【学生時代】高校や大学の時セフレが欲しいと泣いていた俺へ【セックス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

なぜあいつらにはセフレが居て、俺には居ないのか。

学生時代、そんな悩みに苛まれていたのを思い出す。

私は今、当時の自分に教えてやりたい事がある。

高校や大学のとき、セフレが欲しいと思っていた

童貞ではなかったし、彼女も居るには居たが、セフレというものに無縁だった。

遊んでいる男達はイイ女をセフレにし、セックスしまくっていた。

そういうやつらを横目に見つつも、自分は真面目に普通に生きている事を自負していた。

中学生や高校生をセフレにする大学生なんてのも友達に居た。

バイト先や友人と遊んでいると女子高生と知り合う事はあったが、全くもってそういう仲にはなれなかった。

なにか見えないプライドやイデオロギーに縛られている自分がいた。

「セフレを作るような男には負けたくない」

「あーいうやつと俺は違う」

寄ってくる女が居たとしても、絶対に手をつけたりしないどころかまともにコミュニケーションすら取らない有様だった。

ナンパなんて全くする気もなかった。

それでも、自分の中にわだかまりがずっと残っていた。

「セフレが欲しい」

「あいつらに作れるなら、俺でもセフレは作れるはずだ」

セフレが欲しいなら不真面目さという真面目さを

どうしてもセフレが欲しいなら。

  • 正しさではなく楽しさを
  • 真面目さより不真面目さを
  • 確実さより不確実さを
  • 論理より情緒を

正しく真面目で確実な事ばかりするのではなく、楽しく不真面目で不確実な事もするべきだ。

数学的論理だけでなく社会学的情緒も重視しよう。

バランス良く物事に取り組むことで、社会人になった時苦労せずに済む。

モテる男はそうやって生きている。

あいつらは君にできない事をしているからモテるんだ。

不真面目に生きるという真面目さを持つこと、そして人と関わり遊ぶ楽しさに真面目に生きること。

そうしていれば自然と女なんてものはついてくる。

君はあいつらとは違う。

でもあいつらと同じようにする事だってできる。

プライド

意味の無いものは捨てて自分がしたい事に素直に生きればいい。

話かけられた時は相手を楽しませる事

女の子に話しかけられた時、「自分はどう見られているか」ばかり考えていないだろうか?

自分なんてどうでもいい、相手を楽しませるために努力しよう。

面白い事を言わなければならないなんてことはない。

ただ、相手の言うことを聞けば良い。

質問をすること。

それがすべての会話の始まりだ。

仲良くなりたいという意思表示は素直にしよう

良い質問は相手の事を知りたいという気持ちが無いとできない。

同時に、仲良くなりたいという気持ちがないと良い会話はできない。

仲良くなりたい、だから楽しませたい、そして相手の事を知りたい。

モテるとは、そんな人と人の情緒的関わりを上手にモテる事なんだ。

他人を馬鹿にするな、自分を馬鹿にしろ

他人をバカにし、卑屈になって自分は違うからという事ばかり考えてないか?

他人は偉い。他人は凄い。だって君にはできないことがたくさんできるだろう?

自分はクソだ。自分は馬鹿だ。自分は偉くない。

そういう態度で会話をすることが相手を楽しませるコツである。

自分は偉い、自分は凄い。

そんな話を聞きたい女ははっきり言って存在しない。

今の不満が将来の栄光へ

社会人になると高校・大学での真面目な勉学が生き、逆転する。

  • 本当にモテるやつがモテる幼稚園
  • スポーツをできるやつ、足が速いやつがモテる小学生
  • 芸ができるやつがモテる中学生
  • イケメンがモテる高校生
  • 大学名などのブランドでモテる大学生
  • 金でモテる社会人20代〜30代
  • モテと無縁になる40代以降

本当にモテるといえるやつは幼稚園児にモテるヤツだ。

社会的価値観に縛られない、純粋なモテを持っているからだ。

それ以降、いろんな社会的価値観によってモテるやつは変わる。

それが社会人になると、全ては金になる。

頭がいいやつが金を持つ。

今までモテていたやつがモテなくなる。

イケメンが金持ちに負ける。

金を稼ぐスキルを身につけろ。

その悔しさをがむしゃらに金を稼ぐことにぶつけろ。

そして、社会人になってイイ女を抱きまくればいい。

悔しいと思っているなら、誰よりも君はリードしているのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加