恋愛テクニック

権威のある男がモテるたった1つの理由

権威のある男はなぜモテるのか?

そんな疑問を思いついてはや数年。なるほどという答えがようやく見つかったので記事にしていきます。

聞いてみれば当たり前かもしれませんが、それは「社会に受け入れられたい」という男女関係なく持つ欲求が大きな要因です。

権威のある男はモテる・・・のか?

私は「権威のある男はモテる」という話を聞いた時、

なぜ権威のある男はモテるのだろう??

という疑問が頭から離れなくなりました。すごくモヤモヤする話だし、それはいくらなんでも単純化しすぎだろう、きっとその男性のモテる理由が他にあるはずだという違和感があったんですよね。

「そんなの嘘じゃね?信じられねーよw」と思ったわけです。

実体験と比べても違和感がありました。私はとてもじゃないですが「権威」なんて欠片もない人間です。モテるというわけではありませんが、普通並にはモテ期もあったわけで・・・その時に権威があったということもありません。それに、権威なんて欠片もないどうしようもない男ほどモテるという説の方がよっぽど説得力あるよなぁ、なんてことも思うわけです。

そういうわけでずっと私の中で引っかかってきたこの「権威のある男はモテる」説について、答えが見つかったのでここで共有しておきたいと思います。

権威のある男がモテるたった1つの理由

「社会から受け入れられたい」という欲求=承認欲求を満たすことができるから、権威のある男はモテるんです。

権威とは一体なんなのか?

ところで、ここで私の言う権威って一体なんなのでしょうか?

「権威がある人」とは「周囲が認める社会的地位が高い人」を指しています。例えば・・・

  • 大企業勤務、有名企業勤務であること
  • 年収1,000万以上など稼ぎが多いこと
  • 社長であること
  • ゴールドカードやブラックカードを持っていること

社長になれる人は30人に1人、年収1,000万以上は20人に1人、大企業に勤務できる人は5人に1人です。

アメリカン・エキスプレス・カードのセンチュリオンというカードは世界で唯一本当のブラックカードと呼ばれており、国内でも1,000人程度しか持つことができません。日本人男性6,100万人中1,000人と言えば上位0.002%、61,000人に1人というとんでもない数字です。

ここに挙げたような例はただ「珍しい人」というわけではなく「誰かが認めている」ということが重要です。さらに、認められていることが「他人から見てわかる」ことも重要です。

したがって、権威がある人とは

  • 周囲の誰かがその人を認めている、頼っている
  • 社会的地位が高い
  • 他人から見てそのことがわかりやすい

こんな3つの条件を満たす人のことを指します。これ、例えば「YouTuber」「インスタグラマー」「芸能人」なんかも当てはまりますよね。

社会に認められた男に好かれる=社会に受け入れられる

社会に認められた権威ある男に好かれることは「私は社会に受け入れられることができる」という感覚になります。

男性もまた周りに認められる女性に好かれるとそんな感覚を覚えます。

とても美しいとみんなが称賛する女性から好かれると嬉しいですよね。なんとなくみんなから自分が認められたかのような気分になります。

「社会に受け入れられ他の女に勝つ私」という体験が女性を魅了する

特に「知人が認めている人」となるともっと魅力的に感じます。あの人も認める彼はきっとすごい人=尊敬できる人に違いないとなるわけですね。

権威に加えて「多くの女性から好かれている男性」という要素が加わると「女同士の競争に勝ちたい」という本能が働きさらに魅力的に映ることになります。

「社会に受け入れられ他の女よりも魅力的な私」

これほど大きな承認を得られることは、他にそうそうありません。

女性は男性よりも自己評価が低い傾向にありますから、承認されることの喜びは男性よりも強いのではないでしょうか。女性は他人との関わりによって自己評価が変わりやすいとも言われており、魅力的な男性から好かれることは自己評価に大きなプラスの効果があると考えられます。

女性の目線から見ると、これこそが権威ある男がモテる理由になっているんです。

優秀な遺伝子を持つ男の評価尺度としての権威

こうした女性からの目線と同時に、当然権威を持つ男は男として優秀であることに疑いの余地はありません。

子育てをする間に生活に困ってしまう確率は「権威の無い男」の方がよっぽど高いでしょう。

狩猟採集社会のヒトもまたムラのリーダー格の方が、下っ端よりも子孫が繁栄したでしょう。自然淘汰されていった結果、権威のある男性を好きになる遺伝子が生き残ってきたのではないか、と考えるのが自然です。

権威を求める男性は男性ホルモン「テストステロン」の分泌が多く優秀な遺伝子である

実は「お金を稼ぎたい」「より良い社会的地位に就きたい」と考える男性は男性ホルモン「テストステロン」の分泌が多い傾向にあることがわかっています。

「親の投資理論」という進化心理学の理論では男性ホルモンの分泌が多い男性がモテる(=行きずりのセックスができる)とされています。

「権威のある男」がモテるというのは科学的にも正しいんです。

ちなみに、男性ホルモン「テストステロン」の分泌が多いということは「孤独を好み家庭的ではない」ということにも繋がります。権威のある男は家事や子育てに非協力的というのはよくある話ですよね。

権威のある男はこんな女性にモテる

権威のある男は一体どんな女性に好かれやすいのでしょうか?

父親が子育てに関与しない家庭で育った女性、シングルマザーの家庭で育った女性

子育てにおいて父親との触れ合いは「社会」との触れ合いを意味します。父親は社会代表というわけです。そんな父親との触れ合いが少なかったり無かったりした女性は「社会からの疎外感」というものを常に抱えてしまうことも少なくありません。そうした女性は漠然とした欠乏感を満たすために権威ある男性に魅力を感じます。

しかし、権威のある男は子育てに非協力的です。産まれた子供もまた権威のある男が好きになり、似たような家庭を作ってしまう・・・という悪(?)循環が起こります。

自己肯定感が低く、日常生活において社会に受け入れられている、認められている感覚の少ない女性

例えば職場や学校などで、受け入れらている、認められているという感覚が満たされない場合、その欠乏感を満たすために権威ある男性に魅力を感じやすくなります。

なかなか女性は出世しづらく、待遇が悪いという状況が変わらない世の中です。理不尽に叱責されることも少なくなく、にも関わらず褒められることも、感謝されることもなく仕事をする日々・・・。もし自己肯定感が低ければ承認欲求は肥大化していってしまいます。

そんな欲求を満たすことのできる権威のある男性はとても魅力的に感じるでしょう。

貧困家庭に育った女性、お金に困った経験のある女性

お金に困った経験のある女性はそうでない裕福な家庭に育った女性よりも「生活に困る」ということの恐怖心が強くあります。

そうした女性は養育に協力的な良い父親的な男性よりも、生活に困る可能性の低い社会的地位が高く権威のある男の方を好むでしょう。

魅力的な女性

そもそも魅力的な女性は自分に自信があります。そうした女性は他の女性からも好かれるような男性にこそ好かれたいと考えるでしょう。

もっとも、女性は男性よりも「好み」の幅が狭くただ「権威のある男」だからといって好きになるわけではありません。

その男性が「好み」でさらに「権威ある男性」だった時により「好かれたい」と思うというのが適切な解釈です。

権威のある男はモテる!

ここまで権威のある男がモテる理由を解説してきました。

「どうしようもない暴力的な男」は男性ホルモン「テストステロン」の分泌が多く「強い男、優秀な遺伝子」としてモテるでしょう。

「権威のある男」もまた男性ホルモン「テストステロン」の分泌が多く「強い男、優秀な遺伝子」としてモテるというわけ。

現代ではこの2パターンがわかりやすい「モテるパターン」です。

「非モテパターン」である「優しくて家庭的」な「良い父親遺伝子」にもこうしたパターンがありそうですよね。

このあたりの話の基本的なことは、以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてみてくださいね。

ニコ生主・YouTuber・お笑い芸人がモテるのはなぜ?有名人から学ぶモテる男性の共通点5選

俳優やモデルなどのイケメン芸能人がモテるのは納得ですが、最近ってちょっとブスでもモテませんか?特にYoutuberやニコ生主などの配信者、お笑い芸人が女性とパコリまくっています。 「そんなにイケメンじ …

続きを見る

ベッドに仰向けに横たわり微笑む女性
セフレとは一体どんな関係?セフレを科学で紐解いてみる

セフレの意味って考えたことがあるでしょうか? 「性行為を目的とした情緒的な感情(恋愛感情)を持たない男女の関係」 なぜ女性はセフレになりたがらないのでしょうか。 なぜ男性はセフレを欲しがるのでしょうか …

続きを見る

注目記事

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
鷹

女好きが高じてアダルトブロガーになった30代男。 1,000万円を費やしてもなお飽きることのない女遊び。 「セックス無くして幸福無し」 女とエロとセックスを突き詰め続けていきます。

-恋愛テクニック
-,

© 2021 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5