セックステクニック

日本人のセックス満足度は最悪!男女が真剣にエッチの満足度を向上すべき理由と方法

チクフェチちゃん

歌舞伎町でキャバ嬢として勤務するうちに、経験人数がやたら増えた経験を持つ。

齢1歳からオナニーを始めるなど性の開花が早く、気持ち良いことを追求するように。

最近ハマってるのは乳首責めクンニ。豊富な経験から楽しいセックスについて情報発信中。

最近知ったのですが、日本人のセックス満足度は最悪なんだそう。

せっかく好きな人とするなら、満足がいくエッチをしたいですよね。そこでこの記事では日本人のセックス満足度が最悪な件、頻度や回数についてのデータ、男女別の性への不満や理想のセックスを解説。

さらに、より質の高い満足がいくセックスをするコツを紹介しています。

筆者も一時期彼氏とセックスレスになったり、エッチ自体が気持ち良くないと悩んでいた時期がありましたが、心がけで今は質の高いセックスができています。

セックスの満足度は幸福度と比例するともいわれるように、人生において大事なこと。あなたも記事の内容を実践して幸福度をあげて、よりハッピーに生きていきましょう!

セックスの満足度が低いと幸福度が下がる

セックスの満足度と幸福度は比例しているというデータがあります。

「プレジデントオンライン」の記事によると『セックスが活発でない人が同じ幸福度を味わうためには、年間5万ドル余分に稼がなければならない』という、経済学者さんの言葉もあるそうです。

つまり頻繁に満足いくエッチができることは、500万円もらうことに等しいということ。

日本はセックスの満足度が低いうえに、増税だの給料が増えていないだの物価が上がるだの…お金まで稼ぎにくい国になっています。

別にお金がなくても、心が幸せならハッピーなわけじゃないですか。日本人のセックス満足度を上げればみんなハッピーで景気も上向きになり、少子化問題も解決するかもしれませんよね?

後ろ向きになりがちな今だからこそ、パートナーとの愛情表現の1つであるセックスの質を上げるべきだと私は思います。

管理人コメント

海外だけの話か?と言えば、実は日本人にこそより当てはまる様な話な気がしています。

20年続くパートナーが居る友人に聞けば、

「言葉では照れくさくて伝えられないけれど満足な性生活ができていれば愛情を感じることができる」

とか。なんともノロケられた様な気分になってしまいますが、愛情表現に乏しい日本人こそ性生活は大切なのかもしれませんね。

【そりゃ少子化になるわ】日本人のセックス満足度が最悪な件

事件です!なんと日本人のセックス満足度って世界でも最下位レベルなんです。

もともと日本人はエッチの頻度が世界一少なく、セックスにかける時間も短時間であるというデータが過去に発表されていましたよね。

  1. セックスに満足している女性は約5割しかいない
  2. 性行痛を感じている女性はなんと6割!
  3. セックスと射精の回数がズレている
  4. 男女でセックスへの熱量がズレている
  5. そもそもセックスの目的も違っている

そこからさらに踏み込んで、コンドームメーカー「ジェックス」さんが統計をとったセックスについてのアンケート(PDF)を読み込んでみました。

すると、日本人の男女がエッチに関して満足できていないことがわかったんです。

セックスに満足している女性は約5割しかいない

まずセックスに満足している女性は、全体の5割しかいないそうです。女性はオーガズムに達せない人が多かったり、痛みがあったりして、なかなか身体的に満足できるエッチができないみたいですね。

この記事をもし男性が読んでいたら、あなたのパートナーは実は満足していないかも。

だって日本女性の二人に一人が満足できていないわけですから…。

性行痛を感じている女性はなんと6割!

さらに衝撃だったのが、なんと60%の女性はセックスの最中に痛みを感じているそうです。いつも痛いわけではなく、たまに痛いとか入れる時だけ痛いとか頻度の違いはありそう。

しかし、セックスに痛みが伴うと安心して体を開けないし、気持ちよくもなれませんよね。

セックスと射精の回数がズレている

男性のエッチの回数と、射精回数は大きくズレていることもわかりました。射精とエッチの回数が一致しているのは、アンケートをとった人の23%しかいませんでした。

つまり、その他7割強の男性はオナニーでイッている回数の方が多いということです。

男性はオナニーで自己処理している機会が多く、その分エッチの回数は減るということ。パートナーがエッチに応じてくれなくて、仕方なく自己処理している人も多いみたいです。

男女でセックスへの熱量がズレている

アンケートを見ると、8割の男性がエッチしたいと思っているものの、女性は4割しかしたいとは回答していません。

つまりエッチへの熱量もズレているのです。男性側がしたいと思っても、女性がしたくないと思えば当然セックスは成立しません。

いやいや応じたとしても、男性は彼女が感じているか気になって、気が乗らないのに無理に付き合ってもらっているような気まずいエッチになってしまいます。

そもそもセックスの目的も違っている

男女のエッチの目的についても、価値観が違うことがわかりました。男性の目的は快楽を得るためであり、女性は愛情を表現するためと答えていました。

これについてはよくいわれることなのでわかっていたものの、アンケート結果で明確になるとハッとする思いですね。

男性は気持ちよくなりたい、女性は愛情を感じたい。目的が違うので、エッチに求めるもの自体がずれてしまって、そのずれが大きくなって日本人はセックスレスになっていくのではないでしょうか?

もっと知りたい!日本人のセックス事情

日本人のセックスについてより深く調べてみました。

  1. セックスの頻度は月に2〜3回
  2. 同棲するとセックスの頻度が低下
  3. 5%のカップルしか1日に2回以上シテない

次はエッチの頻度や回数について解説します。

セックスの頻度は月に2〜3回

日本人の平均セックス回数は、全年代で月に2〜3回くらいだそうです。つまり週に1回もしていない計算になります。

一方でギリシャのセックス回数は月に11.5回(年間138回で世界一位)となっており、なんと日本人より4倍もエッチしています。

JEX SEX SURVEY 2020 調査結果報告書(PDF)」によると20代男性ですら毎日する人が全体の3.6%程度しかおらず、半数以上は「していない」と答えています。

20代女性に至っては0.4%しか毎日はしていません。年齢が上がるごとにセックスの頻度は低下傾向にあり、ほぼセックスレス状態に陥っていきます。

同棲するとセックスの頻度が低下

セックスの頻度は、同棲している男性の方が低いそうです。反対に同棲しておらず一人で住んでいる人の方が、性欲が旺盛で頻度が高い傾向にあるんだとか。

おそらくこれは、男性が視覚的な情報を取り入れる習性に原因があると思われます。

男性は毎日女性を見ていると目が慣れてしまい、飽きてしまうのです。そのため女性としての魅力が薄れたように感じてしまい、エッチの頻度が下がります。

また同棲にしても、女性がそもそもエッチしたがらないので、機会が得られない可能性もあるでしょう。

5%のカップルしか1日に2回以上シテない

さらに1日のエッチの回数についても、衝撃的な結果が判明しました。95%のカップルは、1日1回しかエッチしないそうです。

月に2〜3回しかエッチの機会がなく、そこで1回しかしないので、当然少子化するわけです。

以上のように日本人は世界から見ても、エッチしない民族だとわかりました。

男女それぞれが持つセックスへの不満や悩み

男女それぞれが持つセックスへの不満や悩みを、男女別に紹介します。

  1. 男性が抱える性に関する悩み
  2. 女性が抱える性に関する悩み

この記事を読んでいる人は、自分と違う性別の人がエッチについて悩んでいることがわからないはず。

人間はつい「私の方が辛い」となりがちですが、相手の気持ちを理解したら、もっと良いセックスができるかもしれません。

男性が抱える性に関する悩み

まずは男性が抱える性に関する悩みは、以下のようなものです。女性の皆さん、心して読んでください。

  1. 彼女がセックスに積極的じゃない
  2. マンネリしてしまっている
  3. 性欲が落ちている
  4. 勃起が維持できない
  5. 射精に勢いがない

悩みを解決する方法は後ほど紹介するので、そちらも参考にしてくださいね。

彼女がセックスに積極的じゃない

まず男性のセックスに関する悩みは、彼女がエッチに積極的じゃないことです。冒頭のアンケートでも紹介した通り、男性の8割がセックスしたいと思っているのに対して、女性でしたい人はわずか4割。

男性が誘っても面倒くさがったり、応じたものの適当に喘いで済ませている人もいるのではないでしょうか?

彼女がセックスに積極的じゃないと、当然男性も楽しくありません。本来エッチは二人で高め合うものなのに、自分だけ一生懸命だと虚しくなりますもんね。

マンネリしてしまっている

彼女とのエッチがマンネリしてしまい、いまいち盛り上がらないと悩んでいる人もいます。人間の脳は新しいものに対して反応する習性があり、慣れ親しんだものはおざなりになりがち。

男性は特に視覚で情報を得るので、彼女を見慣れると裸体を見ても興奮しにくくなります。マンネリすると当然エッチが惰性になってくるので、楽しいという気持ちが湧きません。

性欲が落ちている

年齢に伴って性欲が落ちていることで、悩んでいる人もいます。私の彼氏なんて、30代後半くらいから性欲が落ちていきましたからね。男性の性欲のピークは20代で、30代に差し掛かると緩やかに下降していきます。

まだまだ若い30代・40代なのに性欲がなくなり、不安を感じてしまって、エッチ自体が怖くなっている可能性もあります。

勃起が維持できない

年齢を重ねると、勃起が維持できないと悩んでいる人もいます。いわゆる中折れですね。うちの彼氏もめちゃくちゃ中折れするのですが、一時期はエッチが怖いとすら言っていました。

中折れすると自分に自信がなくなり、女性を満足させられないダメな男だと思ってしまうんだそうです。

確かに男性はエッチしたいという気持ちは強いので、勃起が維持できないと落ち込んでしまうと思います。

射精に勢いがない

また歳をとって、射精に勢いがないと悩んでいる人もいます。私の友人は精液がピュッとでずにダラダラ流れるようになったことで、すごく落ち込んでいました。

おそらく年齢によるものや、筋力の低下が原因らしいのですが、男性にとっては重大なことなんですね。

女性が抱える性に関する悩み

次は女性が抱えるセックスに関する悩みを紹介します。

  1. 気持ちよくない(痛い)
  2. オーガズムを感じられない
  3. 恥ずかしくて積極的になれない
  4. 彼が求めてくれなくなった
  5. 妊娠が怖い

男性とはまた違う悩みを持っていることがわかります。女性側がエッチしたがらない理由を理解することにもつながるので、男性はよく読んでみてくださいね。

気持ちよくない(痛い)

女性はセックスで痛みを感じることが多く、痛みによって快楽が感じられないことがあるようです。私はエッチが気持ち良い方ですが、そんな私でもたまに痛みを感じます。

膣が狭い人や、浅い人は挿入した際にきつくて痛くなることもあるようです。またクリトリスや乳首が敏感な人は、前戯でいじられると痛く、集中できません。

本当は気持ちよくなりたいと思っているのに、痛いから気持ちよくなれないというジレンマを感じている人は多いです。

オーガズムを感じられない

セックスでイケないことで悩んでいる女性は、非常に多いです。比較的イキやすい性感帯であるクリトリスですら、オーガズムに達せない人がいます。

確かにイケないとエッチの快感がわかりませんし、区切りがつかない中途半端なセックスになってしまうので、満足感が減ってしまうでしょう。

恥ずかしくて積極的になれない

女性はセックスに対して羞恥心を感じており、積極的になれない人も多いです。あまりエッチに積極的だと男性に引かれるのではないかと思ってしまい、なかなか自分から誘えません。

またエッチ中もどうしても受け身になりがちで、気持ち良いと感じていると表現できないのです。

筆者もウブだった頃はエッチに消極的で、彼が誘ってくれるまで常に待っているような状態でした。女性は男性にどう思われるか、エッチな女だと思われたくないと思っています。

彼が求めてくれなくなった

エッチしたいと思っていても、彼が求めてくれなくて不安を感じている人もいます。

男性は年齢と比例して性欲が落ちていくので、夜のお誘いも減ってきます。また同棲によるマンネリで、彼が誘ってこなくなることも。

私の彼も仕事が忙しくなると急激に性欲が落ちて、急に誘ってこなくなるので不安になることがあります。自分から「したい」とは言い出せず、そのままエッチの頻度が減って、さらに悩むことになって行きます。

妊娠が怖い

女性は特に、妊娠を恐れている人がいます。エッチ自体はしたいけど、妊娠したくないと思うため、男性の誘いに乗れません。

確かに妊娠すると、女性の身体に多大なリスクが伴います。避妊すれば可能性は下がりますが、100%大丈夫とは言い切れませんからね。

妊娠が怖いことからセックス自体に拒絶感を持ってしまい、エッチを素直に楽しめない女性も多いです。

そもそも満足できるセックスとは?男女別に解説

そもそも満足できるセックスとはなんでしょうか?男女性別ごとに解説します。

  1. 男性の意見
  2. 女性の意見

最近よく「女性が本当に気持ち良いエッチはこれだ!」みたいな意見がありますが、私はセックスって片方が気持ち良くてもだめだと思います。

お互いが気持ち良くなれる性行為が何かを理解して、より快感を得られる営みを目指しましょう。

男性の意見

男性が満足できるセックスとは、以下の2つのようなものです。

  1. 彼女と一緒に盛り上がるセックス
  2. 勃起力の低下を感じずにするセックス

1つは彼女と一緒に楽しめるセックス、もう1つは自身の衰えを感じないセックスです。それでは1つずつ見ていきましょう。

彼女と一緒に盛り上がるセックス

男性が満足できるエッチとは、彼女と『一緒に』盛り上がるセックスです。男性はエッチをスポーツと捉えているという意見があるように、一緒に楽しみたいんですね。

当然彼女がエッチに消極的な場合は、一緒に楽しんでいる感じがなく、満足できません。

勃起力の低下を感じずにするセックス

次に男性を満足させる要素は、勃起力の衰えを感じないセックスだそうです。人は誰でも自分が老いたと感じると、死が近づいた感じがして怖くなりますよね?

男性が特にそれを感じるのが、セックスへの関心が低下したり、勃起力が落ちた時なんです。

特に男性はエッチしたいという気持ちが強い生き物なので、したいのにできない、衰えていると自覚すると落ち込んでしまいます。

そういう衰えを感じずに、バキバキに勃起してエッチできれば、男性は不安なく気持ちよくイケるわけです。

女性の意見

次は女性が満足できるセックスを解説します。

  1. 愛情をたっぷり感じられるセックス
  2. 快感を感じられるセックス

男性の方は女性がなぜセックスに消極的なのか、その理由を考えてみると、もっとパートナーがエッチに積極的になってくれるかもしれません。

愛情をたっぷり感じられるセックス

女性が満足できるセックスはもちろん、愛情を感じられる行為です。女性がエッチする動機は、愛情を表現して彼の愛を感じること。つまり、愛情が感じられないならしなくても良いと考えています。

前戯が適当だったり、キスも最初にちょっとして終わりだと、パートナーが精神的に満足できる行為にならないでしょう。

女性を満足させるには肉体面よりも、精神面を満足させてあげたほうが良いのです。

快感を感じられるセックス

痛みを感じたり、イケない悩みを抱えている女性は、快感を感じられるセックスを理想とします。純粋に気持ちよくて、「もっとしたい」と思えるようなセックスをしてみたいと思っているのです。

さあセックスを向上させよう!日本人の性行為をより気持ちよくするコツ

今後より良いセックスをするために、性行為の満足度を高めるコツを紹介します。

  1. エッチへの価値観を話し合う
  2. セックスのための時間を意識して作る
  3. 日頃からキスやハグなどのボディタッチ・愛情表現を増やす
  4. 痛みを軽減するローションやゼリーを使う
  5. 勃起力トレーニングをしてみる
  6. 前戯に時間をかける
  7. マンネリなら場所を変える・おもちゃを取り入れるのもおすすめ
  8. イケなくても気にしない

私はカップルや夫婦の関係を円満にするために、セックスは欠かせないコミュニケーションの1つと考えます。日頃から彼と心がけているルールを紹介するので、あなたも取り入れてみませんか?

エッチへの価値観を話し合う

日本人の男女に足りないのは、エッチへの話し合いです!パートナーとセックスについて話し合ったことありますか?

私も前は話し合いなんて恥ずかしいと思っていたのですが、一時期セックスレスになったことをきっかけに彼と話し合った結果、気持ち良いエッチができるようになりました。

彼がどんなものを求めているか、私がしたいエッチとは何かを伝えることで、相互理解が深まります。二人で話し合って「嫌な行為」「してほしいこと」がわかれば、二人で気持ち良くなれます。

またエッチに対して話し合うことで、羞恥心が良い意味でなくなり、より開放的にエッチできるようになりました!

セックスのための時間を意識して作る

大人になると忙しくて、なかなかセックスのための時間を作れませんよね。ですが、忙しさにかまけてなんとなく「しない」時間が長くなると、どんどんレスに。

私とパートナーは意識して、週に1回は最低でもすることに決めています。最近は土日のどちらかに昼間からして、復活したら夜にもう1度するようにしていますよ。

義務にする必要はありませんが、意識して時間を作ることで、二人の間に「今週末はどんなエッチをしようかなあ」などと、ある種のルーティンとしてセックスが組み込まれます。

セックスレスになって、愛情を感じられずに気持ちが冷めるのも防止できるので、意識してエッチの時間を作りましょう。

日頃からキスやハグなどのボディタッチ・愛情表現を増やす

エッチの時だけキスしたりしても、女性は満足しません。そのため、常日頃から愛情表現をしておきましょう。

また女性側も男性がお誘いしやすい環境を作るために、積極的に触れてみてください。やっぱりボディタッチがないと、お互いに「まだ自分のこと好きかな?」と不安になっちゃうんです!

ボディタッチしたり、行ってきます・おかえりのキスをするなどのスキンシップ、あとは言葉で「好き」と言い合ったりするのも大事!

私の彼もあまり愛情表現が上手じゃない人でしたが、私が根気強く訴えたことでやっと変わってくれて、今は良い感じです。

お互いにスキンシップや愛情表現を心がけるようになってから、エッチの頻度も増えたし、質も良くなってきました。

痛みを軽減するローションやゼリーを使う

膣の構造で痛みを感じやすい人は、ローションやゼリーを使うのがおすすめです。体の構造はお互いに変えようがないので、痛みを減らす方向で考えましょう。

ローションやゼリーを使うと滑りが良くなり、挿入時の痛みが軽減します。また乳首やクリが痛い場合は、パートナーに伝えて痛くない触り方を研究してください。

ちょっと恥ずかしいですが、痛みを感じないだけで気持ちよさが段違いになります。

おすすめローション!

元NASAの技術者が開発しているASTROGLIDE(アストログライド)シリーズのローションは国内でもカップルの潤い不足に使うローションとして定番中の定番

「アストログライド ウォーミング」はぽかぽかと暖かくなる温感タイプで、サラサラのオイルの様な質感が摩擦感を過度に減らさず気持ち良さをそのままに潤い不足を軽減してくれます。

大人のデパートエムズに寄せられたアストログライドウォーミングの口コミ
大人のデパートエムズに寄せられた口コミ(引用元)

ちょっとサイズが大きめなアソコを持つ男性や、もう少し潤いがほしいけど感度も下げたくないという女性にぴったりのローションです。

\店舗でも有名!大人のデパートエムズの通販/

大人のデパートエムズ「アストログライド ウォーミング」商品詳細はこちら

バレない安心梱包

勃起力トレーニングをしてみる

男性で勃起力が落ちてきていると思っている方は、トレーニングで鍛えられます。私の彼氏がやっていたのは、下半身の強化スクワット。

あとはアミノ酸・亜鉛のサプリを飲むと、射精の勢いも上がるそうです。

スクワットで下半身の筋肉を鍛えると血行が促進されて、それに比例して勃起力が上がります。またアミノ酸や亜鉛は男性機能をサポートするので、取り入れてみてください。

私の友人は過去にエビオス錠を飲んで、勃起力と精子の量が増えたそうです。こちらの記事も参考にしてください。

前戯に時間をかける

セックスの質を上げるために、前戯に時間をかけましょう。前戯することでお互いの体がリラックスするうえ、性感を高めることができます。

濡れにくい女性も、時間をかけて前戯してあげれば濡れてくるので、セックスもより気持ち良くなるでしょう。また女性も男性に対して、できる限り前戯してあげて。

女性が積極的に前戯する姿勢を見せるだけで、男性は「一緒に楽しんでくれている」と感じるので、気持ちが盛り上がります。

前戯にたっぷり時間をかけるほど、より気持ち良いエッチができますよ。

マンネリなら場所を変える・おもちゃを取り入れるのもおすすめ

同棲カップルや夫婦で、マンネリによってセックスの質が下がっているなら、内容を変えてしまいましょう。一番手っ取り早いのは、二人で旅行に行って違う場所でエッチすること。

見た目に環境が変わっただけで相手は同じなのに、驚くほど燃えます。私も彼氏とマンネリした時に旅行に行って、温泉宿でエッチしたらびっくりするほど気持ちよかったです。

また旅行が難しい場合は、おもちゃを取り入れたりして刺激を強めるのもおすすめ。私が最近ハマっている乳首ローターや吸うやつを取り入れると、気持ち良いと思います。

乳首ローターについては乳首ローターとは?気持ちいい使い方、おすすめ乳首グッズランキングで紹介していますので、読んでみてくださいな。

イケなくても気にしない

オーガズムできずに悩んでいる女性は、あまりイクことにこだわらないようにしましょう。女性はイカなくても十分気持ち良くなれます。

男性がイカないとがっかりすると思うなら、演技しちゃえばいいんです!体をビクビクさせて「イッちゃった」といえば、大抵の男性は信じます。

イクことにこだわりすぎて、エッチ自体が嫌になるよりは、演技で誤魔化した方がマシ。何度もエッチしているうちに、自然とイケるようになるので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

どうしてもイキたい方は中イキの感覚とは?外イキより気持ち良いって本当?中イキする方法解説を参照してください。

まとめ

日本人のセックス満足度は確かに低く、多くの人が夜の営みに不安を持っています。というよりそもそも、満足度も何もヤる頻度も少なすぎるのが問題。

この記事ではもっとエッチに積極的になって、パートナーと愛し合う時間を持とうということをお話ししました。

私自身も彼とのエッチに悩んだことが幾度もありますが、話し合って二人でエッチの質を高める努力をした結果、今は最高に満足できるエッチができています。

あなたももっと性に開放的になり、セックスを「楽しもう」と思ってみてください。そうすればきっと満足できるセックスができるはずです!

ジュエルライブ

注目情報

banner to lp

関連記事一覧

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

チクフェチちゃん

歌舞伎町でキャバ嬢として勤務するうちに、経験人数がやたら増えた経験を持つ。

齢1歳からオナニーを始めるなど性の開花が早く、気持ち良いことを追求するように。

最近ハマってるのは乳首責めクンニ。豊富な経験から楽しいセックスについて情報発信中。

-セックステクニック