ラブグッズ

バイブやディルドオナニーのしすぎはゆるくなる?正しいバイブの使い方

「バイブやディルドオナニーのしすぎはゆるくなるの?」

「バイブやディルドを使ったことないけど、どうやって使えばいい?」

初めてバイブやディルドを使う女性、パートナーにバイブなどを使いたい男性はこういった疑問があるのではないでしょうか。

バイブやディルドはエッチをより充実したものにする際に役立つグッズです。間違った使い方をしなければ、アソコがゆるくなったり、ケガをすることもありません。

今回は、バイブやディルドの正しい使い方を解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

アソコがゆるくならないバイブやディルドの選び方

バイブやディルドを使うと、膣がゆるくなることを心配している女性も多いかもしれません。

バイブやディルドで緩くなる原因は3つ

  1. 太すぎるバイブ・ディルドを使う
  2. 斜めに挿入して膣を広げすぎる
  3. 挿入時間が長すぎる

1.太すぎるバイブ・ディルドを使う

女性のアソコは筋肉でできているため、大きさに合わせて伸縮することができます。挿入されたペニスやバイブの形に合わせて、伸縮して形状にフィットするようになります。

パートナーのペニスよりも普段オナニーに使用するバイブやディルドが太すぎると、その形状を覚えてしまって、セックスの際にパートナーがゆるく感じることになります。

2.斜めに挿入して膣を広げすぎる

太くないバイブやディルドでも斜めに挿入して膣を広げてしまうと、それだけ筋肉が緩んでしまいます。太めのバイブ・ディルドを使うときはなるべくまっすぐに挿入してピストンするようにしましょう。

3.挿入時間が長すぎる

長い時間挿入すればするほど、バイブやディルドの形状に合わせて膣が拡張されてしまいます。

特に太すぎるバイブ・ディルドを斜めに長時間挿入してしまうとあっという間に膣は緩くなってしまうことになります。

ゆるんでも3ヶ月経てば元通りに縮んでくれる

日常的に太すぎるバイブやディルドを使い完全に緩くなった膣はおよそ3ヶ月程度で元の大きさに縮むと言われています。

膣はゆるくなってしまったと感じたら、バイブやディルドでのオナニーを3ヶ月程度止めてみると良いでしょう。アソコの形状が戻って、パートナーのペニスとフィットするようになります。

どうしても不安ならバイブ・ディルドとインナーボールを併用してみよう

どうしても緩みが不安・・・

そんな方は膣トレグッズとして人気のあるインナーボールをバイブ・ディルドと併用しましょう。

膣トレをすれば膣の締りが良くなるだけでなく、美容効果が期待できたり尿もれ対策になるなどメリットがたくさん。せっかくだから自分も嬉しくパートナーも嬉しくなれるトレーニングが良いですよね。

インナーボールで膣トレ、膣の締まりを良くする正しい使い方、おすすめインナーボール

続きを見る

太さは3.5cm程度のバイブ・ディルドを使おう

バイブやディルドは様々な大きさ、種類のものがあります。自分自身のセックス経験や体型、アソコの形状などによっても大きく異なります。

初めてバイブやディルドを使う女性は、まずはサイズが小さなものを選ぶといいでしょう。慣れてくるともっと強い刺激が欲しいと太いバイブ・ディルドを求めてしまう気持ちはわかりますが、太すぎると緩んでしまいます。

日本人男性のペニスの周囲長は平均11.5cm(真円とすると直径約3.66cm)とされています。

おおむね直径3.5cmのバイブやディルドを使えば緩くなる事は無いと言えるでしょう。

長さは膣口から10cm程度入るものがベスト

また、長さに関しても様々なものがあります。小さなものは10cm程度で、大きなものになると30cm以上にもなってきます。しかし、あまりに長すぎるものは性器を痛めてしまう原因になります。

挿入時に最も感じるといわれている性感帯であるポルチオの距離は、8~10cmであるため、使用するならば10cm程度のものから試していくことをおすすめします。

初心者おすすめのバイブ・ディルド

オススメのディルド

「ディルドと一言で言ってもたくさんある・・・」
「生々しい見た目でちょっと抵抗が・・・」
「初めて買うから不安」

そんなあなたと同じように悩む女性が購入しているバイブ・ディルドがirohaのプレジャー・アイテム「フィット MINAMOZUKI」です。

かわいい見た目なのに満足できる3つのポイント!

  • 通販で購入OKだから恥ずかしくない!
  • 完全に中身がわからないように梱包・発送
  • 長さ17cm・縦横3.8×2.9cmの初心者向きピッタリサイズ
  • もちもちすべすべの思わず使ってみたくなる手触り!

パッと見は全くそんなアイテムだとは思えないかも。
実物を見た私も「え、どうやって使うの?」と思ってしまいましたが、店員さんに振動付きディルドと効いて納得。
入れて使うプレジャーアイテムを使ったことが無い方でも抵抗の少ない、ちょっとわかりにくいデザインにわざとしているんだとか。
中イキの特訓膣トレグッズとしても活用できるので、ぜひ日常のボディケアに取り入れてみてくださいね。

女性向けのディルドおすすめランキングTOP8

続きを見る

正しいバイブの使い方

バイブやディルドを使用する際には正しい使い方をしないと、トラブルの原因となる場合があります。

ここからは、バイブやディルドの正しい使い方をレクチャーしていきます。

  1. 乾燥厳禁!ローションとコンドームを準備
  2. しっかり濡らしてゆっくりと挿入
  3. 気持ちいいポイントを探して優しく刺激
  4. 使い終わったら清潔に

使い方1.乾燥厳禁!ローションとコンドームを準備

バイブやディルドを使う場合、必ずローションを使用するようにしてください。

多くの女性が挿入できるほど濡れないことが多く、濡れやすい女性ならばバイブなどをそのまま挿入することができますが、ピストンしているうちにバイブやディルドが愛液をかき出して乾燥してしまうこともあります。バイブやディルドが乾燥してしまうと、繊細な膣壁に擦れたときに痛みが出てしまいますし、最悪出血なんてことにもなりかねません。

使用する場合は必ずたっぷりめのローションで濡らしてから、ゆっくり入れるようにしましょう。

また、バイブなどには衛生面からコンドームをかぶせるようにしてください。そうすれば、バイブなどに雑菌が繁殖しなくなり、安心してバイブなどを使用することができます。

使い方2.しっかり濡らしてゆっくりと挿入

バイブの場合は弱い振動からスタート。バイブもディルドもゆっくりと挿入するようにしましょう。

いきなり強い振動や急に挿入すると、痛みを感じてしまいます。ゆっくりと先端をアソコにこすりつけながら、入り口を大きくしていき先端が入ったら、ゆっくりと奥まで挿入しましょう。

使い方3.気持ちいいポイントを探して優しく刺激

バイブやディルドを奥まで挿入出来たら、自分の気持ちいいポイントを探していきましょう。

女性によって気持ちいいポイントは異なるので、自分で当てるポイントや角度を変えながら、探していってください。パートナーにやってもらう場合は、気持ちいいと感じるポイントを伝えて、的確に攻めてもらうようにしましょう。

最初は違和感を感じるかもしれませんが、慣れていけば快感に変わっていき、最終的にはイクことができるようになります。

使い方4.使い終わったら清潔に

バイブやディルドを使い終わったら、清潔に保つためにメンテナンスしましょう。

ディルドの場合はそのまま全体を水洗いしていいですが、バイブの場合はコントローラ周辺を水で濡らさないようにしてください。

綺麗に洗い終わったら、水分をタオルなどでふきとり、乾燥させるようにしましょう。

最後に

今回は、バイブやディルドの正しい使い方を解説しました。

バイブやディルドを正しく使えば、性感帯が開発でき、パートナーとのエッチがより充実したものになるでしょう。

ぜひ、上手に活用して充実した性生活を送ってください。

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ユウ

彼女いない歴=年齢・童貞からストナンを始めた変人です。ストナン・ネトナン歴は10年以上で、毎週違う女の子と遊んでいます。乱交パーティーや輪姦パーティーなどアングラなエロも経験済み!

-ラブグッズ
-,

© 2021 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5