【JKリフレ】男子大学生こそがJKリフレに行くべき3つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

女性とお金を使って遊ぶという事に目覚め初めるのが大学生の時期。主にピンサロにお世話になった方が多いのではないでしょうか?確かにピンサロならスッキリできちゃいますし、懐にも優しいですよね。

でも、普段の生活を振り返ってみるとキャンパスでは女子と話す事もなく、寂しい生活を送っているのでは?私も大学時代は本当に女子と話す事がありませんでした。あれは違う生物とすら思っていた程です笑どうやったら会話できるのか、さっぱりわかりませんでした

ですがそんな女子学生と存分に話す事ができて、しかもあわよくば彼女も作れるかもしれない。そんなオンナ遊びが「JKリフレ」なんです。

男子大学生がJKリフレで遊ぶ3つの利点とは?

リフレ嬢の大半は専門学生か女子大生

JKリフレで働く女の子の事をリフレ嬢と言いますが、その大半は専門学生や女子大生。概ね18〜20程度の子が多いですね。

ちなみに、JKだからと言って本物は居ませんよ笑。本物が働く事は禁止されており、そういった子の事をアンダーと呼称します。

話が逸れましたが、男性大学生が普段キャンパスで共に学ぶ女子学生が働いているという事です。何故わざわざそんなリフレ嬢にお金を払って接客してもらわなければならないのでしょうか?

1.女の子を独り占めでき会話に専念できる

例えば60分間、女子と1対1で会話した事はあるでしょうか。そんな機会って実は学生の間は滅多にありません。長くてせいぜい数分、しかも授業の一環で課題をやるために。そんな場合が多いでしょう。

フリートークで60分もの間会話をするという事は、実は物凄くトークスキルを磨く事ができるんです。今までは女子に話しかけることすらできなかったあなたが、JKリフレに通う事で誰でも話かける事ができる様になるかも。

私が一番大きなメリットと感じているのはこのトークスキルが向上するということです。一度身に付けてしまえば一生モノですからね。特訓するなら今のうちですよ。

2.若い客はレアなため特別な接客を受けられる

JKリフレの主要顧客は40代〜50代の男性。そういった男性は若い子と話す機会も少なく、お金も豊富に持っているためJKリフレにハマりやすいです。

リフレ嬢もそれはわかっては居るものの、やっぱりオジサンより若い男性の方が接客しやすいのも事実。あなたの様な男子大学生はとてもレア客でしょう。もし仲良くなれたらリフレ嬢にとってもとてもありがたい存在です。

また、境遇が似ているため話が合いやすいのも良い点です。学業の悩みはもちろん、バイトの悩みや恋愛相談まで。女子学生として等身大の自分をそのままあなたにさらけ出す事ができるでしょう。

大学生同士だと、時間が合いやすく口説きやすいというのもメリット。リフレ嬢は結構可愛い子が多いです。もし彼女にできたらかなりオイシイですよ笑

3.添い寝やハグには癒し効果がある

よく言われる事ではありますが、添い寝やハグには癒し効果があります。ましてや相手は18〜20程度のまさに一番良い時期の女の子。相当に癒やされる事間違いありません。

そんな女の子と添い寝する機会なんてないでしょう。ましてやハグなんて…でもJKリフレなら実現できるんですよ。バイトや学業のモチベーションも湧くというものです。

デメリットは。。。やはりお金がかかる事

3つほどメリットを挙げてみましたが、やはりデメリットもあります。それはJKリフレが高額であるということ。60分だとコース料金7,000円が相場です。



添い寝とハグし放題のコースだと安い所でも60分で12,000円。なかなか大学生には通うことは難しいかもしれませんね。

どうしてもお金が…という場合は出会い系サイトで学生と知り合うという手もあります。圧倒的に安く済んで、女子学生と会話したりできる。しかもセフレも作れる出会い系サイトを試してみるのも良いかもしれません。