけどタダマンしたい」

そんな男は家で一人でシコってろ!というのが女性の本音です。

男性はセフレにこれを奢るべき!

  • 食事代:5,000円〜1万円
  • ホテル代:およそ5,000円
  • コンドーム代:およそ1,000円
  • 緊急時のアフターピル代:およそ1万円〜2万円
  • 万が一の時の中絶費用:およそ10万円〜20万円

食事代

まずセフレと会うときは食事からのホテルの場合が多いと思います。

食事代は当然男性負担が良いでしょう。女性の方も「ヤラせてやってる」という意識がありますから、食事代くらいは奢るのが筋です。

安い居酒屋で2人で5〜6,000円程度、高くても1万円ちょっとくらいでしょう。

ホテル代

次にホテル代ですね。

ホテル代をケチる男とはマジでエッチしたくないです。

「割り勘」もNGなので、ホテル代は出しましょう。休憩を利用すれば、5,000円くらいで済みます。

コンドーム代

避妊具ももちろん男性が買いましょう。

大体500〜1,000円程度でさほど高くないので必ず買うこと。

男性が装着するものなので、女性に買わせるのは意味が分かりません。

ちなみにホテルにあるものはタダで使えると思っている人がいますが、穴が空いていたり、劣化していたりするので買った方が良いですよ。万が一妊娠でもしたらもっとお金がかかりますからね。

緊急時のアフターピル代

一時の欲望に負けて生中出ししてしまった場合は、アフターピル代も払うのがマナーです。

安くて1万円くらい、病院によっては2万円程度。

たまに「女性も合意したのだから」とせめて割り勘にしたがる男性がいますが、これを言われた時点で女性はものすごく萎えますので気をつけてくださいね。

万が一の時の中絶費用

そして万が一女性が妊娠した場合は中絶費用も払うべきだと思います。

女性が中出しをせがんだ場合は折半でも良いかもしれませんが、女性の体に多大な負担をかけるので払った方が良いでしょう。

中絶費用を払わずに逃げる男性は人間のクズですし、周りに言いふらされて友達がいなくなる可能性もあるので気をつけてくださいね。

中絶費用は初期なら10万円程度、中期なら30万円以内です。

女性の本音激白!そりゃお金くれるセフレの方が良い?

さて、女性はセフレからお金をもらいたいと思っているのか?

私の意見ではお金が欲しいという女性は少ないと思います。

最低限デート代だけ出してくれれば、お金を渡されるのは逆に嫌な気分になると思いますよ。それでは女性の本音を読んでいきましょう。

お金をもらったら援助交際みたいで嫌だ

私や周りの友達は、セフレにお金を恵んでもらいたくない派です。

以前私のセフレがエッチ後に1万円を渡してきたときはめちゃくちゃ屈辱的でした。

「私って1万円の女?」と思うと同時に、売春婦扱いされているみたいでむかついたんですよね。こっちも同意の上でセフレになってるわけで、別に体を売ってるわけじゃありません。

私の周囲も同じ考えの人が多く、セフレからお金はもらいたくないという人が多いです。

金額による

私の友人は「5万円以下なら要らない」と言っていました。

5万円以下を渡されて屈辱的な気持ちを味わうくらいなら、お金はいらないという考え方ですね。確かに10万円くらいくれたら心が動きますが、5万円以下なら別に必要ないかもしれません。

あなたがお金持ちで、1回5万円以上渡せるならセフレも喜ぶかもしれませんが、1万2万の端金を渡すくらいなら渡さない方がマシでしょう。

相手が好きな男の場合は別

セフレに本気で恋をしている女性は、絶対にお金はほしくないという人が多いです。

彼女たちはセフレと一緒にいる間だけは、恋人気分を味わっています。お金を出されることでその気分が冷めてしまい、現実に引き戻されてしまうからです。

彼女があなたに恋心を抱いている場合は、お金を払う必要はないでしょう。

パパ活してセフレとお金を同時にゲットした方が良い

私がパパ活していた時代の友達は「セフレなんか要らないです!パパとエッチすればお金もらえるんで」と言っていました。

彼女はセフレも居ましたが、パパを最優先していましたね。

理由はズバリパパはお金になるからです。

セフレは暇な時や寂しい時のお相手であり、お金を払うパパよりは価値がないと考えている女性もいます。

結論:デート代を気前よく払えればOK

ここまで女性の本音をまとめると、デート代さえケチらなければお金をくれなくても良いということでした。

というよりセフレからお金をもらうこと自体が「馬鹿にされている」「セフレどころか売春じゃん」と感じている女性が多いです。

10万円以上払えないなら、お金なんて出さないほうがマシ。ただし、ホテル代やデート代などはしっかり支払うことを徹底しましょう。

それができないならセフレが欲しいなんて寝ぼけた夢は捨てることをお勧めします。

お金がない男性にささげるセフレの繋ぎ止め方

お金はないけどセフレが欲しい

最小限の出費でセフレを繋ぎ止めたい…

そんな方のために、セフレの気持ちを繋ぐ方法を紹介します。

安くて良いので食事を奢る

セフレとデートするときは、安いお店でも構わないので食事を奢ってあげましょう。

女性はどうしても「エッチさせてあげてる」という気持ちがあります。だって付き合ってもない男とエッチすることは、私たちにとってリスクだから。

妊娠するかも知れないし、好きになっても彼女に昇格できるか分からない…だったらせめて飯を奢ってくれよというのが本音です。

安い居酒屋で構わないので、食事だけは奢ってください。毎回安い店だとムードがないので、誕生日やクリスマス近くなどのイベントの時だけはちょっと良いお店に行くとベターですね。

聞き上手になって悩みや愚痴を聞いてあげる

女性があなたと一緒にいるメリットを増やすために、聞き上手になってください。

特に男性はついつい武勇伝や自慢話が多くなりがちですが、それを聞いている私たちは心の中で能面のような顔をしています。表面上笑っていても、「こいつ自慢ばっかりして、普段よほど誰にも誉められないんだな」と思っているんですよね。

何度も男性に対してそんなことを思っていると、段々あなたに会うこと自体が嫌になります。

そこでセフレといるときは自慢や武勇伝はやめて、相手の話を聞くに徹しましょう。セフレ女性が愚痴を言っても解決策を提示しないで「わかる」と共感するだけで良いです。

ここでアドバイスを始めると女性をイラつかせます。

男性の「解決してあげよう」という思考回路は女性にとっては大きなお世話であり、いわば男性のオナニーです。今からエッチするのに自慰行為をぶっ込まないでください。

あなたが聞き上手なら、女性側も心を開きやすくなりあなたに会うことにメリットを感じるので、セフレ関係が長く続きやすいです。

色をかけて好きにさせる

どうしてもお金を払いたくない人は、相手を自分に惚れさせましょう。
メンヘラ・依存体質・ダメ男好きの女性は、相手に尽くす傾向があります。
そのため、あなたがお金を出さなくても自主的にご飯代やホテル代を払ってくれる可能性も。

とにかくまめに連絡して優しくして、相手を勘違いさせるのがコツです。
ただし、相手を勘違いさせることになるため修羅場になったり、女性が本気の関係を求めてくる可能性も。
メンヘラ・依存体質の女性は、関係の精算がしづらい場合もあるので諸刃の剣であると心得ましょう。

誕生日やクリスマスのプレゼントだけはあげる

普段お金を渡す必要はありませんが、イベントの時だけプレゼントを用意するのは効果的です。

私の友人のヤリチンが使っているテクニックで、彼はこの手法で3人のセックスフレンドと2年以上付き合っているんです!(ちなみに食事代などは相手に出させています)

セフレとはいえ男女の関係があれば、多少お互いに情が湧きます。
そんな男性からプレゼントがもらえたら、やっぱり嬉しいですよ。
相手の誕生日やクリスマスだけ、ちょっとしたプレゼントをあげると相手がキュンとしてくれますし、今後もセフレ関係が長く続く可能性があります。

deai beginner offline sex
タダマン女を募集してセックスできるサイトはどこにある?

タダマン女。 男性みんなの肉便器溜まった欲望を解消してくれる癒しの存在。 そんなタダマン女を募集してセックスできるサイトは本当にあるのでしょうか?

続きを見る

まとめ

セフレとの1回のデートの予算は、2〜3万円程度で安くはありませんが、風俗に行けばさらにお金がかかるのでそう考えると安いでしょう。

またセフレにお金を求めている女性はさほどいないので、エッチの後にお金を払う必要もなし。

ただし相手がパパ活女子の場合は、お金のあるパパ優先になってしまうかも知れませんね。エッチの報酬を払う必要はありませんが、最低限デート代は払うべき。

お金がないなら、話を聞いてあげたりイベントの時だけプレゼントをあげるなど、気遣いの面でセフレをケアすべきでしょう。

注目情報

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-セフレ
-,

© 2022 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5