【攻略記事】Pairsで出会い系初心者の20代社会人が彼女を作るコツ、方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

社会人になると学生時代には想像もしなかった忙しさ。

全く自由な時間もなくただ寝に帰る生活が続き、このままじゃ彼女を作るどころか、遊ぶ時間さえない!

そんな状態に私も陥っていました。

なんとか休日を確保しても体力を回復するために昼まで寝る始末。

職場でモテるわけでもなく、女の子と話す機会はコンビニの店員さんくらい。

そんなあなたでも彼女を作る方法はあるんです。

20代男性の50%は交際経験なし!?彼女が居るメリット・デメリット

 icon-external-link 明治安田生活福祉研究所の2016年20~40代の恋愛と結婚に関するレポートより20代男性の交際の現実が見えてきます。

20代未婚男性を10人集めたとき、

  • 5人は交際経験無し
  • 3人は交際経験有り(フリー)
  • 2人は彼女持ちのリア充

リア充は爆ぜろ。じゃなくて、なんと半数が交際経験無し8割もの人が現在彼女無しという結果に。

たったの2割の人がリア充勝ち組…まじ爆ぜろ。

なんとなくむかつくし、なんとなく彼女欲しいと思うけど、実際彼女が居ることでどんなメリット・デメリットがあるんでしょう?

彼女が居るメリット:心の支え・困った時の支え・セックス

彼女が居れば心の支えになります。

当たり前ですが、誰よりも感情を共有できる相手が彼女。

寂しい時はもちろん、辛い時、悲しい時、何かあったらその事を共有できるでしょう。

ストレスを最も解消できるのはその原因を取り除く事。

次にそのストレスを誰かと共有すること。

これがどれだけ支えになるかは経験したものしかわからないかも。

でも子供の頃、母親に悲しかった事を話したりしませんでしたか?

そういった存在になってくれるのが彼女です。

そして、困った時に助けてくれるのも彼女でしょう。

一人暮らしで風邪を引いてしまったら、看病してくれるでしょう。

風邪薬を切らしていても買ってきてくれるかもしれません。

男性にとって重要なのはやっぱり性ですか?笑。

セックスがいつでもできる。

しかもタダで。これは男にとって魅力でしかありません。

彼女が居るデメリット:精神的負担・時間的制約・経済的制約・セックス

ときには彼女が精神的負担になることも。

いわゆる重いオンナってやつですね。

どうしても男性より女性の方が感情豊かで抑えが効かないもの。

寂しい!と思ったら電話をかけてきたり、LINEで大量にメッセージを送ってきたり。

こういった事が精神的に負担となる事もあるでしょう。

今は仕事が忙しくて構う暇はないんだけど…

それでも電話が何回もかかってきたら少しイヤになるかもしれませんね。

当然、彼女とのデートで時間もお金も無くなります。

新しいゲーム機を買いたいとか、車やバイク、服。

そういった物を買うお金をある程度彼女に割かなければなりません。

時間も全く同じこと。

独りの時間が欲しくなるかもしれませんね。

そして意外とセックスが面倒になることも。

同じ相手と毎回同じようにセックスするのは結構苦痛です笑

ですがそんな事は持つものだけが嘆く特権があるというもの。

持たざるものはただ羨むしかありません。

彼女が居てくれさえすればもう少し豊かな生活ができるのに。

確かに彼女が居ると世の中の景色が少し変わって見えてきます。

色鮮やかな景色を見せてくれるのも彼女が居てくれるから。

休日前になると今回はどこに連れて行ってあげようかな?とか、誕生日に何をプレゼントしてあげようかな?サプライズとかもいいな、とか空想をふくらませるのもいいでしょう。

彼女さえいれば…あなたもたった2割のリア充勝ち組になりたくありませんか?なれる方法があるんです。

社会人が彼女を作るにはマッチングサイトがオススメな理由

まず社会人が彼女を作るにはどうすれば良いでしょう?

  • 友人に紹介してもらう
  • 同僚の女性と仲良くなる
  • 合コン
  • 街コン
  • ナンパ
  • 恋活サイト

社会人のあなたはこの6つの方法を選ぶ事ができるでしょう。

友人に紹介してもらう

紹介してくれる友人が居ますか?居るのであれば絶対に紹介してもらってください。

これが最短ルートである事は先程紹介したデータでも裏付けられています。

居ないのであれば別の方法を考えましょう。

同僚の女性と仲良くなる

同僚に魅力的な女性はいますか?その女性と良い関係は築けているでしょうか。

もし2人っきりでデートができる様な関係であれば、思い切って告白するのも良いでしょう。

社内恋愛をあまり良く思わない人が居るのも事実。

でも、恋愛ってそういうことでどうこうできるモノじゃないですよね。

お互い好きになったのなら気にせず恋愛しちゃえばいいと思います。

合コン

会社の同期とかと一緒に、合コンに参加するのも良い手です。

合コンは最初っから相手の素性がわかるため、お互いの理解を深めるのが手っ取り早いですし会話のきっかけづくりも簡単でオススメです。

でも、合コンって参加したらわかりますけどあの独特の空気感イヤな人はイヤでしょう。

私もその口。

これで彼女が作れる人はそもそも彼女作れるんじゃ?って思っちゃいます…

街コン

街コンは完全に女性に受け入れられた出会い方になってます。

実際に参加するとレベル高い女性が多くてビックリするかも。

ナンパとかしてる暇があったら街コン参加しろ!と思います笑

ちなみに今で言う街コンって、街が主催しているイベントみたいなのじゃなくて、ある特定のテーマに沿った人が誰でも参加できる合コンです。

結局女性と男性が集まって食事をする事には変わりないので、合コンが苦手な人は街コンも苦手という事に…

世の中上手くいかないですね。

ナンパ

最後にナンパ。

例えばコンビニの店員さんとか、カフェの店員さんとかでも良いです。

声をかけて仲良くなれれば、連絡先交換してデートへ。

というのが鉄板のやり方。

しかしナンパは上級テクニックすぎて…普通の人には無理。

何より時間がかかる。

社会人のあなたにはあまり適したやり方とは言えません。

マッチングサイト

友人や同僚は厳しい、合コン街コンはちょっと抵抗あるし…ナンパはもってのほか。

そんなあなたにはマッチングサイトが最適です。

またそんな事言ってどうせサイト使って欲しいだけだろ?と思うかもしれません。

ですが、お金と時間をかけずに女性と出会うのに一番いいやり方はやっぱりインターネットです。

私ホークが10サイトを超える出会い系サイト、恋活サイト、婚活サイトを使ってみて、「彼女を作る」という目的に最適なサイトを見つけたのでご紹介します。

Pairsが彼女を作るのに最適なワケ

そのサイトとは、 Pairs Facebookを利用したマッチングサイトです。

使い始めると、カード形式でどんどん女性の写真とプロフが出て来るので、それに対して「いいね!」「イマイチ」を選んでいきます。

「いいね!」を選んだ女性もあなたの事を「いいね!」したらマッチング成立です。

有料会員ならマッチング成立している女性とはメッセージ交換し放題

ポイント課金制のPCMAX等とは違って、メッセージ交換し放題なので納得いくまでメッセージ交換できるのが良い所。

また、月額課金なので使いすぎもなく安心です。

Pairs が20代社会人が彼女を作るのに最適なのは、

  • 20代の女性が多い
  • マッチングしたら高確率で会える
  • 女性と男性が平等に扱われる

という3点のおかげ。

とにかく20代前半の女性が多いです。

私はもう30代なので少し若すぎる…と思う事も多いのですが…

あなたには最適な年齢層の女性が多いんです。

マッチングしたら会いやすいというのも良い所。

タップル誕生はすぐマッチングするんですが…なかなか会う所まで行きづらいんですよ。

面倒なメッセージ交換をひたすら頑張らなければなりません。

でも、 Pairs はマッチングすれば会えるんです。

何故なら女性も「いいね!」できる回数が月30回の限られているから。

あなたの事を本当に見極めて、いいと思ったからマッチングしてるんです。

だからメッセージへの返信率も高くとりあえず会ってご飯でもどうですか?

って女性が多いんです。

何故ホークが20代社会人に向けてPairsをオススメするのか

2014年の統計から2016年にかけて、交際経験がある20代未婚男性は10人に7人から10人に5人へ。

逆に交際経験がある20代未婚女性は10人に7人からあまり変わらず。

これ、どういう意味かわかりますか?

それだけモテる男性がたくさんの女性とお付き合いする事ができる時代になったという事なんです。

なんかむかつきません?こういう”損”している男性を減らしたいと思ったのが動機です。

私自身モテないと思っていました。

でも、インターネットを駆使する事でたくさんの女性とお付き合いする事ができましたし、最近ではもう付き合うのも面倒くさくなってセフレとばかり遊んでます。

モテるモテないなんて後からどうとでもなるんですよ。

使えるツールはどんどん使っていきましょう。

Pairs はそんなツールの1つになると思います。

そして毎日家に寝に帰る生活とさよならして、色鮮やかな景色を楽しむ生活をあなたも手に入れませんか?

当サイトでは引き続き Pairs を使って女性と出会う過程等、様々な記事を取り上げていきたいと思います。