Honey Pistilクンニバイブ徹底レビュー!使い所は限られるもののハマれば最高の一品

ラブグッズ

Honey Pistilクンニバイブ徹底レビュー!使い所は限られるもののハマれば最高の一品

鷹(武蔵五郎)

鷹(武蔵五郎)

モテも非モテも経験してきた30代男。 「セクシャリティがもたらす幸せを最大化する」事がモットー。 セックスコンサルタントとして男女関係やエロ、セックスを探求し続けています。

クンニが好きな女性って多いですよね。

もうほぼ全員好きなんじゃないかな?と思ったり。

そんな女性たちの願いを叶えるかもしれない「クンニバイブ」。

今回は国内通販サイトのTenshiLoverで定番商品となっているクンニバイブの「Honey Pistil」を徹底的にレビューしていきます。

Honey Pistilクンニバイブとは

Honey Pistilクンニバイブ

Honey Pistilは、国内ラブグッズ通販サイトTenshiLover(テンシラバー)で販売されている吸引バイブです。

クリ吸引バイブは吸ったり吐いたりという動作のみで刺激を与えるのに対して、本製品は舌舐めがメインの刺激

自動的に吸いついたり離したりしながら舐めてくれるからもっと気持ちいいんです。

どちらかといえば、クリ吸引バイブよりも乳首ローターに近い感覚ですが、舐め方が回転ではなく縦方向になっているのが特徴。

先端が適度に柔らかくなっている舌のおかげで、下から舐めあげられる感覚を楽しめちゃいます。

\柔らかな舌でクンニを楽しめる吸引バイブ!/

4,780円!

TenshiLover「Honey Pistilクンニバイブ」商品詳細はこちら

バレない安心梱包&1年保証!
※価格は2024年5月18日確認

良かった点・悪かった点

私が実際に使ってみた上で感じた良かった点と、悪かった点を体験談を交えてご紹介します。

良かった点

GOOD

  • 高級感のある見た目と手触り
  • より敏感になって気持ち良い吸引機能
  • 適度な合間が空いてゆっくり気持ちよくなれる絶妙な舌の動き
  • 高い静音性
  • 充電しやすいマグネット式USB Type-Aケーブル付属
  • IPX7完全防水、丸洗いOK
  • ハイパワーポンプ搭載なのに抑えられた価格
  • 通販サイトによる1年間の故障保証付き

本体はバッチリ高級感があり、見た目だけでなく手触りもGOOD。

プラスチック感のある材料を使ってはいますが、作りが良く繊細さを感じられて好印象です。

ちゃんとフチには本体と同様の肌触りの良いシリコン素材でパッキンが施されており、不快にさせない工夫が施されています。

Honey Pistilクンニバイブの吸気口

吸引は奥にある2つの穴から吸って、背面の5Vと書かれたところにある穴や、底面の2つの穴から空気が吐出される事で実現。

Honey Pistilクンニバイブの背面
Honey Pistilの裏側
Honey Pistilクンニバイブの空気吐出口
Honey Pistilの底面(2つの空気吐出口)

吸引ボタン(上側のボタン)を長押しすると、押した間だけ空気を吸引。ボタンを離すとそのまま吸い付いた状態で固定されます。

外したいときは短くポチッと吸引ボタンを押せばOK。

この機能が優秀で、自分で自由自在に吸引力を調節可能なんです。

胸に吸い付かせた状態だと乳首が引っ張り出される様になり、舌舐めがピンポイントにヒット。

乳首には強めに当たるのでローションは必須ですがダイレクトな舌舐め刺激がとても気持ち良い様でした。

悪かった点

BAD

  • リズム吸引モードは弱でも強すぎて使いづらい
  • 吸引機能がクリには使えない
  • ローション等が吐出口から吐き出されてしまうことがある
  • 英語のみの取扱説明書
Honey Pistilクンニバイブを電源ONにした様子

吸引ボタンを長押しして使う場合は、自由に吸引パワーを弱くしたり強くしたりできるので使い勝手バツグン。

一方で、吸引リズム・モード(吸引ボタン短押しで使える)は弱でもかなり吸引パワーが強めなので、人によっては痛いと感じるかもしれません。

実際、パートナーいわく

えっ、すごい、えっ大丈夫これ?

と、初めて吸わせた時はちょっとビックリしてしまっていました。

背面の吐出口を塞げば吸引力は弱まりますが、残念ながら取扱説明書に吐出口を塞ぐのはNGと書かれていました。

敏感な方は吸引リズム・モードの使用は避け、長押しで吸引力を自分で選ぶ方が良いと感じました。

吸い付かせるだけで十分気持ちよさに貢献してくれる機能なので、個人的にはリズム・モードは不要だと感じました。

ちょっと恥ずかしい笑

胸に吸い付かせて、動かしたままハンズフリーにすることも可能ですが、ちょっとした羞恥プレイになるのは良いのか悪いのか・・・笑。

すくなくとも私のパートナーは楽しんでいた様でした。

胸に使う分には優れた吸引パワーですが、クリに使う場合はまず吸引できないと思った方が良いです。

強めに押し付けないと密閉が保てないため、クリは舌舐めのみで使うことに。

女性が自分で使う分には普段得られない刺激で楽しめますが、カップルが使う場合は、

これ・・・自分で舐めた方が良くね?

となるかもしれません。

もっとも、クンニが苦手で、パートナーがクンニ好きというパターンでは使い所があります

舐めなくても満足してもらえる・・・ありがてぇ

私もクンニはちょっと苦手意識があるので、ムード作りと乳首責めを自分でやりつつ、クリ責めをHoney Pistilにお任せするのが良い感じでした。

また、使用時はローションが必須ですが、吸引口に入ってしまうと裏面の吐出口からそのままローションが出てきてしまいました。

思わぬころからローションが出てくるのでビックリ。

ローションは少量、直接付けるのがオススメです。

洗うときは丸洗いに加えて、吸引口にも水を吸わせてすすいであげると良いでしょう。

取扱説明書が英語となっていますが、使い方はここで解説しておきます。

Honey Pistilの操作

  1. 上のボタン:「吸引ボタン」
  2. 下のボタン:「電源/舌舐めボタン」
  3. 電源ON:「電源/舌舐めボタン」を3秒長押し、2つのボタンのLED点灯でON状態
  4. 電源OFF:「電源/舌舐めボタン」を3秒長押し、2つのボタンのLED消灯でOFF状態
  5. 吸引リズム機能:電源ON状態で「吸引ボタン」を短押しする度に【弱→中→強→OFF】
  6. 吸引力調整機能:電源ON状態で「吸引ボタン」を長押し、離すとポンプ停止で固定、その後短押しで開放
  7. 舌舐め:電源ON状態で「電源/舌舐めボタン」を短押しする度に【弱→中→強→リズム1→リズム2・・・→リズム6→OFF】

以上が操作説明です。

やや吸引力調整機能があるおかげでやや複雑な操作方法となっているので、機械に苦手意識がある方は使いこなせるかチェックしておくと良いでしょう。

プレイ中はわりと焦るから事前に慣れておくのがオススメです

Honey Pistilクンニバイブはこんな人にオススメ!

乳首責めが好きで乳首ローターを持っているけど

もっと違う刺激も楽しみたい

強めに乳首を責められたい、ローターとは違った感覚がほしいという女性にはピッタリのアイテムです。

逆に、クンニ目的だと合わない可能性も。

確かにクンニっぽさはありますが、やっぱり唇や吸われる感覚等、クンニリアリティはまだまだ足りないというのが私のパートナーの感想でした。

クンニ好きなパートナーがもっとよろこぶプレイをしたい

カップルが使う場合に一番有効なのがこのパターン。

クンニは苦手だけどもっとパートナーを楽しませたいという男性が使うのが一番良い使い方だと思います。

\柔らかな舌でクンニを楽しめる吸引バイブ!/

4,780円!

TenshiLover「Honey Pistilクンニバイブ」商品詳細はこちら

バレない安心梱包&1年保証!
※価格は2024年5月18日確認

みんなの口コミ・評価

Honey Pistilの口コミは通販サイトTenshiLoverで見つけることができました。

中でも役立ちそうなものをまとめてご紹介します。

HoneyPistilの口コミ

  1. 吸う方の音がかなり大きいという口コミ
  2. クリだと舌が小さすぎ、乳首の方が気持ち良いという口コミ
  3. 意外と刺激は舌で舐められている感じに近いという口コミ
  4. 回転式じゃない舌が最高に気持ち良かったという口コミ

1.吸う方の音がかなり大きいという口コミ

Honey PistilクンニバイブのTenshiLoverに寄せられた口コミ1

静音性の高さについては間違いありませんが、あくまで電動のおもちゃ基準での話。

やっぱり音が大きい!と感じる方は居る様ですね。

特に吸引のカチッカチッという音や、空気を吸い込む音などは気になる方も少なく無いかもしれません。

それでもプラベートな空間であれば夜間に使っても問題無い程度の音だと私は感じました。

2.クリだと舌が小さすぎ、乳首の方が気持ち良いという口コミ

Honey PistilクンニバイブのTenshiLoverに寄せられた口コミ2

私も実際に使ってみた感じ、クリに当てる際はちょっと強めに押し付ける必要がありました。

意外とバッチリ当たるので、当たらないわけではありませんがここは個人差があるところ。

クリが小さかったり、クリの位置が奥目だったりすると当てづらい可能性があると思います。

一方で、乳首に使う場合は比較的厚めに当たるので、ローションをしっかり付けて楽しむと良いでしょう。

3.意外と刺激は舌で舐められている感じに近いという口コミ

Honey PistilクンニバイブのTenshiLoverに寄せられた口コミ4

舌をちょっと硬くして舐める感じには近いというのが私のパートナーの感想。

ゆっくりした動きで、チロチロというよりもす〜っと舐めあげる様な感覚が近いとのこと。

ちょっと焦らされる様でいて、ハッキリした刺激が好きな方にピッタリだと思います。

4.回転式じゃない舌が最高に気持ち良かったという口コミ

Honey PistilクンニバイブのTenshiLoverに寄せられた口コミ5

Honey Pistilは胸を吸わせて乳首に使うと、根本までしっかり舐めあげてくれる当たり方になります。

吸わせずに軽く当てれば先端をかすめる事もできるので、気分や好きな刺激に合わせ調節もOK。

私もパートナーもこの口コミの方と同じ様に、一人で使うならクリよりも乳首責めに使うのが良いよねという意見で一致しました。

その他の特徴・機能

ここからはその他に気になるHoney Pistilの特徴、機能をざっと見ていきましょう。

1.しっかりした箱と収納バッグ付き

Honey Pistilクンニバイブの箱

本体の高級感は高かったですが、箱は黒ベースに少しエンボス加工の模様が入ったシンプルなもの。

プレゼント用途にはやや向かない気がします。

Honey Pistilクンニバイブを開封

細い紙でできたクッション材が敷き詰められた箱に、バッグに入って格納された本体。

Honey Pistilクンニバイブの付属品

付属品はシンプルで、本体、収納バッグ、充電ケーブル、英語のクイックスタートガイドでした。

収納バッグは外から中身が見えない不透明なもので、サテン地の様な薄手の素材でできています。

ホコリも付きづらくなって清潔感があるため、私は収納バッグに入れてさらに引き出し等に収納する様にしています。

2.非常に高い静音性

静音性をいつもの様にiPhone 8の騒音計測アプリを用いて、マイクから10cm離して計測しました。

モード音量
騒音レベルの目安グラフ
吸引騒音レベルの目安グラフ33db
騒音レベルの目安グラフ33db
騒音レベルの目安グラフ34db
舌舐め弱〜強・リズム1〜6騒音レベルの目安グラフ30db
Honey Pistilの騒音レベル(iPhone8のマイクから10cm離し、アプリで計測した結果)

特に舌舐め機能は超静音と言って良く、計測アプリ上では30db未満の値しか出ませんでした。

実際の音も耳障りの悪い音では無く、ややギア鳴りの様な音がするのみで音質も目立たないでしょう。

一方で、吸引機能はアプリでは捉えきれない細かな突発音(カチッ、カチッ)が鳴っていたため、数値以上に目立つ音と感じました。

それでも、電動タイプのおもちゃとしては十分静かと言って良いでしょう。

電動タイプの大人のおもちゃの動作音比較
製品動作音
 騒音レベルの目安グラフ
Rakuen 吸引バイブピストン騒音レベルの目安グラフ31db
吸引(+本体振動)騒音レベルの目安グラフ42db
Honey Pistilクンニバイブ吸引騒音レベルの目安グラフ34db
舌舐め騒音レベルの目安グラフ30db
Kaya 回転ピストンバイブピストン騒音レベルの目安グラフ33db
振動騒音レベルの目安グラフ42db
OSUGA G-spa吸引騒音レベルの目安グラフ37db
振動騒音レベルの目安グラフ43db
Udesire Sebon吸引騒音レベルの目安グラフ39db
振動騒音レベルの目安グラフ37db
イキっぱ クリ吸引バイブ吸引騒音レベルの目安グラフ40db
振動騒音レベルの目安グラフ39db
Olga 吸引バイブ振動騒音レベルの目安グラフ30db
吸引騒音レベルの目安グラフ43db
タッピング騒音レベルの目安グラフ43db
吸引バイブ QUEEN吸引騒音レベルの目安グラフ39db
振動騒音レベルの目安グラフ43db
SVAKOM みみき吸引騒音レベルの目安グラフ43db
Bestvibe 双頭デンマ振動騒音レベルの目安グラフ45db
ToyCod Tara吸引騒音レベルの目安グラフ40db
振動騒音レベルの目安グラフ54db
クリスィーナ吸引騒音レベルの目安グラフ51db
メクル・クリ・ボーテ吸引騒音レベルの目安グラフ49db
振動騒音レベルの目安グラフ61db

他のおもちゃとの比較でも、Honey Pistilの静音性の高さがよくわかりますね。

もっとも、同居人が居るお家で使う場合は、気密性が確保できるドアを閉めた上でプライバシーが確保され、同居人はテレビを見ている等の状況でなければバレる可能性はあるでしょう。

一人暮らしなら夜間に使っても問題無い騒音レベルだと感じました。

3.重さは234gと持ち運んでも十分軽い

Honey Pistilクンニバイブの重さ

私の様にパートナーに使いたい場合、デート中も持ち運ぶ事になるのが「あるある」。

収納バッグに入れた上で、カバンの奥底にしまっておくわけですが、重いとデートでも肩が痛くなってしまいます。

その点、234gなら持ち運んでもほとんど重さは気にならなくてGOODでした。

4.もちろんUSB Type-A充電器で充電OK

Honey Pistilクンニバイブの充電ケーブル

充電は普段使っているUSB Type-A充電器でOK。

マグネット式の本体側充電ポートにピタッとくっつけるだけで充電でき、充電中はLEDが点滅。消灯したら充電完了の合図です。

Honey Pistilクンニバイブの詳細スペック

基本スペック
吸引口最大直径50.0mm×60.0mm
舌部分までの奥行13mm
挿入部×
防水性能
IPX7完全防水
バッテリー充電時間96分/動作時間30〜48分
動作音吸引:〜34db
舌舐め:〜30db
リモコン×
価格4,780円(定価4,780円)
クーポンなし -円
※価格は 2024年5月18日確認
評価
ターゲット
初心者〜中級者
見た目
★★★★★5
気持ちよさ
★★★★☆4
使い勝手
★★★★★5
価格
★★★★★5
口コミ・評判
★★★★★5
GOODポイント
高級感のある見た目と手触り
より敏感になって気持ち良い吸引機能
適度な合間が空いてゆっくり気持ちよくなれる絶妙な舌の動き
全ての機能で高い静音性
充電しやすいマグネット式USB Type-Aケーブル付属
洗いやすく清潔感を保てるIPX7完全防水
通販サイトによる1年間の故障保証付き
BADポイント
吸引モード(リズム)は弱でも強すぎて使いづらい
吸引機能がクリには使いづらい
やや舌のストロークが長すぎる
英語のみの取扱説明書
総評
乳首〜クリを丁寧に舐めてくれる吸引バイブ

まとめ

吸引といっても吸い付くタイプの吸引機能を搭載する電動バイブというのは、ウーマナイザーの様なクリ吸引バイブに押されて影が薄い存在になっているんですよね。

個人的にその原因の一つが操作性の悪さだったと思っています。

多くの製品が自分で吸引パワーを調節できなくなっており、あまりに吸引パワーが強すぎることが多かったんです。

その点、本製品は自分で自由自在に吸引パワーを調節できる機能が搭載されているのが画期的。

ちょっとだけ吸い付かせて優しめに舌で舐めさせるのも良し。

しっかりと吸い付かせて激しく舐めさせるのも良し。

シンプルなのにちゃんと考えられて気持ちよくなれる。総じてよく出来たおもちゃだと思いました。

特に乳首を責められるのが好きな女性やカップルには超オススメできる製品なのでぜひ一度お試しあれ。

\柔らかな舌でクンニを楽しめる吸引バイブ!/

4,780円!

TenshiLover「Honey Pistilクンニバイブ」商品詳細はこちら

バレない安心梱包&1年保証!
※価格は2024年5月18日確認

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鷹(武蔵五郎)

モテも非モテも経験してきた30代男。 「セクシャリティがもたらす幸せを最大化する」事がモットー。 セックスコンサルタントとして男女関係やエロ、セックスを探求し続けています。

-ラブグッズ
-, , , , ,