セフレ

既婚者なのになぜセフレを作る?男女別の心理・理由解説

「結婚している人がセフレを作るのはなぜ?」

理由は”既婚者だからセフレが都合が良い”からです。

不倫はお互いに恋愛感情がありますから、泥沼になる可能性がありますよね?

セックスフレンドなら、お互いに割り切ってエッチだけ楽しめます。

この記事では、既婚者がセフレを作る理由や心理を男女別に解説。既婚者がセフレを作る方法や、既婚者のセックスフレンドとの関係を楽しむコツを紹介します。

既婚者だからこそセフレを作るんです

結婚している男女がセフレを作る…言っちゃえば不倫ですが、世の中には既婚者セフレもちは珍しくありません。

どうして相手がいるのにあえてセフレを作るのか?既婚者だからこそセフレを作るんです。

既婚者がセフレを作る心理

  1. 配偶者と別れたくないが別の人とエッチしたい
  2. セフレ=面倒のない都合の良い関係
  3. 相手に対しての罪悪感を打ち消せる魔法の言葉

どうして既婚者だからこそセックスフレンドを作ってしまうのか、その心理を解説します。

1.配偶者と別れたくないが別の人とエッチしたい・触れ合いたい

既婚者でセフレを作る人は、基本的に離婚を考えていません。

別れたくない、今の生活を保ったまま他の人とエッチしたい、触れ合ってドキドキしたいからセフレを作ります。

つまり自分に都合が良いとこどりをしようとしている、とも言えますね。

独身なら付き合って別れてを繰り返せば良いので、セフレにこだわる必要がありません。仮に結婚していてセックスだけしたいなら、風俗を使えば良いわけです。

あえてセフレを作るのは、夫婦生活では味わえないときめきを味わい、なおかつ自分の結婚生活を守るためでしょう。

2.セフレ=面倒のない都合の良い関係

セックスフレンドは、不倫ともまた違います。不倫は既婚者と恋愛することですが、セフレは体の関係を持つことだけを意味する言葉です。

デートする必要もなく、互いに恋愛感情がないから泥沼もない、一番既婚者にとって都合が良い関係ですよね。

結婚している男女が一番恐れるのが、面倒ごと。自分の結婚生活に影響を及ぼすトラブルメイカーを避けるため、体だけの関係を求める傾向があります。

3.相手に対しての罪悪感を打ち消せる魔法の言葉

セフレというのは、既婚者にとって非常に都合の良い言葉です。

体だけ、つまり気持ちを相手に持っていないため、配偶者を裏切っているわけではないという言い訳になります。

また、セフレの相手に対しても「お互いに割り切っているのだから、問題ない」と自分の行為を正当化できるでしょう。

セフレはある種魔法の言葉であり、責任から逃れるための名称でもあります。

男性が既婚者なのにセフレを作る理由

ここからは性別ごとに既婚者がセフレを作る理由を説明します。

  1. 男性は基本的に”いろんな人とセックスしたくなる生き物
  2. 不倫は面倒なのでセフレが欲しい
  3. お金がないので風俗に行けない
  4. 風俗はビジネスライクで満たされない
  5. 家族に感じている疎外感をセフレで穴埋めしている

男性と女性ではセフレを作る理由が若干違いますので、詳細を解説します。

1.男性は基本的に”いろんな人とセックスしたくなる生き物

男の人は独身であれ既婚者であれ、複数の異性とセックスしたい生き物です。これは遺伝子をたくさん残したいという本能のため抗いづらいものです。

特に生殖能力が衰える30代後半から40代くらいまでは男性は焦りのようなものを感じ、不倫やセフレに走る傾向にあります。

奥様と別れたいわけではないが、複数の人とセックスしたい、その欲望を叶えるにはセフレが最も面倒がなく都合よく欲望を満たせます。

2.不倫は面倒なのでセフレが欲しい

不倫ではなくセフレを好むのは、相手の女性に対して責任感・罪悪感を感じたくないからです。

不倫関係は恋愛と近いため、相手の女性が「結婚したい」と言い出したり、「彼女の時間を無駄にしているから、面倒見てやらなければ」などの責任感・罪悪感が生まれがち。

また、女性が不倫関係に不満を持って面倒な行動を起こすリスクもあります。

一方セフレは合意の上で体だけの関係を持っているため、無責任でいられます。男性にとっては不倫よりもセフレの方がライトで、楽しめるのです。

3.お金がないので風俗に行けない・不倫できない

既婚男性はお小遣いが月に2〜3万円の人も多く、風俗や不倫ができない人も多いです。

風俗に行けば一回でお小遣いが飛びますし、不倫も食事やホテル代、彼女へのプレゼントなど何かとお金がかかるもの。

お金を節約して、最低限の出費でセックスするにはセフレが一番コスパが良いんですね。

4.風俗はビジネスライクで満たされない

仮にお金があっても不倫は面倒、また風俗はビジネスとして見てしまうため、精神的に満たされない人もいます。

私の会社の同僚は既婚者でセフレを作っていますが、風俗は嫌いだそうです。仕事でやっている感じがして、愛撫して感じている様子を見ても興奮しないんですって。

しかし不倫はリスクが高い、そう考えてセフレを持つこととしたらしいです。セフレは不倫ほど恋愛感はないですが、たまには外で食事したりしてデート気分も味わえる、何より素人女性なのでドキドキ感を味わえるんだとか。

5.家族に感じている疎外感をセフレで穴埋めしている

日本の既婚者男性は、家庭では軽んじられていることも多いです。

嫁からは冷たくされ、子供も慕ってくれない…そんな寂しいパパも多いんですよね。家庭にいると疎外感を感じてしまい、必要とされている感じがしないそうなんです。

その寂しさを埋めたくて、セフレを作っている男性がいます。セフレは呼べば応じてくれるし、セックスだけの関係とはいえ優しくしてくれる…都合の良い存在が、性欲だけでなく心も満たしているのです。

女性が既婚者なのにセフレを作る理由

女性が旦那さんがいるのにセフレを作る理由は5つあります。

  1. セックスレスで寂しい・女性として扱われたい
  2. 旦那の不倫への復讐で
  3. 金や権力に惹かれて旦那と結婚したため旦那としたくない
  4. 家庭生活に飽きて刺激を求めている
  5. 旦那との結婚生活を続けるためにセフレと会っている

女性ならではの心理を読むと、既婚女性を落とす際の参考になるかもしれません。

1.セックスレスで寂しい・女性として扱われたい

旦那とセックスしておらず、寂しさや女性として扱われることを求めてセフレを作っているケースは非常に多いです。

女性は30代から40代くらいが性欲のピークですが、男性は30代から徐々に性欲が下降していきます。また、出産を機に女性として見られなくなり、セックスレスになる夫婦が多いんです。

家庭で常に母親の役割をしていると、だんだん女として扱われない不安が湧いてきて、セフレに走ってしまいます。

2.旦那の不倫への復讐で

夫が不倫したことを知り、復讐心からセフレを作っているリベンジ妻もいます。あなたもしたんだから、私も他の男に抱かれてやるー!状態です。

この手の奥様は経済的な理由で離婚は切り出せないタイプが多く、旦那様を不倫の件で問い詰められないのでストレスが溜まっています。溜まっているストレスをセフレとのセックスではらそうとしているんです。

3.金や権力に惹かれて旦那と結婚したため旦那としたくない

単純に旦那を男として見ていないタイプの女性もいます。金や権力で結婚相手を選ぶタイプの女性は、旦那とセックスはしたくありません。

そのため性欲はイケメンのセフレと満たします。

私の会社のお局がまさにこのタイプで、旦那とは海外旅行に連れて行った時のみ(年1くらい)しかエッチせず、他の男と遊び回っていました。旦那はATM、エッチは他の男とすると割り切っているタイプもいます。

4.家庭生活に飽きて刺激を求めている

単純に家庭生活に飽きてしまい、刺激やスリルを求めている女性もいます。恋愛をしていた時のどきどきを味わいたいので、セフレに走ってしまうんですね。

特に専業主婦の女性に多い理由で、家で家事をして旦那の帰りを待っている生活がつまらなく感じ、セフレを作ることで自分の人生にある意味ドラマを起こそうとしています。

5.旦那との結婚生活を続けるためにセフレと会っている

私の友人は、旦那との結婚生活を続けるためにセフレを作っていると言っていました。

女性は旦那と長くいると、相手のことを男として見ることができなくなり、嫌悪感を感じてくることがあるそうです。

子供がいるので離婚はしたくないが、相手への嫌悪感は消えない。そんな矛盾した気持ちを抱えたときに、たまたまSNSでセフレとであってホテルへ行ってエッチしたそうです。

家に帰ってみると、罪悪感もあって旦那に優しくできるようになったと言っていました。旦那に優しくするためにセカンドのセフレを作り、家庭生活を保っている女性もいます。

既婚者が不倫相手と出会う場所は?

既婚者はどこで体の相手を作っているのでしょうか?セフレとの出会いによく使われているのはこの4つです。

  1. 出会い系
  2. 職場
  3. SNS
  4. 同窓会

最も手軽かつ安全なのは出会い系でしょう。それぞれ既婚者がセックスの相手と出会う場所について解説します。

1.出会い系

既婚者が不倫相手を探す場所No.1は出会い系です。出会い系サイトは独身証明も必要なく、既婚者でもセフレを探しやすいんです。

女性なら無料で利用でき、掲示板に書き込みして待つだけで、エッチしたい男がワラワラ寄ってきます。

また、男性の場合は多少お金がかかりますが、ポイント課金制なのでまともな出会い系よりも安く利用できるのがメリット。

掲示板には大人の出会いと言って不倫系の出会いを求める女性もいるので、割り切りでセフレ関係になれるでしょう。ただし、中にはパパ活目的の女性がいるので相手がお金を要求してきたらすぐに切ってくださいね。

セフレが作れるおすすめ出会い系サイト・アプリランキング2022

2.職場

既婚者がセフレと出会う場所No.2は職場です。職場でのセフレ作りはリスクが非常に高いのですが、男女が同じ場所で頻繁に顔を合わせていれば間違いは起こるでしょう。

同じ会社なので愚痴なども言い合えて、予定も比較的合わせやすいのがメリットです。特に職場は飲み会なども頻繁に開かれますし、「仕事」と言い訳すれば配偶者を騙しやすいですからね。

職場セフレは結構スリルがあり、楽しい関係を築けると思います。ただし職場にバレると、会社を辞めなければならなくなるかもしれませんので、最終手段として使いましょう。

私の友人は銀行員で、職場の後輩をセフレにして数年間楽しんでいました。同じ銀行の中でもセフレ関係にある既婚者が多いと言っていましたよ。

3.SNS

SNSも既婚者のセフレ探しによく使われます。

Twitterは誰でも投稿でき、また匿名で利用できるため意外とセックス相手を探しやすく、既婚者でも簡単にセックスフレンドを探せます。

無料で利用でき、利用者が多いため比較的相手が見つかりやすいのがメリットです。ハッシュタグを活用すれば、今エッチしたがっている人も簡単に見つかります。

主婦の中には裏アカを作って自分の裸を投稿して、フォロワーの中からオフパコ相手を募っている人もいるんですよ。

ただし、SNSは身分証明の提出がないため、相手のプロフが本当かどうか見分けられません。未成年の女性が小遣い目当てにセフレ募集に応募してくることもあり、後から「未成年だった」と言われて強請られることも。

また、あなたが女性の場合は明らかに変な男、顔が悪い男が寄ってくる可能性もあるため、相手と顔写真交換をする、一度エッチなしで会うなどして安全面に気をつけましょう。

4.同窓会

同窓会も既婚者がセフレと出会うきっかけとなりやすいです。昔知っていた人なので安心感がありますし、元カレや元カノと出会えれば、そのまま不倫関係になることも。

私の友人は同窓会で元カレと再会し、お互いに既婚なのにセフレ関係へ。そのうち女性が本気になってしまい、とんでもない修羅場になっていました。

お互いに既婚者なら割り切りも簡単なので、セフレからガッツリ不倫する人も多いです。

既婚者とリスクを抑えてセフレ関係になるには?

既婚者とセフレ関係になりたい、またはすでになっている方へ、今の関係を楽しく続ける方法について解説しますね。

  1. 配偶者にバレないのが最低限のマナー
  2. 将来への期待を捨てる
  3. 避妊を徹底する

あなたが独身の場合、覚悟を持たないと予想外に辛い思いをする可能性があります。既婚者とセフレになるのがどういうことかを知っておきましょう。

1.配偶者にバレないのが最低限のマナー

まず既婚者とセフレになるにあたり、配偶者にバレないような配慮が必要です。平日の夜しか会わない、香りの強い香水をつけないなど、相手が自宅に帰ったときに奥様や旦那様が気づかないように気を遣ってあげましょう。

また連絡も最低限にしたり、連絡先の登録名を取引先社名に偽装するなどしておいてください。

万が一配偶者が気づけばあなたは不貞行為の相手なので、セフレだろうが関係なく慰謝料請求の対象になります。自分の相手を寝取った相手に何かしら復讐したくなるのは当然です。

一時の快楽のために数十万から百万円以上取られるリスクがあることは覚えておくこと。配偶者とセフレになるなら、最低限の礼儀としてバレない工夫をしてくださいね。

2.将来への期待を捨てる

結婚している相手とセックスフレンドになっても、将来的なゴールはありません。

「別れて付き合ってくれるかも」「結婚してもらえるかも」と思っているなら、あなたはセフレ関係に向いていないでしょう。

そもそもセフレは体のお相手ですから、あなたに対しての恋愛感情はありません。変に期待して傷つくなら、そもそも既婚者とセフレにならないようにしてください。

3.避妊を徹底する

既婚者のセフレとのエッチで妊娠した、させたら後が大変です。あなたが男なら堕胎費用を払わないといけませんし、セフレがあなたにガチ恋していたら「産みたい」と言い出すかも。

セフレを妊娠させて家に押しかけられ、奥様にセフレ関係をバラされた友達が実際にいます。

また、あなたが女性の場合はセフレに逃げられて、自分で費用を負担しなければならなくなるかも。経済的にも身体的にも計り知れない大きな負担です。

私の友人が旦那の子だと騙して旦那に育てさせようとしていたのですが、旦那もセフレがいることに気づいていたようで、遺伝子検査されて実の子ではないとわかった途端に捨てられてしまいました。

セフレとの子供を妊娠しても誰も幸せになりませんので、絶対に避妊しましょう。

まとめ

既婚者がセフレを作る理由はさまざまですが、男性は性欲・女性は寂しさを紛らわすためというケースが多いでしょう。

セフレの方が割り切りができて、自分も罪悪感を感じずにエッチしたい願望だけを満たせるため、不倫よりもセフレを選ぶのでしょう。

私は不貞行為はおすすめしませんが、もしセフレを作るなら配偶者にバレないようにするのがマナー。一番安全で割り切りできる相手を選んでセフレを作るようにしてください。

また、あなたが既婚者セフレを作りたい場合は、将来に期待をせずにただエッチを楽しむことに徹しましょう。

セフレの作り方、簡単にセックスだけの相手を作る方法まとめ【完全版】
セフレの作り方と出会い方、簡単にセックスだけの相手を作る方法まとめ【完全版】

続きを見る

注目情報

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-セフレ
-,

© 2022 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5