【攻略】非抜き風俗・癒し系のお店の種類と抜きや本番の実態、やる方法

シェアする

メンズエステJKリフレ、恋愛エステと称するようなお店は非抜き風俗・ライト風俗・癒し系のお店などと言われ、抜きサービスの無い事が建前となっています。

でも、実際は・・・?

抜きをしてしまう過剰セラピストやリフレ嬢が居ますよね。

どういったお店に抜きが多いのか、抜きをしてもらうにはどうすれば良いか、実態を解説します。

非抜き風俗は大きく分けてメンズエステ系、リフレ系、セクキャバ系の3種類

週刊SPA!最新号(8/28号)「非抜き風俗の見抜き方」と題して6ページもの大作をやってくれちゃいました笑。主にメンズエステとセクキャバについて、どうやって抜き有り店を見抜いて抜いてもらうかについて書かれています。実際にそういった嬢を見てきた私からしても、とても役立つ内容だと思います。Amazon Kindleなどの電子書籍もありますので、読んでみてはいかがでしょうか。

非抜き風俗が抜かない理由

さて、非抜き風俗と言ってるぐらいですから、抜きをしないのには理由があります。

店舗型の抜き有り風俗店は、風営法の関係で新規開業できません(例外はあります)。ですから、デリバリーヘルス(デリヘル)やホテルヘルス(ホテヘル)、回春エステのような派遣型(ホテルやレンタルルームに女の子を派遣するお店)の抜き有り風俗店が多く新規開業しました。デリヘルや回春エステはもう既に数が多すぎて客を食い合うような状況になっているため、レッドオーシャン(競争の激しい市場)となってしまっています。

店舗型の非抜き風俗店は、簡単に開業でき、”抜きが無い”ため女の子を集めやすく、派遣型風俗店ほど競争が激しくないため、開業ラッシュと言っていい状況です。もちろん、それだけ求めている客=需要があるという事も重要です。

では、なぜ非抜き風俗店が抜きをしないのかと言うと、違法行為であるという事が主な理由です。抜くサービスをする場合は風営法など所定の手続きが必要になるはずで、それを行っていない非抜き風俗店は抜きを行ってはいけません。

ここから先は、店舗型の非抜き風俗店に絞ってお話します。

メンズエステ系の種類と特徴:過剰店・エロ店・健全店

  • 過剰店:過剰サービスを容認または奨励しているお店
  • エロ店:過剰コスチュームやディープリンパなどエロを全面に押し出しているお店
  • 健全店:その他のお店

抜きがあるかないかで考えると、メンズエステ店はこの3種類に分かれてきます。

特に最初の過剰サービスを容認または奨励しているお店というのが存在し、それを見つける事が抜いてもらう近道になるでしょう。ですが、こういった過剰店を訪問せずに見抜くのは簡単ではありません。5ch(旧2ch)、爆サイ、ホスラブといった掲示板の店舗スレッドを見ても、エロ店や健全店でも抜きがあるといった嘘の情報が流れているのが常です。

情報を集めて長年遊んできた勘で見抜くしか無い、そんな状況にあります。逆に言えば、とりあえず抜いておけば良いんでしょと考えているような過剰店は嫌いだと考えている客にとっても、エロ店や健全店を見抜く事が難しい状況なんです。

実はそれでも抜いてもらう方法があるんです。それは金で釣るか、流されて抜いてもらっちゃうかの2通りです。

関連記事

セクキャバ系の種類と特徴:容認店・健全店

  • 容認店:オプションでタオルケット貸出やVIPルームがあるお店
  • 健全店:それ以外のお店

セクキャバでは、タオルケット貸出が有料になっておりそれを使って露出した股間を隠して手コキをするというお店が存在します。また、高額な追加料金でVIPルームに入ることで抜いてもらう事ができる場合もあります。

容認店ではあくまでセクキャバ嬢が勝手にやっているという建前になっていますが、事実上抜きをお店が容認していると思われても仕方ない状況です。

リフレ系の種類と特徴:裏オプ店・健全店

  • 裏オプ店:裏オプをする女の子ばかりの裏オプを事実上奨励/容認しているお店
  • 健全店:それ以外のお店

裏オプ店は、在籍している女の子のほとんど全員が裏オプをするお店のこと。存在している裏オプ店は大久保や秋葉原に数店舗という状況です。

JKリフレ店は、メンズエステ店やセクキャバ店と比較すると、抜きが広くまかり通ってしまっている状況にあると感じています。

健全店であっても実はお店が容認しているというような場合もあり、抜けるかどうかは入る女の子次第なのが実情です。

女の子が抜く理由

非抜き風俗店の女の子が抜くときは、金のために抜く場合と、流されて抜いてしまう場合の2通りがあります。

金のために抜く場合:裏オプションや指名狙い

お金を対価に抜く事を裏オプションと呼ぶ事が一般的になりました。メンズエステ店でも、公然と裏オプをメニューにして全ての客に提供するようなお店が地方にはまだ存在します。

たけのこ剥ぎと呼ばれる、基本料金は安いのに抜いてもらうまでに高額な料金を取るような詐欺的な風俗店の一種と捉えることも可能です。ですが、非抜き風俗店での抜きはお店ぐるみでやっているのではなく、あくまで嬢と客の間での取り引きという店がたけのこ剥ぎとは異なる所です。

私個人的には、指名狙いで抜くのは全く良い作戦だとは思わないですし、指名が増えるとは到底思えないのですが・・・それと組み合わせて上手に色恋を使えば可能性はあるかもしれませんね。そういった、指名狙いで抜く場合があります。

いずれの場合も、借金や遊ぶための金欲しさ、一人暮らし、学費、といったお金の必要に迫られて手を染めてしまう女の子が多いように思います。

流されて抜く場合

裏オプションとは異なり、金銭や指名といった下心無しに抜きをする場合もあります。

メンズエステでは「情で抜く事もある」なんてツイートをしたら、自称真面目にやっているセラピストさん達にボコボコに叩かれましたが笑。実体験としてあるんだから仕方ないよなぁ?笑

私が非抜き風俗店が好きな理由の一つに、恋愛を恋人にならずに楽しめるという点があります。普通に女の子を口説く要領で、テクニックを駆使してやることで、抜いてもらえるわけです。

抜いてもらう方法と本番について

裏オプ店や過剰店、容認店で抜いてもらう方法

裏オプ店や過剰店(誰にでも抜きをするお店)の場合は、率直に「抜いてくれない?」と言えばいいでしょう。

ある程度会話をし信頼関係を築いて、探りを入れましょう。前向きな返答や嫌がる素振りがなければ「抜いてほしいなぁ」と言ったり「◯◯円で抜いてくれない?」と言ったりすると良いでしょう。2回目以降ではないと抜きをしないなど、ルールがある場合もあるため、まずはその辺りを聞き出す事を目標にすると良いでしょう。

エロ店や健全店で抜いてもらう方法

ガチで信頼関係を築いて、流れで抜いてもらっちゃう方法もありますが簡単ではありません。

女の子を見抜いて、口説き慣れている男だけができると思っておいて下さい。疑似恋愛を楽しめて、承認欲求を満たすことに喜びを感じる女の子でないと難しいでしょう。優しさに飢えている女の子かどうか、というのが一つの見分けるポイントになります。

抜いて欲しいならこれだけはするな!NG集

  • 抜いて欲しいと言う
  • 身体を触る
  • 許可なく股間を露出する
  • しつこい下ネタを言う
  • 無理矢理抜かせようとする

こういった行為は完全に逆効果で、話になりません。こういったお店で働くセラピストはエロ客に疲れ切っているはずですので、全くエロさを感じさせない客で居る事がベストです。この人は悪い人ではない、信頼できると思わせるのが重要です。

抜いてもらう方法

  • 信頼関係を構築する
  • 気を許したサインを見逃さない
  • 最後は少しだけガッツク

ガッツリ信頼関係を構築して、気を許したサインを見逃さずに捉えて、少しだけガッツキましょう。たったこれだけでOKですが、これだけが難しいでしょう笑

ガッツクと言っても無理矢理ではなくて、「え〜でも・・・」程度の軽く嫌がるそぶりを見せたら「絶対内緒にするよ」などと言えば良いのです。恋愛工学では形式グダと言われ、グダ崩しという手法が確立されています。

ここまで来ると、素人女性を口説いてセックスするのと何も変わらないスキルが必要とされてくるため、しつこいようですが簡単にできると思わないでください。

関連記事

極めると本番行為に繋がることもあるが・・・

裏オプでお金を払って本番をするのはただの売買春で、援助交際でしかない違法行為なので私はやらない主義です。それができる可能性ももちろんゼロでは無いでしょうが、脅される可能性もあるなど危険すぎるためやらない方が身のためでしょう。

そんなことよりも、恋愛関係を楽しんで完全に口説き落としてセックスに持ち込めば良いと思います。めちゃくちゃ難しいし成功率なんて私も1割程度です。ただ性欲解消したいセックスしたいだけではなくて、女の子ともっと楽しみたいと思ってやる事がコツで、自分だけが得しようと思っていれば絶対に成し得ないでしょう。

自分磨きの一環として、チャレンジングなゲームをするという感覚です。口説き落としてセックスをするのはどんな女性に対しても通用するテクニックですので、磨き甲斐のあるスキルの一つだと思います。詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

非抜き風俗全般と抜きに関する私の考え

誰でも抜けるとこでわざわざ高額な料金を支払って(90分1万5千円〜など)、手コキしてもらうことほどコスパの悪い事はありません。

2回目、本指名だけは抜くと決めているような容認店も同様です。オナクラ行けば同じ様に手コキしてもらえて、数千円〜と格安で済みますよね。派遣型の回春エステに行けば、メンズエステ店と同じような料金で必ず手コキがついてきます。

非抜き風俗店に行くのは、「もしかしたら抜いてもらえるかも!?」というワンチャンを感じながらも、抜いてもらえなくて悶々とする。今度こそ!と行っては甘い言葉に踊らされて、弄ばれてるのはわかってるけど抜いてもらえない的な、そういう楽しみがあるからこそでしょう。そして、ほぐし指圧やオイルリンパという身体を軽く整えてくれるというのも大事な所です。

ほぐし・リンパ・エロという3要素がセットになっているからこそ、メンズエステ店は楽しいのです。

健全リフレ店なら、添い寝・ハグ・会話という3要素でしょうか。

だからこそ、お店が抜き行為を容認してしまっているような裏オプ店や過剰店、容認店は全くもって価値に見合った分だけ楽しめると思えません。お店がしっかり禁止して教育している事は楽しい非抜き風俗店遊びの最低条件です。

それでも本当はしてもらえない所でしてもらいたい、そういう楽しみがあるのは事実です。してもらったという事を口外して店や嬢に迷惑をかけるような有料ブロガーが問題とされるのは、こういうグレーな所が楽しいとされる業種だからです。

そんな曖昧さがもたらす楽しさ、私はこれからも応援していきたいと思っています。