ヤリマンとセックスするあまりにも簡単な方法

シェアする

セフレの作り方とか大真面目に色んな記事を書いてますが・・・。

ヤリマンとやるのは簡単です、ほんっとにくだらないぐらい簡単です。

やりたいだけならヤリマンとやればい〜んじゃないかな。

体感で女性の3割はヤリマンビッチ

「そんな居るわけねーじゃん笑笑」

とか思っちゃいます?

でも・・・ヤリマン多すぎマジで。

やりまんってなに?

ヤリマン(やりまん、英:Slut)は、不特定多数の男性と積極的に性行為の関係を持つ女性のことを意味する隠語あるいはスラング卑語)である。片仮名部分を平仮名で「やりマン」「ヤリマん」「ヤリまん」などと表記することもある。同意語として、関西では「パンコ」「パン子」などが用いられる。対義語はヤリチンである。「やり手」をもじったものと思われるが発祥は不明である。

wikipedia:ヤリマンより

不特定多数の男性とヤッちゃうオンナの事を、ヤリマンと呼んでいます。

とにかく、セックスへのハードルが低くて、出会ったらすぐエッチできちゃうという感じです。

そもそも、なぜ女性の3割がヤリマンと感じるほどに多いのか・・・?

その理由を究明するには、ちょっとセックスとはかけ離れた現代女性の心の闇に焦点を当てなければなりません。

どうしてもセックスしてしまう・・・自傷行為の側面が強い

自傷行為と言うと、リストカット(手首をカミソリなどで自ら切ること)やピアシング(ピアス穴を体中に開けること)が有名です。

実は、女性にとってセックスを不特定多数の人とするという行為は自傷に他なりません。

男性も度が過ぎると自傷の側面があるようですが・・・(正直な話自分にもそういった側面はあると思ってます)。

女性は妊娠してしまうととてつもない身体的負担を強いられる事になります。

堕胎する場合は精神的にも辛いですし、場合によっては不妊になる危険も伴います。出産した場合には子供をずっと育てる負担を強いられます。

まさに、自分の心と身体を犠牲にする行為と言えます。

しかし、死に近づきたいと思っているから自分の心と身体を犠牲にして自傷をするわけではありません。

自傷は生きる事を実感するための行為なんです。

知り合った男性となんの躊躇もなく、社会的評価や立場を無視してセックスするという行為には、

「生きている事を肯定されたい・・・」

そんな女性たちの悲痛な叫びが隠されています。

私も専門家ではありませんので、詳しくその動機や心理について書くことはできません。

ですが、一般的には依存しやすい性格や考え方がその原因となっているようです。

自傷行為としてのセックスに走る現代女性の心の闇とは?

依存しやすい性格や考え方とは、主に以下のようなものです。

  • とにかく人に依存しがち
    • 自分の幸福は他人次第で決まると考えている
    • 他人から嫌われる事がとても怖い
  • 他者との境界、自我が曖昧
    • 自分の考えや感情を人に伝える事が苦手
    • 自尊心がなく、他人の評価でしか自分の存在価値を感じない
  • 自分を犠牲にしがち、自信がない
    • 他人が我慢するより自分が犠牲になった方が良いという思考に偏っている

(参考記事:コラム:「人はなぜ依存症になるのか」|NHK福祉ポータル ハートネット

こういった性格になった理由は産まれ持ったものもあれば、家庭環境、学生生活、職場環境の場合もあるでしょう。

アダルトチルドレンや幼少期の虐待、レイプ、DVなどなど男性不信が原因となる事もあるようです。

性格自体も人それぞれあるように、原因も人それぞれあるようです。

それにしても、なぜこんなにヤリマンが多いのか・・・それはきっと現代社会の歪みが表出しているのでしょう。

SNSの普及で、女としての価値を容易に他人に測られてしまう時代です。

他人と自分を比較して生きていれば、承認欲求は自然と高くなってしまいます。

とにかくセックスしている間だけは、他人から評価されていて自分は存在する価値があるんだ・・・生きていて良いんだと実感できるのです。

どうしてもヤリマンとやるなら心の傷に寄り添える男になりたい

セックスでしか生きる事を実感できない女性と、生きる事を実感させてあげるためにやるのだから良いんじゃない?

と考えるのは自由です。

でも、私はどうしてもそう考えられないんですね。

だってヤリマンとセックスしたらこっちの心が死んじゃうんだもの笑。

心の傷に寄り添う事ができて初めて一人前の男だ

器のデカイ男を目指しませんか?(提案

共依存になってしまう危険性がありますし、依存症レベルの女の子に手を出すのは絶対にオススメしません。

でも、そこまでではない・・・って子なら、ちょっとだけ心の傷に寄り添ってあげてほしいなと思います。

セックスだけを目的とするのではなく、その女の子の人生をちょっとだけ支えられる男になってあげて欲しいのです。

それこそが、セフレを作る1番良い方法だったりもするんですよね。

ヤリマンと出会うなら出会い系サイトを使うべし

他人の評価だけが自分の存在価値を認める唯一の方法・・・そんな風に考える女性が出会いに使うのはインターネットです。

特に私がヤリマンと出会うために使っているのは、コチラで紹介しているセフレ募集掲示板です。

今の女性達が何に悩み、どう考えて生きているのか?を知る事は、女の子達と仲良くなるためには絶対に必要な知識です。

今回はそんな現代女性の心の闇に焦点を当てた記事を書いてみました。

承認欲求の海の中で生きる現代女性達の心理を知っている事は、セフレを作る上でかなりアドバンテージがある事です。

同時に、この記事を読んで下さったあなただけが、悩み多き若い女性たちの精神的支えになってあげられるのです。

私はそんな女の子達の人生を見ながら、たまにセックスしているだけです。

それで満たされる私も、きっと依存しやすい性格という事なのでしょう。

セフレ募集掲示板はコチラ