風俗嬢とブランド戦略と働く上での心構え「困ったらチャンス」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

仕事や働くということは突き詰めると全て同じ事にたどり着くと言われます。

それは当然風俗嬢も同じ事。

お客さんから「働く」姿勢を学ぶ事もあるのではないでしょうか。

知っていればもっと働きやすくなること、あなたの価値とブランド戦略を解説します。

風俗嬢のブランド戦略の基本は自分の価値は自分で決めること

遊びに行っていると時々気になるんです。

avatar

ホーク

この子は考え方を変えればもっと伸びるのに。

風俗嬢として働くことは「女を売る」「身体を売る」などと言われ得てして下に見られがち。そういう意識こそがハンデだったりして、プロとしての意識を高く保つ障害になっていることも。

  • 自信がない
  • お金を貰うことに罪悪感がある
  • 風俗で働いていること自体に罪悪感がある

後ろ向きな考え方は今すぐ捨てるべきです。

  • お金を貰えるのは価値を提供しているから
  • 価値を提供しているというプライドを持とう
  • 働きづらさは自分で変えることができる

このように前向きに考えることで、ただの風俗という仕事がもっと面白く楽しくなるでしょう。

お金を稼げるのは誰かがやりたくない事をしているからだ

では、あなたは一体なんの価値を提供しお金を頂いているのでしょうか?

仕事や働くということは「誰かがやりたくない事をしてあげる」ということです。お金は私がやりたくない事を変わりにやってくれてありがとう、という意味があります。

それは決して「女を売る」とか「身体を売る」という他の人がやりたくないことをやっているからというだけではありません。

  • 1人の客に自分の時間を占有させること
  • 1人の客に決められたサービスを行うこと
  • 1人の客と会話をし気持ちよく接客を受けていただくこと

この3点はどんな風俗嬢もこなしていることだと思います。

決して誰にでもできることではありません。そのお客様を接客するその時間はあなたにしか与えられないものです。他の人にはできないあなたにしかできない事をするから「お金」をいただけるのです。

あなたの価値はあなたが決める

2人の女の子が居ます。

  • Aさんは自分に価値があると思っていて、お金以上の価値を返そうとお客様を楽しませる
  • Bさんは自分に価値がないと思っていて、お金をいただく事を申し訳なく思っている

どちらがお客様をより満足させるかは明白です。でも、Aさんになれていない女の子が多すぎるんです。Bさんになってしまうとこんな問題が起きてきます。

  • Bさんは嫌な事を頑張ろうとして、自分を安売りしてしまう
  • Bさんは嫌な事をやらずに、それを餌に釣ろうとしてしまう

プロ意識が低い風俗嬢は大体この2通りのどちらかの方法で嫌な事へ対処し、結果としてお客様の満足度を下げてしまいます。Aさんは嫌な事を嫌と言うけれど、それでもお客様を満足させる自信があるんです。

実際に満足させる事ができるかどうかはさておき、Aさんのような態度や姿勢こそがお客様を満足させる最低条件です。

お金を払っているのにも関わらずその嬢が「自分には価値がない」なんて思っているようだとガッカリですし、お客さんに失礼ですらあると思います。

自分の仕事は自分でコントロールする権利がある

働き続けて欲しいというのはお店もお客さんも思っていること。でも、それができるのは働き続けたいと思える環境が整っていなければなりません。

  • 干されるのが怖い
  • 稼げなくなるかも
  • 嫌なことをされるかも

といった心配がつきまとうのは理解できます。普通の仕事でも同じことが常に付きまとうモノです。風俗嬢だからといってこういった事は特別でもなんでもありません。

あなたの価値を認めてくれるお客様にたいしては特別にサービスをしてあげても良いでしょう。でも価値を認めてくれないお客様にたいしては「プライド」を捨ててはいけません。

「生きていくために」と自分の価値を下げる仕事を引き受けるのは「最もやってはいけないこと」とされています。安売りするのは絶対にやめましょう。悪い評判はあなたの知らない所、最近では有料ブログなどで出回ってしまいます。

プライドを捨てた仕事は何よりあなた自身の心を蝕むのです。

「安売りせず自分の価値を信じ、お客様にお金以上の価値を提供するよう努力する」

この心構えはブランド戦略の基本となります。

働いていると自信を無くすことも多いと思いますが、それは罠だと思って自分を奮い立たせなければなりません。

関連記事 【モラル?】メンズエステの有料ブロガー問題に関して思うところ【違法?】

あなたのブランド価値を高める簡単な方法、抜け道は存在しない

ブランド戦略の基本となる働く上での心構えについては「安売りせず自分の価値を信じ、お客様にお金以上の価値を提供するよう努力すべき」と解説してきました。

では肝心の「お客様に提供する価値」をどうやって高めていけば良いのでしょうか?

お客様に提供する価値を高める簡単な方法は存在しない

例えば、他の女の子よりも過激なサービスをしてみたらどうでしょうか?

その方法は「他の女の子よりもコスパが良い」だけで安売りしている事にほかなりません。

ブランド価値をむしろ下げる結果になるんです。このように、価値を高める抜け道や簡単な方法は存在しません。

お客様への対応に困った時、他の女の子も困る事だと思え

あるお客様への対応に困ったことがあったとしましょう。

例えば、ガチ恋をこじらせてしまったお客様。あなたと店外したいとしつこく迫ってきて、最近ではあなたの事を責めるような言葉も投げかけてきます。

そんなお客様に遭遇したとき、もし上手に対処しそのお客様をさらに長続きする良客として確保できたとしたら。きっとそのお客様には他の女の子も「困る」んですよ。こういう困った事が起きたときは自分がさらに成長できるチャンスが来たとワクワクしたいものです。

接客を試行錯誤して改善していこう

どうしたらいいの?

わかりやすい答えは存在しない事の方が多いでしょう。

でも、すでにゴールは決まっているのではないでしょうか。

  • なるべく働きやすい環境を維持すること
  • その中でなるべく多くの太客や良客を維持すること
  • 痛客や糞客を遠ざけるか教育し良客にすること

細かなテクニックもありますので、今後解説していきたいと思います。ですが、基本は自分で「こうしたらいいのではないか?」と考えやってみて、その結果からやり方を変えていくことです。

「自分の価値は自分で決める」

自分が変わることで自分の価値を上げることができるんです。一度だけでも良いので少し頑張って成功体験をして欲しいと思います。すると、この言葉の意味がより身に沁みて理解できるようになっていくのではないでしょうか。

偉そうにアドバイス記事を書いてみましたが、リフレ界隈やメンズエステ界隈は誰も何も教えてくれない世界です。

こうした考え方が当たり前になるとよりサービスの質が向上するのではないかと思い書いてみました。

もっと楽しい遊びになってくれるように、今後もこういう記事を書いていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加