オナホ

A10ピストンSA+PLUS購入、徹底レビュー!超高額電動オナホのコスパ検証してみた

鷹(武蔵五郎)

鷹(武蔵五郎)

モテも非モテも経験してきた30代男。 「セクシャリティがもたらす幸せを最大化する」事がモットー。 セックスコンサルタントとして男女関係やエロ、セックスを探求し続けています。

A10ピストンSA +PLUSと言えば6万円超えの超高額、最高峰の電動オナホール

憧れとも言える本製品をついに購入しましたので、徹底的にレビューしていきたいと思います。

果たして、そのお値段なりの価値はあるのか!?

あなたが購入した場合どう感じるのか!?

合う人合わない人についても解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

A10ピストンSA +PLUSとは?どんな電動オナホ?

「A10ピストンSA+PLUS」は2023年7月12日に株式会社RendsのVorzeブランドより発売された専用ホール付属タイプ映像連動電動ピストンオナホールです。

旧製品である「A10ピストンSA」(2018年3月22日発売)を改良した製品となっており、より気持ち良く、よりリアルに疑似セックスを楽しめる電動オナホール生まれ変わりました。

市販されている電動オナホールの中でもっとも高額な電動オナホール、憧れていた本製品をついに購入。

ほんとに6万超えの価値なんてあるのかーー???

購入するかどうか迷っているあなたのために、辛口で徹底的にレビューしていきます!

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

そもそも、電動オナホとは?

電動オナホとは、モーターを搭載し動く様にしたオナホール(女性器を再現した男性向けの大人のおもちゃ)のこと。

市販されている電動オナホには3つのタイプがあります。

電動オナホの種類

  1. 電動機能付きオナホ:加熱・振動などのシンプルな電動機能付きオナホール
  2. 電動ピストンオナホ:電動でピストン運動してくれるオナホール
  3. 映像連動電動オナホ:AVの動きと連動してピストン運動するオナホール

映像連動電動オナホはAV作品それぞれに対応したCSVファイル(スクリプト)を専用動画プレーヤーに読み込ませることで、映像作品に合わせた動きを楽しむことができます。

高機能なものほど高価格になり、利用の際の手間も多くなりがちで利便性に欠けるというデメリットも。

価格と利便性を取るか、オナニーをもっと楽しめる機能性を取るかはあなた次第です。

  • 電動機能の種類「振動、加熱、吸引、回転、ピストン」
  • 手持ちのホールをそのまま使えるオナホ交換タイプ
  • 専用のホールを使うオナホ付属タイプ
  • 本体に防水性能があり洗えるタイプ

さらに細かく見ると、回転機能や吸引機能を持つ電動ピストンオナホや、手持ちのオナホに電動ピストン機能を追加するおもちゃなんかもあります。

A10ピストンSA +PLUS「専用ホール付属タイプの映像連動電動ピストンオナホ」です。

A10ピストンSA +PLUSの特徴

まずは本製品の特徴を確認しておきましょう。

  1. ピストン刺激のみのシンプルな刺激を搭載
  2. 超スローで力強い、まるで人間の様なピストンができるのは本製品だけ!
  3. 専用の非貫通式肉厚オナホールが付属、純正交換オナホも多数発売されている
  4. 7種類のピストンと、ピストンスピード7段階の合計49パターン調整可能
  5. 映像連動させることで映像の中の動きを再現できる!
  6. 市販電動ピストンオナホとして最長クラスの8cmのピストン上下動幅
  7. USB Type-C充電口、充電時間180分、連続使用時間120分の高性能バッテリー搭載
  8. 3ヶ月間のメーカー保証付き

特筆すべきは「ピストン」だけというシンプルな刺激ながら、徹底的に「リアル」を追い求めたその動き。

折り返す時のスムースさを確保できるレールポジション式の機構と、トルクフルな工業用ブラシレスモーターを搭載することで、繊細かつ抑揚を感じる動きを実現しています。

内部機構があまりにハイスペックでコストのかかる仕組みになっているので、まず他製品では真似のできないリアルなピストンと言って良いでしょう。

そして、そのリアルさを追求したピストンが映像に連動してしまうわけですから、まるで映像の中で起こっている事がそのまま体験できるような感覚を覚えることができます。

電動オナホに大切な5つの項目をチェックしよう

電動オナホを選ぶ際にチェックして欲しい性能・項目は5つあります。

電動オナホ5つのチェック項目

  • 気持ち良さ:体験全体の快適さも含めた快感度合い
  • 利便性:重さ、大きさ、清掃のしやすさ
  • 静音性:電動時の騒音レベル
  • 価格:機能に対して高いか安いか
  • 口コミ:みんなの口コミ・評価

この5つの性能を見ることで、あなたに合った電動オナホを選ぶことができます。

それでは、A10ピストンSA +PLUSの各項目について詳細にチェックしていきましょう!

A10ピストンSA +PLUSの気持ち良さ

A10ピストンSA +PLUSの気持ち良さをチェックしていきます。

もう、文句無しと言いたいところですが、数点気になる点がありました。

気持ち良さのポイント

  • 脅威のピストンストローク幅8cm
  • 映像連動すると映像と快感がリンクして興奮が押し寄せる
  • 工業用ブラシレスモーター採用でトルク感の強い繊細なピストン
  • 唯一無二の快感を生み出すゆっくりした動き
  • しっかり肉厚280gの付属ホール
  • 十分満足できる早さのピストン速度
  • 付属の純正オナホール「クローバーβ」はやや不満
  • 専用スクリプト付きのコンテンツがまだ無い

脅威のピストンストローク幅8cm

A10ピストンSA +PLUSのピストンパワーを動画でチェック!

市販の電動オナホールはのきなみ3cmや4cm弱といったピストン幅が主流

そういった製品のストローク幅が不十分か?というと、実は幅3cmでも満足できる程度に気持ち良いんですよね。

そんな中でA10ピストンSA +PLUSは脅威の8cmというピストン幅を実現しています。

A10ピストンSA +PLUSのピストンがもっとも外に出た状態
ピストンが最も外に押し出した状態
A10ピストンSA +PLUSのピストンがもっとも中に引っ込んだ状態
ピストンが最も中に引っ込んだ状態

現実のセックス、手コキ、フェラチオなどではペニスの長さ次第で10cmでも20cmでもピストンストロークを長くすることはできますが、正直8cmあれば十分過ぎると感じます。

一度挿入してしまえば、あとはA10ピストンSA +PLUSにお任せでどこまでも連れて行ってくれる様な懐の深さを感じます。

ただし、注意が必要なのは独特な機構。

A10ピストンSA +PLUSの動作の仕組み

ホール上部は入り口に固定されて動かず、内部だけが動く仕組みとなっているためペニスが小さめという方は十分に刺激を得られない可能性があります。

できれば12cm以上のチン長があると良いでしょう。

映像連動すると映像と快感がリンクして興奮が押し寄せる

A10ピストンSA +PLUSをVR連動させた時の動きを動画でチェック!

A10ピストンSA +PLUSを購入される方のほとんどが「VR連動」といった映像に動きが連動する機能を目的としているのでは。

実際に使ってみたところ、やはり映像連動機能はスゴイの一言。

手コキ中に「きもちいい?」って話しかけてくる女優さんに思わず「はい」って答えちゃうくらいにはリアルww

映像と快感が脳の中でリンクし、相乗効果で興奮度が増す感覚は一度体験してみて欲しいです。

これぞ、最先端。これぞ、未来。そんな体験が得られます。

工業用ブラシレスモーター採用でトルク感の強い繊細なピストン

旧製品「A10ピストンSA」まではブラシ付モーターとクランク式のピストン機構でした。

新製品「A10ピストンSA +PLUS」になり摩擦抵抗の小さいブラシレスモーターレールポジション式ピストン機構に変更。

レールポジション式に位置制御センサーを組み合わせることで、ピストンの現在位置と負荷状況に応じた出力の調節を行うフィードバック制御を実現。

さらに、ピストン運動する際の反動を制御するためにカウンターウェイトまで搭載。

これらの改善により「低速時に負荷に応じたトルク調節」「なめらかなピストン」「高負荷連続稼働」が実現しているんです。

唯一無二の快感を生み出すゆっくりした動き

こうしたコストのかかる機構を敢えて搭載することで、今までの機械的な動きから本当に人が動いている様な感覚を実現しています。

高速ピストン時にも正確な動きをしてくれて他の電動オナホールとの違いを感じさせられますが、一番違いを感じるのはゆっくりした動き

一度使ったら病みつきになるよこれ・・・

ガチでそんな動きを実現してくれてると感じます。

もう風俗で手コキ・フェラしてもらう必要なんて全く感じない・・・そのレベルまで来ていると思います。

しっかり肉厚280gの付属ホール

A10ピストンSA +PLUSの付属ホールの重さ

付属ホールは販売もされているA10ピストンSA用の「クローバーβ」という柔らかめのホール

ハンドホールとして見ても十分な体積と重量を持っているので、肉厚で柔らかい感触を楽しむ事ができます。

「α」が固め、「β」が柔らかめとなっており、「β」に関してはオイルブリードがやや気になる感じ。

本体がツヤのあるクリア仕上げなので、オイルが付いた手で本体に触れて指紋が付くのが少し気になります。

とは言え柔らかくすればオイルブリードが出るのは仕方ない事ですし、市販されている同程度の柔らかさのオナホールと比較してオイルブリードが多いわけではありません。

気持ち良さと利便性のバランスを見て別売りの純正オナホールを選ぶと良いでしょう。

十分満足できる早さのピストン速度

A10ピストンSA +PLUSの単純なピストン動作をするモードである「ストレートモード」でピストン速度を計測しました。

A10ピストンSA +PLUSのピストン速度(ストレートモード)
スピードモード回転数(RPM)1往復にかかる時間
1(最遅)14 RPM4.2秒
21 RPM2.8秒
35 RPM1.7秒
78 RPM0.8秒
113 RPM0.5秒
129 RPM0.4秒
7(最速)143 RPM0.4秒

素早い手コキが秒間約2往復、120RPMであることを考えるとスピードモード6〜7は素早い手コキ相当〜それよりも早い動き。

現実にあり得る動きの中でも最も早い動きをしっかりカバーしているので、リアルさを求められるA10ピストンSA+ PLUSのスペックはさすがという印象です。

正直、レベル1の速度でも十分なほど気持ちいいんよなぁ・・・ww

他の電動オナホールと比較すると、NLSの回転ピストン量産タイプが56rpm、その他大陸産電動オナホールが200〜300rpm。

もし、リアルを超えたとんでもない速度のピストンを楽しみたいという方や、リアル以上の刺激を追い求める方には不満の残る速度になるかもしれません。

付属の純正オナホール「クローバーβ」はやや不満

A10ピストンSA +PLUSには有名オナホールであるヴァージンループと似た内部構造の付属純正オナホールが付属。

連動機能を使って楽しむ場合、できれば30分くらいはピストンを味わいたいのですが、ヴァージンループは高刺激を特徴とするホールのためそんなに長持ちしません・・・。

手コキシーン5分で発射してしまう情けなさよ・・・

ほんとは手コキは前戯、挿入で高まりたいのに・・・!!

というわけで、わかりやすい気持ち良さを追求した付属オナホ「クローバーβ」では無く、替えの純正オナホに交換してしまうのが吉です。

専用スクリプト付きのコンテンツがまだ無い

映像連動機能を使うためには、スクリプト付きの映像コンテンツが必要。

スクリプトは特定製品専用の物を作るとより良い動きをさせることができますが、残念ながら現状まだ旧製品である「A10ピストンSA」のスクリプトを流用せざるを得ない状況となっています。

試しに使ってみると、まだまだ作り込めそうな印象なので、徐々に本製品専用スクリプトが普及してくれる事を願うばかりです。

ただし、「A10ピストンSA」のスクリプトでも十分に楽しめるので、私はゆっくり待つことにします。

気持ち良さの評価まとめ

「気持ち良さ:体験全体の快適さも含めた快感度合い」

★★★★★★★★★ 10/10点!

電動オナホールの中で最高峰の気持ち良さを誇るというのは間違い無いでしょう。

他の電動オナホールは速度を遅くするとトルクが落ちてしまい、動きが止まりやすくなったりぎこちなくなったりするもの。

A10ピストンSA +PLUSの低速の気持ち良さは唯一無二、最高峰と言ってよい物と感じました。

ペニスの長さが12cm以上ある方は十分な気持ち良さを得ることができます

高いのに気持ち良くなかったらどうしよう・・・?

敏感さや好みの刺激は人それぞれのため、絶対とは言い切れませんが、ピストン刺激が好きな方なら心配をする必要性は全く無い製品だと感じました。

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

A10ピストンSA +PLUSの利便性

では、A10ピストンSA +PLUSの使い勝手はどうでしょうか?

よく考えられた利便性の高い電動オナホールと感じますが、機能重視のためかやや使いづらいと感じる点も多く見られました。

利便性のポイント

  • 内蔵オナホールが伸び縮みしてピストンされる仕組みで内部が汚れづらい
  • 好みの純正オナホールを簡単に交換できる仕組み
  • 充電しやすいUSB Type-Cの充電口
  • 旧製品からサイズの変更が無く、A10ピストンSA用オプション・アタッチメントを流用できる
  • 総重量2kg超え!!とにかく巨大で重い
  • 充電しながら使うことができない
  • 防水性能が無い

内蔵オナホールが伸び縮みしてピストンされる仕組みで内部が汚れづらい

A10ピストンSA用純正ホール「クローバーβ」
通販サイトNLSのA10ピストンSA +PLUSより引用

電動オナホールの内部に水分が侵入しない様にする仕組みは様々な物があります。

パッキンで機械部分と挿入部分を分ける方式が多いのですが、本製品は発明と言って良い作りになっています。

外側でオナホールを固定して、内部のオナホールだけが上下動し、外と内は伸びたり縮んだりすることで繋がり続けるという仕組みになっています。

ローションや水分が付着する部分はすべてホールの中だけで完結するというわけですね。

この仕組みはA10ピストンSA用の純正ホールにしか備わっていないため、市販オナホールに交換すると水分が侵入し故障の原因になる可能性があります。

純正オナホール以外に交換して使用するのは絶対に避けた方が良いと思います。

同様に、外側部分と内部を切り離す改造等もネット上では見られますが、やらない事をおすすめします。

好みの純正オナホールを簡単に交換できる仕組み

発射後のお掃除や別売りの純正オナホールに交換する際など、意外とホールの外しやすさは重要ポイント。

ホールの外し方を解説しながら、どれだけ簡単に外せるのか見ていきましょう。

A10ピストンSA +PLUSの挿入口

まずは、フロントパネルを外します。

A10ピストンSA +PLUSのエントランスキャップを外した様子

パネルはマグネットでくっついているため、引っ張るだけで簡単に取り外しOK。

次に、電源ボタンを長押しして電源を入れておきます。

A10ピストンSA +PLUSのイジェクトボタンを押した様子
A10ピストンSA +PLUSのEjectモード

Ejectボタンを長押しすると、インナーケースを取り出せる位置に引き出すことができます。

この状態でインナーケースを反時計回りに回してロックを外し、取り出します。

うーん、手がオイルで滑って回しづらい!!

インナーケースに指を引っ掛ける出っ張りが無いため、すごく回しづらいんですよね。

この点は微妙ポイントの1つですが、ティッシュで指に付着したオイルを拭き取って回す等の工夫をして、慣れると簡単に外せる様になります。

A10ピストンSA +PLUSのインナーケースを本体から取り外した様子

インナーケースごとホールを取り出したら、パカッとケースをオープン。

A10ピストンSA +PLUSのインナーホールをケースから取り外す様子

ホールは6つの出っ張りに引っ掛けられているので、そのまま上に引き上げるだけで外れます。

A10ピストンSA +PLUSのインナーホールアッセンブリー

使用後に洗う際はホールとケースをそれぞれ水洗いして乾燥させましょう。

取り付ける際は外す際の逆の手順でOK。

インナーケースにホールを取り付けて、Ejectボタンを長押し。

インナーケースを時計回りに回してロックし、Ejectボタンを長押ししてインナーケースを所定の位置に移動させたら、パネルを取り付けて完了です。

こうして、文章と写真で見るとややこしいですが、実際に使ってみれば簡単に覚えられるのでサクサク作業は完了。

機能面と利便性のバランスに優れた仕組みだと感じました。

充電しやすいUSB Type-Cの充電口

A10ピストンSA +PLUSのUSB Type-C充電口

A10ピストンSA +PLUSの本体にはUSB Type-Cの充電口が搭載。

A10ピストンSA +PLUSのUSB Type-C充電ケーブル

USB Type-A – USB Type-C充電ケーブルが付属していますが、もしケーブルが断線しても簡単に安く交換できます。

A10ピストンSA +PLUSを充電している様子

3A以上のUSB Type-Aアダプタとケーブルを使用することでフル充電まで約3時間という急速充電にも対応。

連続使用時間約2時間を素早い充電で実現しているのがさすが高級機という印象です。

旧製品はACアダプタで約5時間かかっていたことを考えると、素晴らしい進化ですよね。

旧製品からサイズの変更が無く、A10ピストンSA用オプション・アタッチメントを流用できる

サイズ等外側からの見た目は旧製品と変わり無く、各種オプション・アタッチメントはA10ピストンSAのものをそのまま流用可能となっています。

例えばオナホ固定グッズはA10ピストンSA対応のものが使えます。

A10ピストンSA +PLUSの背面

本体背面には上部に1つ、下部に2つのネジ(M6×15mm)用の穴が開けられています。

下部のネジ穴の中心同士の間隔は約88mm、上部と下部のネジ穴の中心同士の間隔は約252mmとなっています。

Vorze製電動オナホに使うオナホ固定具として安価で定番の「電オナホルダー」。

装着するとこんな感じ。

A10ピストンSA +PLUSを電オナホルダーに取り付ける

旧製品A10ピストンSAの時からそうでしたが、上部のネジ穴には固定しないで使う仕様となっています。

A10ピストンSA +PLUSを電オナホルダーに取り付けた様子

「電オナホルダー」にA10ピストンSA +PLUSを装着したら、平らな面にお尻を乗せて自分の体重で支える感じ。

あまりに本体が大きく重いため、しなってしまいますが十分に使用することは可能でした。

座りながらA10ピストンSA +PLUSを使うことができる、およそ3,000円と安い価格のオナホ固定グッズは他に無いので、まずは「電オナホルダー」から始めるのがおすすめです。

電オナホルダーの詳細はこちら(NLS)

ただし、ポジション変更をするのがやややりづらく、お尻に圧がかかるので気が散るなど、安い代わりに少し快適性が損なわれる印象。

快適性を重視するなら少し大掛かりでお値段は張りますがモニターアームの様な「VORZE アームスタンド」を使うことをオススメします。

総重量2kg超え!!とにかく巨大で重い

A10ピストンSA +PLUSとオナホールのサイズ比較

A10ピストンSA +PLUSはとにかく巨大で重いです。

写真ではTENGA オリジナルバキュームカップと定番の電動オナホールであるNLS 回転ピストン量産タイプを並べていますが、その巨大さがよくわかるのでは。

高さ370mm×横幅172mm×奥行き140mmという大きさは、5リットルの容量を持つペットボトル(ウィスキーや焼酎、水などが入る大きいやつ)と同等のサイズ感。

A10ピストンSA +PLUSの重さが測定不能な様子

1kgまでしか計測できない手持ちのはかりでは、当然エラー表示に。

ホール等を抜いた本体のみで2283gというのは伊達ではありません。

A10ピストンSA +PLUSのエントランスキャップの重さ

フロントパネルは85g。

A10ピストンSA +PLUSのインナーケースの重さ

インナーケースは88gとそれぞれ軽量にできています。

ホールが280gなので、これらパーツ合計で453g。

本体と合わせて総重量は2736gとなっており、とてもじゃないですが手で持って使うことはできません。

いや、トレーニングしながら抜けると思えばそれもありなのかも!?ww

A10ピストンSA +PLUSは机に置いて立って使うか、先程おすすめした固定グッズで固定して使う様にしましょう。

充電しながら使うことができない

A10ピストンSA +PLUSは充電しながら使うことができません。

オナホ固定グッズ等で固定して、充電しっぱなしにしてそのまま使おうとすると動かなくてアレ・・・?となるかも。

充電ケーブルを使う時は外して、使い終わったら繋げておく必要があるのはやや不便です。

また、充電忘れで途中で止まってしまうとそこでお楽しみ終了というのも悲しいですね。

防水性能が無い

A10ピストンSA +PLUSは本体に防水性能がありません。

そのため、本体の中を掃除したい場合は水分に十分気をつける必要があります。

本体は汚さないように使って、インナーケースとホールだけ洗うという使い方が基本。

気になる場合は、濡らしてから水が滴らない様にしっかり絞ったペーパータオルで本体を拭く程度のメンテナンスはしても良いでしょう。

利便性のまとめ

「利便性:重さ、大きさ、清掃のしやすさ」

★★★★★☆☆☆ 6/10点!

A10ピストンSA +PLUSの利便性はギリギリ合格点かな・・・?というところ。

せっかくAVと連動させるのに、机に置いて立って使うのは興が削がれるというもの。かと言って座って持って使うにはあまりにも重く、大きいのでオナホ固定グッズは必須です。

色々と大掛かりになってしまうので、一人暮らしで片付けるスペースをちゃんと確保できる方向きなのは言うまでもありません。

そうした使う環境さえ用意できるなら、これほど素晴らしい電動オナホールはありません。

一番ハードルが高い部分だったりもするので、ぜひご自身の環境が合うかどうかはチェックしておいてくださいね。

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

A10ピストンSA +PLUSの静音性

A10ピストンSA +PLUSほどの静音性を持ったピストンタイプの電動オナホールは存在しないと言って良いでしょう。

ただし、それは他製品と比較した時の話。使ってみると思ったより静音性は高く無いと感じるかもしれません。

A10ピストンSA +PLUSの騒音レベル(ストレートモード、10cm離してスマホで計測)
スピードモード騒音
1(最遅)24〜33db
27〜36db
30〜39db
36〜42db
42〜49db
40〜47db
7(最速)39〜46db

dbってなんだ・・・?となるかもしれませんが、40db未満でかなり静かに感じ、50db未満でそこそこ静か、50db以上ははっきりと聞こえてややうるさいと感じるというのが目安です。

騒音・デシベル数値の目安
目安音の大きさ暮らしで聞く同じ大きさの音
きわめてうるさい100dbライブハウス、カラオケ、電車が通る時のガード下
90db犬の鳴き声(5m)
80db地下鉄車内
うるさい70db大音量のテレビ、騒々しい事務所・街頭、交通量の多い道路
60db洗濯機、掃除機、目覚ましのベル、中音量のテレビ、乗用車の車内
普通50db小さい声、静かな事務室、室外機、換気扇
40db深夜の市内、図書館、昼の郊外住宅地、しとしと雨
静か30db深夜の郊外住宅地、ささやき声
20db無音室、ささやき

他のピストン刺激付きの電動オナホールは50db以上の騒音レベルとなっており、A10ピストンSA +PLUSはそれよりも静かな数値となっています。

スピードモードを5以上にするとインナーケースと本体が干渉し、「カチッ」という音が目立ちますが、49dbという最大値は優秀と言って良いでしょう。

静音性の評価まとめ

「静音性:電動時の騒音レベル」

★★★★★★★☆☆☆ 7/10点!

A10ピストンSA +PLUSの静音性は電動ピストンオナホールとしては非常に静かです。

ストレートモードのスピードモード4以下なら、自分の部屋のドアを閉めておけば別の部屋に聞こえる事は無いぐらいの静かさです。

スピードモード5以上になると少し音が漏れるかもしれませんが、ワンルームマンション等の隣の部屋に聞こえるほどのうるささでは無いと思います。

完全にプライバシーを確保できる部屋を持っているか、一人暮らしの方が使う場合には問題無い静音性と感じます。

ただし、あくまで電動のおもちゃですから、多少の騒音は発生します。同居人が居て寝静まっている時間に使うといった場合に問題が無いほどの静音性ではありませんので、使用する環境に合うかは要チェックです。

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

A10ピストンSA +PLUSの価格

「価格:機能に対して高いか安いか」

★★★★★☆☆☆☆ 5/10点!

6万超えは・・・いくらなんでも、高すぎない!?

電動オナホールは今や10分の1の価格でいわゆる大陸産(中国製)のハイクオリティな製品が手に入る時代。

それでも、これでしか楽しめないトルクフルで繊細なピストンVR連動機能2つだけで十分満足と思えてしまうんですよね。

これ1台あれば、他のピストンタイプ電動オナホールはお蔵入り確定でしょう。

性家電なんて言葉があるけど、この価格はガチな家電ww

しかし、メーカー保証が3カ月となっていて、数年間の保証期間が付く家電製品のことを考えるとせめて1年ぐらいは保証して欲しいと思ってしまいます。

ちなみに旧製品の時はメーカー保証無しだったので、これでも良くはなっているのですが・・・。

防水性能も無しとくると、ちょっと故障の心配が勝ってきて不安で快感も減ってしまいそう。

固定グッズと交換用純正オナホールをセットで買うと安く抑えても+5,000円で合計70,000円超えは避けられません。

総合するとコスパは・・・ギリギリ合格点と言ったところでしょうか。

なんつーか、あくまで昔ながらのアダルトグッズメーカーのノリのままなのが残念だよ

女性が使えばセルフプレジャーアイテムと呼ばれ手厚い保証を付けて安心感を持たせる時代。

男性が使う物にもそろそろ価値観のアップデートが必要なんじゃないかな?なーんて、思ってしまった私でした。

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

A10ピストンSA +PLUSの口コミ・評価・評判

A10ピストンSA +PLUSは現在大手アダルトグッズ通販サイトであるNLSのみ販売されています。

そのため、口コミはNLSにて見つけることができました。特に参考になる口コミを、良いものも悪いものも含めて抜粋してご紹介します。

なぜ今まで買わなかったのかと後悔しているという口コミ

アダルトグッズ通販サイトNLSに寄せられたA10ピストンSA +PLUSの口コミ
アダルトグッズ通販サイトNLSに寄せられた口コミ

7段階中3段階目の速度で耐えられなかった・・・わかります。超わかります笑。

まったり刺激を長く楽しみたい方向き、というのも納得です。スローな動きがびっくりするほど気持ち良いんですよね。

「どうせ人は賢者モードになって後悔する生き物なのだから。」

非常に詩的で好きな言葉で締めくくられていましたので抜粋してみました。

値段が高すぎるという口コミ

アダルトグッズ通販サイトNLSに寄せられたA10ピストンSA +PLUSの口コミ
アダルトグッズ通販サイトNLSに寄せられた口コミ

TENGAくらいしか使ったことがない、電動オナホ初体験の方の貴重な口コミがこちらです。

連動機能が合わない方もいらっしゃるんですね。確かにセットアップが面倒ではありますが、連動機能はハマるとイイ物ですよー!w

この方は取り回しは問題なかった様です。たしかに、連動させないなら机に置いて使うのも全然アリだと思います。

値段はほんま・・・しゃーない・・・ww

VORZEさん、もう少し安くしてくれんかなぁ???(チラッ

回転型ではかなわない世界最高峰のピストン・マシンという口コミ

アダルトグッズ通販サイトNLSに寄せられたA10ピストンSA +PLUSの口コミ
アダルトグッズ通販サイトNLSに寄せられた口コミ

確かに、記事中では良い点を並べまくりましたが、ほんっとに長文になってしまいました。

この方は改善して欲しい点が2つあると述べていますね。

1つ目は、ホールを取り外すには電源を入れてイジェクトボタンを押すという2ステップが必要で、さらにインナーケースが回しづらいこと。

2つ目は、重いこと。

これらは私も感じた点で、改善してくれたらさらに良い製品になりそうです。

口コミ評価まとめ

「口コミ:みんなの口コミ・評価」

★★★★★★★★☆ 9/10点!

現時点で投稿されているすべての口コミを読みましたが、非常に熱意のこもった口コミが多い印象でした。

やはり、ハイエンドモデルというだけに、こだわりを持った熱いユーザーさんが多いということなのでしょう。

これだけの熱い口コミが集まっている本製品ですから、参考になる口コミも多くてユーザーコミュニティの盛り上がりも申し分有りません。

もちろん、満足できなかったという口コミも見られました。

高いということ、重くて大きいため取り回しが悪い、ホールを取り外しづらいという3点が主な悪い口コミでした。

ホールの取り外しにくさは慣れるしかありませんが、取り回しの悪さはオナホ固定グッズを使うことで解消できますので、ぜひお試しくださいね。

価格は・・・しゃーない・・・ww

ぜひ、ボーナスのタイミングやちょっとお金に余裕がある時に、いつも頑張っている自分への贅沢としてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

懐は痛いが俺は満足だぜえええええ!!

そんな気分にさせてくれる電動オナホールだと思いますよ。

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

A10ピストンSA +PLUSを使ってみた体験談

最後に私がA10ピストンSA +PLUSを実際に初めて使った時の体験談を、感想を交えてお送りします。

開封の儀

さすがにこの価格の製品になると、「儀」とか言いたくなっちゃいますww

そんな高級品、あー贅沢してるわって思いつつ開封していきます。

A10ピストンSA +PLUSの箱の正面

旧製品では無骨な白の箱だったのが、お店で陳列されていてもおかしくない綺麗な外装に進化。

A10ピストンSA +PLUSの箱の背面

背面には+1Dというロゴも入っており、VR連動アダルトグッズであることを主張。

A10ピストンSA +PLUSの外箱からスリーブを外した様子

スリーブを外すと、やっぱり白い箱に・・・笑。

A10ピストンSA +PLUSの箱を開けた様子

この瞬間がたまらない。

A10ピストンSA +PLUSの箱の中身

無造作に置かれただけのアクセサリー類に、なんだかもう少しできたんじゃね?と思いつつ、本製品の無骨なまでの機能重視さが垣間見えます。

アクセサリーを見ていく

A10ピストンSA +PLUSの付属品アクセサリー

A10ピストンSA +PLUSの付属品は「ご利用ガイド」「VORZE スムースローション」「USB Type-A to USB Type-C 充電ケーブル」の3つ。

A10ピストンSA +PLUSに付属するVORZEスムースローション

付属ローションはちょっと特殊なタイプで、リンスの様なゼリー状のプルッとした、粘度の低いサラサラな質感。

オナホールには全く向かないため、乳首に塗って使うなどの別の用途に置いておきましょう。

付属の純正オナホ「クローバーβ」には「おなつゆ」「ペペローション」などの普通の粘度の定番ローションが向いていると思います。

A10ピストンSA +PLUSの正面

早速本体を取り出した感想は、

おっも・・・

というものでした笑。移動させるのも「よいしょ」感のある重さ。

逆にその重さが期待を膨らませるというものです。

A10ピストンSA +PLUSを電源ONにした様子

電源を入れると美しく光るランプ。

早速、VR連動させてつかっていきます。

電オナホルダーで固定して挿入してみる

まずは「電オナホルダー」に装着して、ローションをたっぷりホール内と自分自身につけて挿入。

ホールが刺激強めなので、ローションは多めにしておきました。

A10ピストンSA +PLUSを電オナホルダーを使って固定して使う様子

自分からの見た目はこんな感じで、恥骨あたりが軽く当たる様にしてお尻の位置を調節。

私の場合は椅子にはやや浅めに座って、リラックスした体勢で使うと良いポジションになりました。

私はやや太めのサイズ感ですが、挿入自体は非常にスムースに入る感じ。ピストンするので内部の径は少し通常のオナホールよりも余裕を持って作られている様。

オナホがV字溝タイプだから、もうゾリゾリくるわ

この時点では、あっさり敗北するとはつゆ知らず。余裕をかましていた私でした。

VR連動させて使ってみた結果

せっかくの処女プレイだし、お気に入りのVR動画で連動させるしかないよな!!

A10ピストンSA +PLUSは+1D(プラスワンディー)と呼ばれる技術を使っており、A10ピストンSAの連動に対応した作品がすでに1万件以上配信(AdultFesta)されています。

VR作品も、通常の2DAV作品も「Adultfesta(アダルトフェスタ)」という動画配信サイトで購入し視聴するのがもっとも簡単に連動させることができます。

AdultFesta VRのトップへ(R18)

視聴はWindows PCも、Androidスマホも、iOS(iPhone、iPad)も「4DMEDIAPLAYER」という独自プレーヤーを使うだけという手軽さなので、まずここから初めてみてください。

Google Play で手に入れよう
App Storeからダウンロード

なお、PCもスマホもBluetooth LE(BLE)に対応している必要があり、4DMEDIAPLAYERの推奨環境以上である必要があるのでご注意を。

私は今回Windows PCにて接続。VRヘッドセットはMeta Quest 2を使用。

接続方法は簡単で、Windows PCでもスマホでも、A10ピストンSA +PLUSの電源を入れた後に、4DMEDIAPLAYERの動画再生画面右上のBluetooth LE(BLE)マークから「ピストンSA」を選ぶだけ。

4DMEDIAPLAYERをA10ピストンSAに接続したところ
4DMEDIAPLYERでA10ピストンSAシリーズを接続

これで接続が完了しているので、早速楽しんでいきましょう!

騎乗位で挿入されるシーンからスタート。

入る瞬間はゆ〜っくりとした優しいピストン。入ってからちょっと間が開くあたりが本当にリアル。

連動はピストンの位置を時系列順に並べたスクリプトファイルを元に行われており、ペニスがどれぐらい入っているかをそのままA10ピストンSA +PLUSが再現してくれるという仕組み。

細かいズレがある部分も無くは無いけど、リズムはそのまま映像通りだわ・・・

徐々に盛り上がるプレイに従って激しさを増すピストン。

かなり激しい杭打ち騎乗位が繰り広げられる本作ですが、A10ピストンSA +PLUSは全く遅れをとる事無くすごい勢いでピストンしてくれます。

ちょ・・・え・・・あーやっべーこれ興奮するわww

眼の前で動く女優さん、まさにそこで挿入しているかの様な刺激が襲ってきて、脳内でシンクロしていくともう興奮度はほぼ「リアルセックス」

ものの3分(笑)で果てる結果となりました。

我慢できんてこんなん!!!www

もう少し刺激弱めのホールを購入してリベンジしたい!そう思わずには居られない結果となりました。

発射時は一時停止ボタンが大活躍。VR連動させていても止まってくれるので、この機能、電動オナホに必須だと思います。

発射後のお片付け

オナホは出して終わりというわけにはいきません。

A10ピストンSA +PLUSの場合、内蔵オナホールが特殊な構造をしているので裏返して洗うのは絶対NG

ホール内部の汚れは水を入れて洗い流し、その上でホール用洗剤で洗浄。

しっかり水を切った上で本体・インナーケースとは別保管しておきました。

ホールは保管する前にパウダーをつけて、空気が通るところに干すイメージで保管すると清潔に保てそう。

本体・インナーケースは汚れていませんでしたが、軽くウェットティッシュで拭き取り掃除し、電オナホルダーに取り付けたまま収納。

これでまた使いたい時もさっとオナホを取り付けて使えるので良さそうです。

もっと使いこなすには?

3Dゲームやアニメ作品、ボイス作品、同人作品などと連動させたい方はMODやスクリプト、有志プレーヤーを導入する必要があるためある程度知識が必要です。

私もこれから3Dゲームに連動させたいと思っているので、その手順などを解説した記事は随時追加していく予定です。

ひとまず、普段はAdultfestaで楽しんでいきたいと思います!

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

A10ピストンSA +PLUSの詳細スペック

A10ピストンSA +PLUS
A10ピストンSA +PLUS
基本機能

ピストン

回転

回転ピストン

吸引

基本スペック
商品名VORZE A10ピストンSA +PLUS
メーカーVORZE(株式会社Rends)
発売日2023-07-12
サイズ本体:高さ370mm×横幅172mm×奥行き140mm
ホール:高さ18cm、外径9.5cm(内蔵部分7.5cm)
内径1.0cm、奥行15.0cm
素材本体:ABS樹脂
ホール:シリコン(熱可塑性エラストマー)
重量本体合計:2736g
ホール:280g
防水性能
バッテリー充電時間:180分
連続使用時間:約120分
充電コネクタUSB Type-C
※充電にはUSB Type-A充電器が別途必要
動作レベルピストン7種類
速度7種類
0.2往復/秒〜2.5往復/秒(14rpm〜143rpm)
動作音24db〜49db
オナホ交換
※32種類の市販純正交換オナホール推奨
交換オナホの条件
価格64,900円(定価64,900円)
クーポンなし 円
※価格は 2024年7月11日確認
評価
気持ち良さ10/10
利便性6/10
静音性7/10
価格5/10
口コミ9/10
総評
唯一無二の繊細なピストン&VR連動で今最高の体験ができる電動オナホ!

\市販最高峰の電動オナホ!!/

64,900円(税込)

A10ピストンSA +PLUSの詳細はこちら(NLS)

バレない安心梱包!送料無料!
20年以上の運営歴で安心安全国内通販サイトNLS
※価格は2024年7月11日確認

まとめ

A10ピストンSA +PLUSを徹底的にレビューしてきました。

これまでたくさんの電動オナホールをレビューしてきましたが、ついにこの作品をレビューする時がやってきたか・・・という気持ち。

今まで頑張ってレビューを書いてきたご褒美として、自分で購入し、使ってみたわけですが、さすがの一言です。

感慨深い・・・これまでの努力が報われるようだぜ・・・

そんな気持ちになりながら執筆しました笑

みなさんもぜひ一度体験してみてください。

使用環境によって合う合わないはありますが、もし、あなたが一人暮らしで

買おっかなぁ、どうしようか・・・さすがにたけーよなぁ??

なんて思ってるなら、大丈夫です。

これが現時点で最高の快感を誇る電動オナホールだと断言できます。

逆にこれを体験していないならまだ電動オナホールだけでなく、すべてのオナホールの本当の凄さを体験していないと言って良いでしょう。

あーこれから10年、20年とこれが進化していくなんて思ったらやべー楽しみww

そう思わせてくれるA10ピストンSA +PLUS。

本記事をぜひあなたの購入の参考にしてみてくださいね。

注目情報

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鷹(武蔵五郎)

モテも非モテも経験してきた30代男。 「セクシャリティがもたらす幸せを最大化する」事がモットー。 セックスコンサルタントとして男女関係やエロ、セックスを探求し続けています。

-オナホ
-, , , , , ,