セフレと女性

セフレ沼とは一体なに?ハマるとどうなる?実体験から解説するヤバい沼男サインの見分け方、沼りやすい女性の特徴

セフレのことばかり毎日考えている、そんな人はすでに沼にハマってるかも。

セフレ沼は、一度足を踏み入れるとなかなか抜け出せない恐ろしい場所です。

相手といると心地よい、幸せと感じるかもしれませんが、この記事に辿り着いた時点で

「彼と一緒にいるのは、将来的に良くない」

と感じていませんか?

そんな方のために、セフレ沼の概要セフレ沼にハマった女の末路を紹介します。その上で沼らせ男の特徴沼りやすい女の特徴も解説。その上で、沼から抜け出すシンプルな方法も教えます!

数々の沼にハマってきた私の体験談も紹介しているので、今沼にハマっている人・ハマりかけの人はぜひ読んでみてくださいね。

セフレ沼とは?

セフレ沼とは、セフレにハマってしまってどうしようもない状態に陥ることです。

この”沼”はいろいろなジャンルで使われており、ゲームや二次創作などにハマることを”沼”と表現します。沼は足を踏み入れると、ズブズブと沈んでいって脱出が難しいことが語源となっているようです。

セフレ沼とは、相手の男性に対してハマり精神的な不調をきたしたり、相手のことばかり考えて仕事が手につかない状態になることです。沼にハマると抜け出すのが難しく、いろいろなことに支障が出ます。

セフレ沼に陥るとどうなってしまうのか?私の体験談を告白

セフレを作る女性は、「私は沼らないから大丈夫」と思っていますよね。

私も最初のうちは「私は割り切りもOKよ」と自信満々だったんです。しかし、そういうタイプの女性の方は要注意。

詐欺と同じで「私は騙されたりしない」と思っている人ほど、騙されるものです。

ここからはセフレに沼った私がどうなったか?をお伝えします。

相手の連絡を待つようになりソワソワ1日中落ち着かない

セフレに沼ってから、スマホを常に机に置いてソワソワするようになりました。彼からの連絡がないと落ち着かず、常に待っている状態になってしまったんです。

連絡がないと落ち込む、きたら嬉しくて即レスみたいなことをしていました。私って結構現実主義者なのですが、沼りすぎて彼から連絡が来るおまじないまでやってましたからね…(笑)

今思えばうざい女なのですが、沼らせる男って預け状態を作るのがうまいんです。まんまとその策略にハマってしまい、私は彼からのお誘いや暇潰しのLINEを待つようになってしまいました。

相手の連絡に一喜一憂してしまう

セフレからの連絡が来ても、内容で気持ちはジェットコースターのように上下しました。

相手から私への好意が感じられる内容なら嬉しくなって、そっけない気がしたら落ち込むような状態です。絵文字が含まれていないと「怒ってるのかな?」と不安になったりしていましたね。

今思えば別にどうでも良いことなのですが、セフレ沼に肩まで浸かっていた私にとって、彼のLINEのテンションは非常に重要でした。

相手のことが気になって仕事が手につかない

セフレにガチ恋している状態なので、仕事にも集中できませんでした。「今何してるのかな」「連絡まだかな」みたいなことばかり考えて、ミスも連発です。

当時私はキャバ嬢だったのですが、接客も適当になりお客様もキレる始末。

ちょっと連絡が来ないと「他の女とあってるのかな」と考えてしまってテンションが落ち、売上も同時に落ちました。

セフレの話ばかりするので周囲にウザがられる

友達にもセフレの話や相談ばかりしていたので、周囲もだんだん呆れ顔になってきました。

親友は諦めろと忠告してくれていましたが、当時の私は自分に都合の良い言葉しか聞きたくない状態。

「でも、だって」を繰り返して、段々親友も私に冷たくなりました。

セフレ優先でスケジュールを立てるので友達がいなくなる

セフレが最優先なので、スケジュールも立てられません。いつ誘いが来るかわからないので基本的に予定は開けていました。

私のセフレは週に1〜2回、気が向いたら誘ってくる感じだったので、友達との予定は当然立てられない。断ったら嫌われるかもと思うので、友達との約束をドタキャンしたことも100回くらいあります。

その結果遊びに誘ってもらえなくなり、友達との関係が疎遠になってしまいました。

他にもセフレがいるかもと考えて疑心暗鬼になる

セフレと会っている時も、他に女がいるんじゃないか常に不安でした。彼がスマホで何か打ち込んでいると「他のセフレと連絡してるんじゃないの」と疑いました。

クンニの方法がちょっと変わっただけで「他の女にアドバイスされて、新しいテクを身につけたのでは」と疑っていましたからね。今思うとクソうざいですが、セフレ沼にハマっている時の私はメンヘラ疑心暗鬼女でした。

エッチ中だけでなく、日ごろ連絡が来ないだけでも「彼女ができたのかも」と思ってしまったりして、とにかく毎日憂鬱でしたね。

嫌われないように好意を隠すのでメンタルにくる

セフレから本命になりたいと思っていましたが、好意を伝えると嫌われることもなんとなく理解していました。彼の前では物分かりの良い、セックスにオープンな女のふりをしていました。

連絡がなくても平気、なんならあなたの他にも男がいるわよ、みたいな感じの演技をしていたんです。心と行動が一致していないため、段々メンタルが弱ってきます。

彼の本心を知りたいけど聞けない状態なので、私はだんだん電話占いに頼り始めました。霊視できる占い師を指名して、彼の本心を聞こうと思ったからです。セフレに沼っていた私は電話占いにも沼るようになり、月間で30万円以上占い師との電話にお金を払っていました。

「彼はあなたが好きだけど、彼氏になる自信がないのよ」などと言われ、一時的に安心する。でも次の日にはまた不安になる、の繰り返しだったからです。

セフレ沼にハマってメンタルが弱り、判断力が鈍った私は電話占いの沼にも同時にハマりました。


まとめるととにかくセフレ沼はメンタルにきます。仕事に支障がでたり、友達との関係も一時的に悪化しました。

セフレ沼に陥りやすくなる!ヤバイ男の特徴

私を含めて女性をセフレ沼にハマらせるやばい男の特徴を紹介します。

沼らせ男の特徴

  1. 優しい
  2. 可愛い・好きなど甘い言葉を抵抗なく言える
  3. 人をコントロールするのがうまい
  4. 「〇〇が彼女だったら良いのに」と言ってくる
  5. キスが好き
  6. エッチがうまい
  7. 心配させるのが得意
  8. 嫉妬させるのがうまい
  9. 「恋愛感情がないんだよね」と謎のセリフを言ってくる
  10. 女性のコンプレックスを利用する

今から紹介する10個の特徴のうち半分に当てはまったら、沼らせ男と言って間違い無いでしょう。まだ沼にハマってないなら、今のうちに別れることをおすすめします。

1.優しい

沼らせセフレは、とにかく優しいんです。気を使うのが上手で、一緒にいると「この人は私に惚れてるんじゃないの?と錯覚させます。あまりにも優しいので、勘違いしてしまうんですね。

実際は女性に慣れていて扱いがうまいだけで、好意があるわけではありません。私の経験上、女の扱いがうまい男性は姉や妹がいる女系家庭の出身者が多いです。

優しくて一緒にいて心地よいと感じるセフレには要注意!

2.可愛い・好きなど甘い言葉を抵抗なく言える

沼らせ男は、口も上手です。女の子を喜ばせる言葉をサラッと言えちゃうのが怖いところ。「かわいいね」と良く褒めてくれたり、エッチの最中に「好き」と言ってくることもあります。

彼らにとってはペッティングの一貫なんですが、私たちからしたらときめいちゃいますよね?

口がうまく、恥ずかしいセリフも言えちゃう男性には注意しましょう。

3.人をコントロールするのがうまい

無意識か意識的か、セフレ沼にハマらせる男は人をコントロールするのが上手です。

例えば毎日のようにデートに誘ってきて、急にピタッとお誘いがなくなる。ちょっとひどいことを言って傷つけてきて、後から謝って優しくしてくるなど。

人って緩急のある態度を取られると、相手を過剰に意識してしまうんです。彼らは私たちの心理を操るのが非常に上手で、気づいたら相手に主導権を握られています。

4.「〇〇が彼女だったら良いのに」と言ってくる

悪気はないのでしょうが、「〇〇が彼女だったら良いのに」と普通に言ってくるのも特徴です。匂わせ以外の何者でもないこのセリフを、普通に言ってくるのが沼らせ男子の特徴。

こんなこと言われたら、告白されるかもって期待しちゃいますよね。

しかし、沼らせ男たちは特にこの言葉に意味を持っていません。おそらく一時的にそう思ったから口にしたに過ぎないのです。

5.キスが好き

セックスの最中にめちゃくちゃキスしてくる人も多いと思います。

女性は好意のない相手とはあまりキスしたくない人が多いため「この人私のこと好きなんじゃ?」と勘違いする原因になるんです。

エッチの間中チューされているので、こっちもメロメロになってしまいます。

6.エッチがうまい

沼らせ男はテクニック豊富で、セックスはかなりうまいです。エッチがうまいので、また会いたくなり、会うたびに相手にハマる悪循環。

沼らせ男はモテますから、当然女性経験が多くエッチも上手くなります。

気持ちよくて次の日に「ああ〜昨日もよかったなあ、またしたいわあ」と思ってしまうくらい、本当にエッチがうまいのも沼らせ男の特徴ですね。

7.心配させるのが得意

ちょっとメンヘラ気質を持っているのも、沼らせ男の特徴だと思います。急に連絡が取れなくなって心配をかけたり、夜中に「凹んだ」とだけLINEしてきたりするんです。

甘えてくるので可愛くなって、段々好きになってきます。面倒見の良い女性はこのタイプの男性に注意してくださいね。心配して、あれこれ世話を焼いているうちに沼にハマります。

私はもともとさほど面倒見が良いタイプでもありませんが、彼が頻繁に風邪をひいたり、凹んだと連絡してくるうちに段々彼が心配になってきました。そして段々と「彼は私を頼ってくれている」と思うようになり、気づいたら沼にハマってしまいました。

8.嫉妬させるのがうまい

セフレ沼らせ男は、私たちの嫉妬心を煽るのも上手です。会話の中で女の存在を匂わせて、夢中にさせてくるんです。

例えば「昨日何してたの?」と聞いたら、「ん?別に…ふふ、教えな〜い」と匂わせます。他の女といたから言えないのかな?とヤキモキさせるのが作戦です。

過剰に嫉妬心を煽られているうちに独占欲が呼び覚まされ、気づいたら彼に夢中にさせられています。

9.「恋愛感情がないんだよね」と謎のセリフを言ってくる

沼らせ男はよく、「恋愛感情がない」という謎のイキリをかましてきます。普段は優しく「私のこと好きなのかな?」と期待させておいて、急に崖に突き落としてくるんですよね。恋愛感情がない、つまり今付き合うのは無理って言われているようなものです。

でも、今恋愛感情がないだけだからいつかは…と期待できてしまうのも、このセリフの悪いところ。沼らせ男の緩急のある言動により、私たちは振り回されてしまい、沼にハマっていきます。

私はこのセリフを言われて「今は恋愛に興味がないだけで、恋愛モードに入ったら私を選んでくれるように頑張ろう!」とめっちゃやる気を刺激されていました。

今思えば単なる釘刺しなのですが、恋愛にハマっている女性は、相手の言葉を冷静に判断できないのでかえって沼にハマってしまうんですよね。

10.女性のコンプレックスを利用する

沼らせ男たちは、女性のコンプレックスを利用するのも上手です!

例えばですが、私の友人はちょっとぽっちゃりしていたのですが、そんな彼女に相手のセフレは「プニプニしてる〜俺はこっちの方が好き」と良く言っていたそう。彼女に太っていると自覚させつつ、「俺は好きだよ」ということで、より一層彼女をハマらせるテクニックですね。

私は昔自己肯定感が低く、「誰にも必要とされない」ことに恐怖を持っていました。

私のセフレは褒め上手で、何をしても褒めてくれます。そして、「やっぱり〇〇(私)はすごいね」と言ってくれるんです。結果的に、彼に褒められている時だけ自己肯定感を感じられるようになった私は、相手にどっぷり依存。沼にハマりました。


以上が沼りやすい男の特徴。大体は無意識におこなっていることが多く、彼に悪気はありません。

しかし女性の自尊心や乙女心を刺激するには十分な効果があります。

この特徴に当てはまるセフレがいる方は、気づいたら沼にどっぷり状態になることが多いので注意しましょう。

セフレを作らない方が良い!沼りやすい女性の特徴

セフレ沼にハマりたくないなら、セフレを作らないのが1番の対処法です。

特に今から説明する特徴に当てはまる女性は、セフレ作りに向いていません。まともに彼氏を探して真っ当な恋愛をした方が幸せになれるでしょう。

自分に自信がない

自分に自信がない人、自己肯定感が低い人は、セフレに沼ります。セフレに抱かれている時だけ幸福感を感じたり、自信を感じられるため、相手に依存してしまうからです。

また、コンプレックスが多い人も、男性にうまく自尊心を刺激されて操られてしまいます。

先ほど私の体験談を紹介しましたが、自己肯定感が低い人は自分を認めてくれる相手にハマりがち。相手と会っている時だけ万能感を感じられるようになったら、沼から抜け出せなくなります。この手のタイプの女性はセフレを作るのに向いていません。セフレを探している暇があったら、自己肯定感を感じるトレーニングを試した方が良いでしょう。

私は自己肯定感トレーニングとして、褒め日記を実践しています。毎日日記で自分を実践するだけで簡単だし、徐々に自己肯定感がついてくるのでやってみてください。

男性経験が少ない

男性経験がない人も、セフレに沼りやすいです。男性の言動の裏を読み取れないので、まんまと手中に落ちます。

ちょっと優しくされたら「この人私が好きなのでは?」と思うタイプの人は注意して。私は女子校出身なので男性経験がなく、男性が重い荷物を代わりに持ってくれるだけで「この人私に惚れてるのかな?」と思う始末でした。

私の体験談に共感できる人は、セフレ作りには向いていないと思います!まずは恋愛をして、男性経験を増やしましょう。

面倒見が良くて頼りにされやすい

しっかり者タイプの人も、意外とセフレ沼にハマりやすいです。私の親友のYは、長女で部活でも部長を務めるリーダー気質。面倒見が良くて、一人っ子気質の私のことも面倒見てくれるタイプです。

そんな彼女が去年セフレ沼にハマっていました。Yのセフレは甘え上手で、Yに手料理を作ってとおねだりしたり、寂しいと言って良く電話してきていたようです。

「私のセフレはメンタルが弱いから、なるべく優しくしてあげたい」が口癖になっていくY。完全に沼にハマっていたので忠告はしましたが、受け入れてくれませんでした。

結果的にセフレは甘える対象の女性が5人くらいいて、Yはその中の1人に過ぎないことがわかり、Yが傷ついて終わりました。

このように、今までリーダーをしてきたり、人の面倒を見て充実感を感じるタイプの女性はセフレに頼られると断れずに沼にハマりやすいので気をつけてくださいね。

負けず嫌い

負けず嫌いの人も、セフレ沼にハマりやすいです。他の女性の存在をちらつかされて燃えてしまって、沼にハマってしまいます。

そのほか、男性から冷たくされるほど「振り向かせて見せる!!!」とやる気を出すタイプの人も多いですね。

実は私も負けず嫌いで、セフレに「他の女の子とデートがあるから」と言われるとその度にやる気を増していました。美容にお金をかけて、料理教室に通い、セフレには物分かりの良い女を演じていましたが、最終的に歪みが出て病みました。

セフレを作るような男性はもともとチャラいので、どんなに頑張っても無駄なことが多いです。負けず嫌いの素質は仕事などに活かしましょう。

流されやすく押しに弱い

流されやすく、誘われると断れないタイプの人もセフレ沼にハマりやすいでしょう。

基本的に意志が弱く、セフレに誘われるとフラフラ出かけて沼から抜け出せないからです。例えばセフレと会わない方が良いとわかっているのに、呼び出されると出かけてしまう人。

友達の誘いも断れない人、断ったら「嫌われるかも」と感じるタイプの女性は注意してください。

セフレからの呼び出しを断れず、都合の良い女になりやすいです。また、もう会わないと決めても意志が揺らぎやすく、結局会ってしまうことになりやすいでしょう。

人の言動で一喜一憂しやすい

メンタルが弱く、人の言葉で影響を受けやすい人も沼りやすいです。友達に言われたことをいつまでも気にする人は、セフレを作らない方が安全。沼らせ男は言動が一致せず、昨日は好きと言ってくれても今日は冷たい、など相手を振り回します。私は昔は割とメンタルが弱く、常に人の顔色を伺っていました。

当時のセフレは気まぐれで、1週間うちにいたのに次の2週間は連絡が取れないようなスナフキンみたいなやつだったんです。私はスナフキンの言動でその日のテンションが決まるくらい振り回されていました。

スナフキンと会える日は元気で、会えなくなると落ち込むような生活。これが続くとメンタルが落ち込んできます。

メンタルが落ち込んでスナフキンを切ろうと思っても、次に優しくされると嬉しくなってしまい、結局スナフキンを家に入れてしまうという生活でした。

当時の私は人の顔色を気にして、人に好かれるのが最優先。そういった心の弱さが原因となり、沼にハマっていた気がします。

セフレ沼に陥っている女性向け!セフレ沼からの脱出方法

セフレ沼に既にハマっている人は、一刻も早く沼から脱出したいですよね。

今までいくつもの沼にハマってきた私が、セフレ沼から抜け出す方法を教えます。

セフレとの連絡を全て断ち切る

セフレの連絡先をブロックした上で削除して、2度と連絡が取れないようにしましょう。iPhoneなどを使っている方は、連絡先がクラウドに保管されている場合がありますので、そちらも削除してください。

とにかく接点を無くすのが、沼から脱出する最善かつ最速の方法です。

少しでも連絡が取れる可能性を残していると、また自分から沼に逆戻りしてしまいます。

絶対に連絡が取れない環境を自ら作るようにしてください。「私がいないと彼が寂しがるかも」なんて思わないで!相手は特に私たちのことなんてなんとも思っていません…。

友達との予定を詰め込む

連絡を取らないと決めても、ついつい寂しくなってしまいます。そんな時は友達との予定を詰め込んで、1人の時間を無くしましょう。1人でいるとあれこれ考えて、セフレに連絡したくなるので、友達といた方が気が紛れます。

今までセフレ優先にして友達が離れてしまった方は、まず素直に友達に謝罪してください。その上で「今セフレを断ち切ろうと思ってるんだけど、1人になると寂しくて連絡してしまうかもしれない」と伝えて、なるべく一緒にいてもらいましょう。

私はこの方法で親友を取り戻し、セフレも断ち切れました。

まとめ

セフレ沼はハマると仕事・生活・友情にまで支障をきたす恐ろしいもの。

私ももう2度とハマりたくないです。

セフレ沼にハマりやすい方は、そもそもセフレを作ってはいけません。すでに沼にハマっている人は、周囲の助けを借りて彼からの距離を取りましょう。

沼から抜け出すには、とにかく彼の存在を生活から消すことです!

記事の内容を参考にして、セフレ沼から抜け出す(またはハマらない)ヒントにしてくださいね。

注目情報

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

女性ライター陣

20代〜40代の性経験豊富な女性ライター陣。 ワンナイトラブやセフレなどの豊富な性経験だけでなくDVや不倫など様々な経験をしてきた女性ライター達があなたのお役に立てるよう書き上げます。

-セフレと女性
-,

© 2022 東京裏スポ体験記 Powered by AFFINGER5