ツイッター裏垢詐欺の進化が止まらない・・・そのやり口とは!?

シェアする

ツイッターの裏アカウントやエロ垢といったものは、本当に個人がやっているものもありますが詐欺サイトへ誘導するものがほとんどです。

その手口が進化しているので警鐘がてら記事に残しておきますね。

エロ垢と思わせておいて・・・フォロワーを集める手口が横行している

最近まではわかりやすい詐欺アカウントが主流でした。

個人アカウントのフリをしてセフレが欲しいなどとつぶやいてLINE@のQRコードを載せており登録してみると「こっちのサイトでやり取りしよ〜」などと言って詐欺サイトに誘導する手口です。

見ればいきなりLINE@のQRコードが載っていること、どっからどう見ても作られたばかりでつぶやきの数も2,3個しかなく、写真もどこからか拾ってきたものとすぐわかるような稚拙な詐欺垢です。

ですが、最近は工夫した詐欺垢があり一見しただけではわからないのでご注意を。

最初のうちはエロい写真(胸を出した写真が多い)をアップロードして、

「本当のエロ垢なのかな!?」

と思わせるような工夫がなされています。

しばらくはエロ垢らしくエロ写メをひたすらアップロードし続けて、フォロワーを1,000人ほど集めます。

フォロワーが1,000人ほど集まると急に態度が変わり、LINE@のQRコードが載せられるという寸法です。

詐欺垢に引っかかると一体どんな被害を受ける?

  • 援助交際を匂わせてAmazonギフトを受け取り逃げる
  • 詐欺サイトへ誘導し架空請求
  • 名簿収集

代表的な詐欺の手口はこの3つです。

未成年の裏垢が援助交際を匂わせて、amazonギフト券といった金券をねだられ持ち逃げされるパターン。

詐欺サイトへ誘導して、架空請求されるパターン。

メールアドレスなどの名簿を収集されるパターン。

どの手口もお金を支払ったり、金券を発送しなければ実際に被害に合うことはないでしょう。

ですが、ウィルスやハッキングといったサイバー詐欺が出て来る可能性も捨てきれません。

エロ垢や裏垢といったアカウントには近づかない事が懸命というコトです。

関連記事:ツイッターのエロ垢をセフレにする事はできる?試してみた【セフレ】