【JKリフレ】裏オプとは何なのか?どこで出来るのか?

シェアする

JKリフレでは良く話に上がる裏オプという言葉。中には本番までやる子が居るというが、どこまでが本当なのか?一体何ができて、どこでそういった事が出来るのか?

私の体験談を紹介してみたいと思います。

かなり色んな方面に配慮した内容になります。

細かい話が聞きたい方は、私のTwitterアカウント( icon-twitter-square @hawk_refle)にDMしていただければ情報交換しますのでよろしくお願いします。

  裏オプでできる内容と相場は?

巷でよく噂される裏オプ。抜きがあるというけれど、一体どんな内容が存在するのか?

そもそも裏があるのであれば、表または正規オプションがあるはずである。

(表または正規)オプションは

  • お店で正規に定義しているオプション
  • 同一店舗・内容なら料金がどのリフレ嬢に入っても必ず同じ

当然店舗型ならば風俗店でない限り性的サービスは存在しない。

派遣型で風俗店の届け出が行われていたとしても、JKリフレを名乗っている以上は性的サービスは存在しない

最近では添い寝女子の様なオナクラがリフレ店の要素を取り入れたりしているが、JKリフレに行こうと考えている人が行きたいと思うお店ではないだろう。

表オプの代表例は添い寝、ハグ、コスプレだ。

色んなリフレ店を回っているとキワドイ表オプを見たこともある。某ぱふぉリフレ店では「顔面騎乗」ってのがあった。本当に自前のパンツ一枚で顔面騎乗されるのだ笑。どういう事になるかはご想像におまかせしたい…。

制服オーディショングループの有名なコスプレ「マイクロビキニ」は言わずもがな。あらゆる大事な部分がはみ出てしまう。

ラブアワーズでは「ラップチュー」というオプションがあるし、Yシャツオープンブラ外しなんてのもある(両者併用はダメらしい笑)。

裏オプの定義は表オプションの反対を考えればいい。

  • お店で正規に定義していないオプション
  • 同一店舗・内容でも料金がリフレ嬢によって異なる
  • リフレ嬢によって裏オプがそもそも存在しない事がある

少し強引だがこの様なものだろう。

付け加えると裏オプとは、

「リフレ嬢が店で禁止されている

性的サービス店に内緒で行うこと」

でありリフレ嬢はその対価として「人気」「裏オプ代」を得るものだ。

性的サービスを伴わないがお店の正規オプションじゃない独自のオプションを設定している嬢も居る。私はその場合「独自オプション」とか、「嬢オプ」とか呼んでいる。例えば持ち込みのコスプレとか、客が自分でしている所を見てもらうオプション等が該当する。

裏オプションは「裏」なのだから隠す必要があるものなのだ。その嬢に入れば次回も同じ料金で抜いてもらえるとなると、他の嬢に入るよりリピートしたくなるだろう。お店によってはリピート率ランキングを公表している所もある。そのため日々の稼ぎのために「裏オプ」を行う嬢も居る。

性的サービスであるからには当然抜き行為を伴う。代表的なものが「手コキ」、「フェラ」、「本番」だ。客は裏オプ代を支払う事でリフレ嬢からこれら抜きサービスを受ける事ができる。さらに、フェラと本番では生、つまりゴム無しでやる場合割増料金になる。生中出し本番だとさらに割増しだ。

相場は、「手コキ」が10k、「フェラ」が20k、「本番」が30k、「生中出し本番」が40kといったところだ。しかしながら流石にこれではソープやデリヘルと渡り合えないのは明白だ。コース料金 + 指名料 + ホテル代で10kは確実にかかる。40kあれば高級デリヘルへ行けてしまう。

実際に裏オプをやっている嬢に聞いた話では、だいたい嬢の言い値が上記値段で、そこから値引き交渉を行うのが一般的らしい。

概ね、「手コキ」が5k、「フェラ」が10k、「本番」が10k〜20k程度で落ち着くのではないだろうか。流石に生中出し本番の裏オプ代については相場情報が少なく私もわからない所だ。20k〜30kぐらいだと良い線だろうか?総額20k〜30kでデリヘルへ行くなら裏オプがあるリフレへ行く方がコスパは良いだろう。なにせ若くて可愛い子にしてもらえるのだから。

ただし店舗所属のリフレ嬢は基本的に裏オプを自ら誘ってきたりはしないものだ。もし店にバレればどうなるだろう。解雇で済めばまだ優しい方だ。懲罰的な行為を強要される事もあるかもしれない。後で説明しようと思うが「本番」行為を伴う裏オプは完全に犯罪行為である。それだけ嬢はハイリスクを受け入れる必要がある。

そういう訳で、客は嬢に対して裏オプ交渉をする必要がある。そもそも全くしない嬢なのか?交渉次第で裏オプできるのか?裏オプ嬢を見分ける事も必要となる。

こう聞くと物凄くハードルが高い様に思えるかもしれないが、簡単に裏オプをしてもらう事ができるお店も無くはない。

  裏オプはどこで出来るのか?

簡単に裏オプをしてもらいたければ派遣型のJKリフレに足を運ぶといいだろう。

→ 派遣型JKリフレとは?

私は、裏オプを何もしない嬢というのに当たった事がない。最低でも手コキはするだろう。当然裏オプ代を支払う事にはなるのだが。

「当たった事がない」というのは間違いだった。池袋にある派遣型リフレ店で体入新人に入った事がある。彼女は本当に業界未経験だったのでとりあえずオイルマッサージをしてもらいながら雑談をした。

裏オプ(手コキ)の話もしたのだがやらないつもりだと言っていた。最後の方はやってもいいかな…と言ってしまっていたが笑。全然タイプじゃなかったので遠慮した記憶がある。

彼女はその後確実に裏オプ嬢になっていた事だろう。これは裏オプをしない嬢の範疇に入るのか?微妙なところだ笑

派遣型では手コキ、フェラ、本番、生、中出し全ての裏オプを嬢から直接耳にした事があるし、誘われた事もある。私は基本的に健全店好きな人間なので、手コキぐらいまでが限界だ。それ以上はして欲しいとも思わないしお金を払ってまでしてもらった事は一度もない。

では店舗型JKリフレ店ではどうなのだろうか??答えを先に言うとできることは派遣型と同じだ。ただその確率が全く違うのだ。

→ 店舗型JKリフレとは?

ここはお店の性格にもかなり左右される。巷で健全だとよく言われるお店は、裏オプ率0%だろう。それでも過激目なお店では確率こそ派遣型程ではないが遭遇する事は可能だ。体感で1割居るかいないか程度だと思う。某大手系列の池袋のお店では普通に嬢から本番まで持ちかけられた事もある。音や声でバレそうなもんだが…よくやるものだ。

それだけ店舗型JKリフレで裏オプ嬢を探すのは至難の業だ。通いに通ってようやく1名見つけられるかどうかといったところだろう。

ただ諦めてはいけない。店舗型でも裏オプで超有名なお店なんかは当たり前の様に裏オプ嬢だらけだ。その率9割超。派遣型よりヤバイところもあったりする笑。どうしても裏オプがしたいんだ!という人はちょっとググってみればわかるかもしれない。

  裏オプ交渉の仕方とは?

裏オプ交渉はそのJKリフレ店がどんな店なのか?によって異なってくる。

派遣型JKリフレ店、一部の店舗型JKリフレ店

”一部の”と書いたのはいわゆる”裏オプ店”のことで、巷で当たり前の様に”裏オプ”ができると噂されている店舗型JKリフレ店の事だ。

こういったお店では嬢と個室に入ったら、「裏オプって何できる?」と聞いて構わないだろう。

店舗型JKリフレ店

まず最初は「裏オプ」「抜き」といった言葉を直接使うかどうかだ。

「裏ある?」「抜きいくらから?」

これら言葉は使わないこと。裏オプ嬢でもこれら言葉を使われたら「やってない」と言う子が居るのだ。

相手はあくまで「裏」オプとしてやっているという事を肝に銘じよう。普通裏メニューなら常連客にしか出さないだろう。

それと同じ事だ。

  • 嬢にとって「裏」オプをやるメリットがあるのか?
  • デメリットの方が上回らないか?

この2点を考える事が重要だ。

嬢にとってのメリットとは、先程から言っている様にお金だけではないのだ。常連になって欲しいと思える客かどうか、常連になりそうな客かどうか、これが重要だ。いきなり初対面で「裏やってる?」と聞かれて、その客に常連になって欲しいと思う嬢はなかなかぶっ飛んだ子しか居ないだろう。

そしてデメリット。店バレ、性病、痛い事をされる可能性、精神面、ネットに裏オプ嬢と書かれるリスク。こう書いてみるとよほどのメリットが無ければ裏オプをする事はないとわかるだろう。

メリットとデメリットを考えると自ずと裏オプ交渉の仕方はわかると思う。「信用される客になること」このためにトークスキルを磨くのだ。そして、添い寝やハグ等でそれっぽく雰囲気を持っていく。エロい気分をお互い高めたら、それとなく聞いてみるのだ。

例えば、「興奮してきちゃった…わかる?」とか。「ちょっと手でしてくれん?」断られたら、「そうやんね、◯◯円とかでもダメかな」ここまで来てダメなら裏オプは絶対できない嬢確定だ。

次へ行こう。

  裏オプに関する法律と危険性

派遣型JKリフレは風営法で派遣型の風俗店として届出している場合が多い。いわゆるデリヘルと同じ区分になるだろう。したがって本番行為がなければ基本的に法律に触れる事はない

問題は店舗型である。「店舗型の性風俗店として届け出がなされているJKリフレ店」などという贅沢なものは存在しないだろう。何故なら条例による規制が厳しく、特殊な事例(吉原等)を除いて現在は店舗型の性風俗店というものが認められないからだ。

したがって手コキだろうがなんだろうが抜きに関連した行為がそもそもアウト、真っ黒である。私も専門家ではないので間違っていたら恐縮ではあるが風俗店ではないお店で抜き行為があると、風営法の無許可営業で御用となるだろう。

その場に居合わせた客や嬢もみっちり任意の事情聴取が待っていると思われる…。次の日急に会社を休まなければならなくなると思うと恐ろしい話である。

法律面では派遣型で本番以外なら安全そうである。

では性病はどうだろうか・・・?

コンドームをしていたとしても、梅毒、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、ケジラミは病変部を通して感染する可能性がある。生でのフェラやセックスならありとあらゆる性病に感染できるだろう。日頃から定期的に性病検査を行っているデリヘルやソープと異なって、JKリフレではこういった問題が存在するのも気をつけたい所だ。

何れにせよ一番ヤバイのは、店舗型JKリフレで生中出し本番

これである笑。さらにアンダーとか付いてくると役満だ。やるやつ居ないと思うけどほんと勘弁してほしいと思う。こういった行為は結果としてJKリフレという業界そのものを衰退させる行為だ。店舗も客もこういった嬢に対してはぜひ毅然とした対応をしてほしいところだ。

  ホークの実体験と裏オプに対する考え方

裏オプ嬢をわざわざ探して本番行為をお金を払ってやる意味があるのだろうか??1割を見つけるために例えば10人の嬢に入ったとしよう。同じ時間で1人の嬢に10回入れたわけだ。

リフレ店でそれだけの回数同じ嬢に入れるのなら、その嬢とかなり仲良くなれるのではないだろうか。よっぽどの人気嬢かリフレ歴が長い嬢でなければ、おそらく1位の常連客になれてるだろう。

ここからは嬢との相性や他にも難しい問題が色々とあるだろうが、普通にその嬢を口説いた方が楽しくリフレ店で遊べるのではないか。そういう考えで私はリフレ店に通っている。親密な関係に持って行く事ができるのが、リフレ店の醍醐味でもある。本当はこれもお店は禁止してるんだけどね笑

喫茶店に通ってたら仲良くなった店員さんとデート。それと何が違うのか?という話である。それでいてハードルが低い。JKリフレで働いているからと言って、嬢はあくまでバイトをしている一般的な女の子だ。リフレ嬢という皮をかぶっているだけで、それを一皮むけばただの無垢な20前後の女の子である。

それでいて、ハグはお金さえ払えばできてしまう。キーワードは、「優しさ」と「楽しさ」だ。紳士的対応でこの2つを女の子に与える事ができれば、あなたもリフレ嬢の本当の姿を見ることができるかもしれない。

裏オプを体験してみたい方は、「派遣型JKリフレとは?」を参考にしてみて下さい。

そんな事よりセックスしたいという方は、 セフレ募集掲示板で2人の女とタダマンセックスした方法とは? をご覧ください。

 本記事記載の内容は実際に行うと違法行為となる危険があります。決して真似しないで下さい。本記事によって被ったいかなる損害も保証するものではありません。また本記事の内容を保証するものでもありません。