PCMAX(PCマックス)の掲示板を使ったセフレの作り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

PCMAXの掲示板を使ったセフレの作り方をご紹介します。

アダルト掲示板、ピュア掲示板と2つの掲示板があり、それぞれで作り方が違うんです。

私が実際にセフレを作る事ができた方法を説明します。

アダルト掲示板を使ったセフレの作り方

「スグ会いたい」「スグじゃないけど」この2つのカテゴリーどちらかで掲示板に書き込みをしましょう。

1日1回は無料ですからとりあえず書き込みをする事が重要です。

掲示板に書き込む内容は率直にセフレ募集と書いてしまおう

内容はもうずばり「セフレを探しています。その前にお茶でも良かったらしませんか?」といった簡単な内容で構いません。

日時指定があると親切ですね。

より具体的には、こんな文章になるでしょうか。

PCMAXではセフレを探していますが、その前に暇つぶしにお茶でもどうですか?

私は◯◯代の会社員です。◯◯日の夕方18時以降、◯◯近辺でお会いできる方メッセージお待ちしております。」

セフレになるのはメッセージをくれた子じゃない・・・!?

掲示板の書き込みを見てメッセージをくれる子は滅多に居ません。

ですが、足あとを残してくれる子はたくさん居るはず。

この足あとがセフレにするメインターゲットです。

足あとを残した女の子のプロフィールを確認して良さそうであればメッセージを送ります。

内容はいつも私が本サイトで言っている様に簡単なもので構いません。

「はじめまして、◯◯と言います。プロフィール見ていただきありがとうございます。掲示板でも募集をかけているのですが良かったら◯◯日◯◯時以降◯◯近辺でお茶でもどうですか?お店は希望に合わせますし、もちろんおごりますよ。」

アダルト掲示板を使うなら、この方法が最も効率が良いです。

ピュア掲示板を使ったセフレの作り方

カテゴリーは「マジメに恋人探し」「今からあそぼ」のどちらかです。

こちらもアダルト掲示板と同様に、1日一回は無料で書き込めますから必ず毎日書き込みましょう。

ピュア掲示板は書き込みより検索重視・・・!?

正直言って男性のピュア掲示板書き込みはあまり見てもらえない印象が強いです…

それでも足あとはつくので、定期的に書き込む意味はあるでしょう。

それよりピュア掲示板なら検索を重視したいですね。

カテゴリーを指定した検索で会える人を探りましょう。

そして、とりあえずメッセージを送信します。

相手が掲示板に書き込んだ内容に返答する形で送信できるので初心者にもおすすめです。

会ったら後は口説いていくだけ

ピュア掲示板の場合は、会ってしまえば後は口説いていくだけです。

お酒が飲める相手ならお酒を飲みながら下ネタでも話していけばいいでしょう。

相手がその気なら自然とそういう関係になっていくはず。

もちろん付き合いたいとか言われて面倒な場合も多々ありますが、ピュア掲示板は仕方ないですね…

ピュアの場合はよくヤリモク男がウザいという愚痴を聞くことになるかと思いますが、優しく同意しといて下さい笑。

掲示板に書き込みをする時間帯はいつが良いのか・・・!?

無料書き込みをいつするか、が重要です。

誰をセフレにしたいか?によるのですが狙い目はその女性が家に居て、スマホをいじっている時間。

看護師なら仕事から帰って寝る準備が終わった頃、22時〜24時ごろがベスト。

女子大生ならもう少し時間の幅があるでしょう、21時〜25時ごろがベスト。

この様に相手の行動を予測しながら書き込んでいきましょう。

さらに応用するなら場所柄も考えると良いです。

掲示板に◯◯近辺と書き込んだその場所が例えば大学があまりない場所だと全く女子大生には引っかかりません。

逆にまさに大学が密集している場所というのもマズイです。

知人に見られる事を嫌がって反応が薄くなってしまいます。

丁度良い場所を探りましょう。

大学はどこにあるのか分からなければ、東京都全域の大学地図を参考にしてみて下さい。

PCMAXの掲示板検索とプロフィール検索、結局どれが一番良い?

私が一番セフレを作る事ができたのはやはりアダルト掲示板。

次にプロフィール検索です。

→【出会い系】PCMAXで出合うならアダルト掲示板?ピュア掲示板?プロフ検索?

その差は特に大きくありませんので、好みに合わせて使うと良いでしょう。

アダルト掲示板はやはりそういう目当ての女性という事もあって当たりハズレが大きいです。

プロフィール検索ならしっかり自分の目的に合わせて女性を選ぶ事ができるのでハズレを引いたことがありません。

→ PCMAXとはどんな出会い系サイト?口コミでの評判は?評価してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加