【口説き方】合理化セックス理論〜1人の女性に深く好かれる方法〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

「セックスした男を好きになる」セックストリガー理論。

この裏理論である「好きになってからセックスをする」合理化セックス理論。

理論の骨子は、女性に「好きな男性にしかしないはずの事」をさせて惚れさせる事。

詳しく解説していきます。

セックストリガー理論を解剖すると裏理論が見えてくる

「女は好きになった男とセックスするというより、むしろセックスした男を好きになる。」

これがセックストリガー理論です。

セックストリガーが起きる理由

なぜセックスした男を好きになるのでしょうか?

「好きでもない男とセックスをしてしまった」という行動をした時、「好きになった男にだけ身体を許したい」という感情との間で矛盾=認知的不協和が起こります。

既に起きてしまったことは変えられませんから、「好きでもない男」という意識を変化させます。「好きになった男とセックスした」なら、「好きになった男にだけ身体を許したい」という感情と矛盾しないため、スッキリするというわけです。

認知的不協和の解消とは言い訳である

このように、認知的不協和の解消は私達の生活で度々起きていることです。

認知的不協和については「すっぱいぶどう」の話が有名です。食べたいと思って何度もジャンプして取ろうとしたぶどうが、高い所にあって取ることができなかった。そのとき「食べたい」という感情を「あんなぶどうは酸っぱくて不味いに違いない、食べてやるものか」と納得させる=合理化するのです。

難しい言葉を使ってはいますが、合理化とは要するに「言い訳」なんです。「◯◯できなかったのは◯◯なんてする必要がなかったからで、私が悪いのではない」ということを言っているんです。

セックストリガーに置き換えてみると、「好きになった男にだけ身体を許したいけどそれができなかったのは、好きになった男だったからで、私が悪いのではない」。わかりやすく書き換えると、「あの人とセックスしたのは好きだったからで私は悪くない」ということです。

セックスの代わりに使える「好きな男にしかしない事」の条件

「あの人と◯◯したのは好きだったからで私は悪くない」という風に、セックス以外でも同じ様に合理化を起こせます。しかし、セックスが使われるのには理由があるんです。

  • 男がセックスしたいと思っている事は知っている
  • セックスは女の武器の中でも最終手段
  • 選んだ男にしか許さないというプライドがある
  • 自分の価値はセックスだけでは無いと思いたい

要するに「セックスするのが嫌だ」と思っているんです。できるだけ嫌な事をさせると、その反動で合理化が強く起きるんです。

この現象を利用して口説き、「好きになってからセックスをする」理論を「合理化セックス理論」と呼びます。

関連記事  セックストリガー理論は間違いだ〜女は好きな男とセックスする〜

合理化セックス理論〜認知的不協和の解消で口説き落とすテクニック〜

合理化セックス理論が通用する条件、「好きな男性にしかしないはずの事」の例、「本当はしたくない嫌な事」を女性にさせる方法、それぞれ解説します。

合理化セックス理論の前提〜言い訳になる男になれ〜

これから解説する事は、セックスの変わりに何をさせるのか?という話ですから、ACSモデルのSやそれ以降に当たる所です。AやCに当たる部分(魅了と信頼形成)が既にできている事が前提です。

合理化セックス理論はあなたの事が気になっている女性にしか使えません。「好きな人だからした」という言い訳の余地を残すために必要な事です。あなたの魅力を見せて女性を説得する必要があります。自分を磨く以外にできることは多くありませんので、ここは以下の記事を参考に自分磨きを頑張って下さい。ACSモデルのAですね。

関連記事  【モテテク】女性からセックスしたいと言われるモテる男になる方法

魅力的な男性だなと思ってもらえたとしても、信頼できる男でなければ行動させる事ができません。ACSモデルのCに当たる所もしっかり押さえておきましょう。

関連記事

合理化セックス理論の核心〜好きな男性にしかしないはずの事〜

セックスと同じくらい大きな矛盾が生じる行動とはなんでしょうか?

好きな男性にしかせず、そうでないならしたくない事でなければなりません。

  • お金を貸す、あげる
  • 長時間のデート、料理、掃除
  • キス、愛撫、フェラなどセックスに類似する行為

お金を使うこと、お金を貸す、お金をあげる、どちらでも構わないでしょう。女が好きでもない男にお金を貸す、あげるなんてあり得ないですよね笑。そう、この「あり得ない」という感情が大きな矛盾を産むんです。ホストクラブの大してかっこよくない男性にハマる理由ってこんな所にもあります。ですが、金銭のやり取りはトラブルのもとなので避ける事を強くオススメします!!

長時間のデートや料理、掃除なども良いでしょう。好きでもない男に時間を使ったり尽くすなんてあり得ないですからね。キス、愛撫、フェラなどセックスに類似する行為をさせるのも良い方法です。好きでもない男とそんな事ができる女性はなかなか居ないというのが普通の感覚でしょう。

合理化セックス理論のゴール〜行動させるために必要な事〜

セックスが一番ハードルが高いという事は、「好きな男性にしかしないはずの事」で解説した内容を見ていただければ一目瞭然ですよね。という事は、セックスできるような方法を使えば「ほんとうは嫌だけど・・・」と思う事もさせられます。

ACSモデルの最後はSeduce(誘惑)です。エッチしたいと言ったりか下ネタ振ったりします。「えーでも付き合わないと嫌だ」など形式グダが起きるので、折れずにもうひと押しするグダ崩しを行います。

同じように、「キスしよ」と言って「え〜?でも付き合ってないし」と言われたら折れずにもうひと押し「好きだからしたいな」と言いましょう。

ハードルは高ければ高いほど良いですから、結局はセックスをする事が一番効率的という結論にならざるを得ないのが辛い所ですが笑。セックス以上にハードルが高いことがもしあるのであれば、それが犯罪行為でなければやってみると良いでしょう。

1人の女性により深く好かれるには、嫌な事をさせろ

合理化セックス理論の肝となるのが、ある1人の女性により深く好かれたいなら、その女性が嫌だと思う事をさせるべきだという事です。

なぜなら、合理化の過程で「こんな事までするなんてよっぽど彼の事が好きに違いない」と思うからです。

実は、これこそが合理化セックス理論の使い所なんです。

効率よくたくさんの女性を口説き落としてセックスする理論は、セックスするまでで止まってしまう理論です。ですが、この理論はそこで止まりません。

合理化セックス理論は、セックスをした後にも通用する理論です。

ところで好きってなんだろう?

ここまで来て、セックストリガー理論とはアホらしい理論だなぁと思いませんか?笑

セックスできるんだったらそれって実質「好き」なんじゃねーの?

それだけの行動をさせるのって簡単ではありませんよね。「魅力的」で「信頼できる」男性に口説かれたら、誰もが「好き」と思うでしょう。「魅力的」で「信頼できる」女性口説かれたら、誰もが「好き」と思うでしょう?

好きだからセックスするんです、合理化セックス理論の考え方こそが正しいと私は思います。

男性達がモテるためにするべき事とは「自分磨きの努力」「トーク力向上のための実地トレーニング」です。結局は「第一印象」が重要で「努力」するしかないなんて、恋愛工学のような本では言えないですからね笑。

「魅力的」で「信頼できる」男になって上手に口説くしか道はないんですよ!!

モテとは努力だ!!

今すぐ始められる努力として、私ホークは筋トレをオススメします。

【非モテ】モテるために筋トレのススメ〜誰でもできる筋トレメニュー〜

第一印象は厳しい・・・魅力的ではない男はセックスできないの!?

とは言っても、努力しても第一印象を上げるには限界があります。

魅力的じゃない男でもセックスする方法は無いでしょうか?

それが、あるんです。

私ホークがとっておきの方法をこちらの記事で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

今すぐセックスができる裏掲示板とは?どうしてもセックスしたいあなたへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加