愛撫の基本はおっぱいから〜おっぱぶ嬢も感じる愛撫の仕方〜【SEXテク基本編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

おっぱい。男たちが愛して止まないおっぱい。

(・人・)

女性の象徴、母性、甘え、女の魅力が詰まったおっぱいが私ホークも大好きです。

そんなおっぱいを徹底的に愛でてみましょう。

女性を感じさせるおっぱいの愛撫とは?

まず最初に、女性はドキドキしてあなたの愛撫を待っているでしょうか。女性に感じるための準備をしてあげて、貴方への好きという感情と気持ちを高ぶらせておきましょう。

女性への愛撫全体に言える事ですが、とにかく力を抜いて優しくしてあげてくださいね。「強と弱」というよりも、「弱と触れるだけ」と思っておくぐらいが丁度良いです。

全体から中心へ、弱めから強めへ、ゆっくりから速く、フェザータッチも織り交ぜてやるのが愛撫全体に共通するコツです。

服の上からおっぱいを愛撫する

積極的に服の上からおっぱいを触る必要性はないでしょう。

服を着ているなら、頭ポンポンハグキスをする所から始めましょう。胸を触るのは脱いでからでも遅くはありません。

それでも触るなら、優しく手のひらで包み込むように軽く揉む程度にしておく事をオススメします。背中から女性を抱きしめてバックハグの体勢から揉むのも良い方法ですね。

ここでは性的な刺激よりも雰囲気作りの方が重要です。

おっぱいを直接手で愛撫する

  • バスト周辺、アンダーバストの愛撫
  • 乳房を触る、舐める
  • 乳首を触る、舐める
  • フェザータッチで感じさせる
  • 左右両方を責める

シャワーも浴びて、ベッドインしたらキスから愛撫を始めましょう。いよいよ、おっぱいを触る番ですね。

バスト周辺、アンダーバストの愛撫

マッサージの要領でバスト周辺やアンダーバストの愛撫を行うと女性を喜ばせる事ができます。とくに脇の下から胸の上部にかけての部分と、鎖骨の下辺りは、圧迫すると気持ちの良い部分です。

脇の下から胸の上部にかけてのの部分は手のひらの親指の付け根部分で腋から胸にかけて流すように触ります。おっぱいの形を確かめるように、ゆっくり女性の身体をほぐす要領で行います。

鎖骨の下は、2本の指(人差し指と中指が基本)で小さく円を描くようにマッサージし、徐々に体の内側から外側へ移動しておく方法がオススメです。鎖骨下肩側にあるくぼみ、中府(ちゅうふ)と呼ばれるツボを親指の腹で圧迫するのも効果的です。

マッサージをしながら、おっぱいや乳首にも触れるか触れないかぐらいの感覚で刺激しておくと焦らす効果も期待できます。

乳房を触る

手のひらで、優しく包むようにおっぱいを触ります。時に乱暴に、時に優しく、強弱をつけて揉みしだくと良いでしょう。

形を変えれば変えるほど痛くなりやすいです。その痛さを受け入れられる女の子なのかどうか、どの程度のMさかも含めてしっかり女の子の表情と会話で見極めて下さい。

乳房を愛撫する方法にそこまで多くのパターンがあるわけではないので、会話と強弱が肝になります。

乳首を触る

肝心なのがやはりこの部分でしょう。乳首を触る前にしっかり周辺の愛撫をしておけば勃っていると思います。焦らして焦らして、最後に乳首を触りましょう。

  • 手のひらで乳房を揉みながらで人差し指と中指で挟む
  • 人差し指と親指でつまむ
  • 手のひらを撫でるように乳首を擦る
  • 指で弾く(はじく)ように乳首を触る

大きく分けるとこの4つの触り方があります。

特に乳首を指で弾くように、乳首の上を小指から人差し指が通り過ぎていく愛撫は女性から好評です。性感がしっかり高まっていれば、これだけで逝かせる事も可能ですよ。

フェザータッチで感じさせる

マッサージで強めの刺激を与え、乳房を触って性感を高め、乳首を触りさらに興奮させる事ができたら、もう女性の身体は感じる準備が整っているはずです。そこで、この辺りでフェザータッチを取り入れてみましょう。

かすかに触れる程度の力で乳房の乳首周辺を乳首に向かって撫で上げます。あまり開発されていない女性の場合はくすぐったいと思うかもしれませんので、あまりにも鳥肌が立っているようなら「くすぐったい?」と聞いてダメそうなら止めてあげて下さい。

最初のうちは乳輪〜乳首には触れませんが、徐々に近づいていきます。いざ、乳首に触れた瞬間に女性の身体がビクッと反応するようであれば、上手く行っている証拠です。

左右両方を責める

これらのテクニックを全て左右両方のおっぱいを同時に責めながら使いこなします。簡単ではありません、どちらかに気が散ってしまえばどちらかが疎か(おろそか)になってしまいます。

さらに、口を使った愛撫も同時に使う事ができます。

おっぱいを口で舐める

  • 乳房を口にくわえる
  • 乳首を舐める
  • 乳首を甘噛みする
  • 乳首を吸う

おっぱいを責める方法は手だけではありません。口を使った愛撫の方法を詳しく見ていきましょう。

乳房を口にくわえる

乳首も含めて、乳房全体を口に含んでくわえてみましょう。

まるで赤ちゃんの様ですが、これが意外と興奮する女性も多く居ます、母性が刺激されるのでしょうね。

歯を立てないようにして、乳輪を円を描くように舐めてください。徐々に円を小さくしていき、乳首も舐めます。乳房を吸って少しずつ口にふくむ量を減らしていき、最後に乳首を吸って離れます。

乳首を舐める

ただただ、舐めましょう。

  • 円を描く
  • 上下左右に弾く(はじく)
  • 押し当て、潰すように

舐め方にも3種類ありますし、強弱リズム感速さで刺激を変える事ができます。さらに、唾液の量でも刺激が変わってくるので、ただ乳首を舐めるといってもその女性の好みに合わせるのは簡単な事ではありません。

概ね大体の女性が、唾液の量多め、上下左右に弾く(はじく)舐め方を好む場合が多いでしょう。

乳首を甘噛みする

ちょっとおっぱいの愛撫に飽きてきた頃にやってみたいのが、甘噛みです。

歯で触るか触らないか程度のちからで乳首を挟みましょう。最初はフェザータッチの時と変わらないぐらいの優しさでやる事をオススメします。ドMな女性の場合はもっといける事もありますので、必ず許可を取りつつ(もっと強くてもいい?など)、ほんの少しだけ力を入れてみましょう。

乳首を吸う

最後に乳首を吸うという愛撫についてです。

おっぱいへの愛撫では乳首を吸うという行為は特別な意味があるんです。きっと、赤ちゃんが授乳される時と同じだからですね。

今でも不思議ですが、どうも女性はこの行為に特別な感情を抱くようで、いつも様子が変わる女性を見ていてドキドキさせられてしまいます。強弱程度のバリエーションしかなく、男からすると面白みの少ない愛撫ですが、必ずやるようにしてください。

乳首を吸いながら、同時に舐めてみたり、甘噛してみたりとあわせ技を使う事も有効です。

【上級編】おっぱいとは一体何なのか?

乳房は外性器なんですね。性器ってことは、おまんこやおちんちんと一緒ってこと。

女性が気持ち良くなるためにしっかり愛撫をしてあげたいですね。

また、乳房は脂肪9割、乳腺1割で構成されています。

このうち乳腺は乳首から放射状に通っているため、乳腺を流すように愛撫してあげるとより気持ち良くさせる事ができます。

真ん中から中心に、中心から真ん中にと円を意識して愛撫する事がより良い愛撫の秘訣です。

おっぱいを愛撫する時服を脱がせる?脱がせない?

そうそう、こんな話もあるんです。

服を脱がせて欲しくない・・・着たままで、たくし上げて揉まれたいって女性が多いということ。

これ、どういう事なのかさっぱりわからないんですけど、それがエロいみたいなんですよね笑。

だから、女の子に一度着衣でのおっぱい揉みを試してみる事をオススメします。

おっぱいの性感を開発する

医学博士志賀貢によると、クリトリスの性感を100とすると、乳首の感度は80前後

wikipediaより)

とwikipediaに記載のある通り、おっぱいの愛撫もとても重要なんです。

女の子によっては乳首だけで逝ってしまうほど。

でも、乳首も他の性感帯と同様に開発されていないと気持ち良くなれません。

開発するためには性感を高める雰囲気作りと、女性に一緒にセックスを楽しむという姿勢、モチベーションを持たせてあげることも重要です。

他人に対して何かを「したい」と思わせるって難しい事ですよね。でも、それは仕事にも役立つ能力です。仕事ができる男は女にモテるってそういうことなのかもしれません。


おっぱいの愛撫、ただの愛撫とは言ってもとても奥深いものですよね。私も実践を通してより良い愛撫を開発していきたいと思います。