【非モテ】モテるために筋トレのススメ〜誰でもできる筋トレメニュー〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

最近筋トレにハマり、もっぱら筋トレばっかりやって仕事もままらないホークです笑

ほんと、やればやるだけ結果になってハッキリわかる事ほど楽しいものはありません。

非モテ男子がモテるためにまず何をやればいいか?

それは筋トレだ!!

筋トレをすればモテる!驚きのメリットとは?

「筋トレか〜しんどいしなぁ・・・動きたくないよ〜・・・。」

「ど〜せモテるとかイケメンだけの話だし俺には関係ないよ〜・・・」

ちょっと待てい!!!

努力をする姿勢こそがモテを産むんだぜ。

筋トレがモテる理由を教えようか。

メンタル面のメリット:自信がつき、抑うつ状態から開放される

  • 筋トレで自分が変化していく
  • 変化が自信に繋がる
  • 努力すれば変われるというマインドになる
  • 鬱憤やイライラが収まる
  • 他人に優しくなれる

筋トレのメリットの中でも私が一番すごいと思うのがメンタル面のメリット。私自身やっていて筋トレだけが持つメンタル面への良い影響を感じます。鬱憤やイライラというのは生きているとどうしても付きまとうものでしょう。そういう状態になっている時間も頻度も減ったんです。イライラが収まると心に余裕ができて、他人に優しくなれます。

筋トレをするとモテる男に必要な大人の余裕が手に入ります!

ルックス面のメリット:よりイケメン化できる!

  • 筋トレでテストステロンが分泌され漢感アップ
  • Tシャツがかっこよく着こなせる
  • 背筋が良くなり高身長に見える
  • 歩き方まで堂々と見える
  • 食生活に気を使うようになり痩せる
  • 体脂肪率が下がると顔もイケメン化する

筋トレをするだけでイケメン化できます。背筋を鍛えると背筋がよくなりますし、腹筋を鍛えるとぽっこりお腹を解消できます。太ももを鍛えると基礎代謝が増えて痩せやすい身体になります。肩や腕、胸を鍛えるとTシャツをかっこよく着こなせるようになります。自信と相まって歩き方まで変わって、背筋も伸びて高身長に見えるようになります。脂質を抑えてタンパク質を増やす食事を取るようになるので、これまた痩せます。体脂肪率が下がると顔のたるみが減ります。

姿勢や歩き方、顔の変化、自信、この全てがイケメン化に繋がるんです!!

その他メリット:体臭予防・筋肉好き女子・話のネタ・第一印象

  • 普段から汗をかいておくと臭い汗をかかなくなる
  • 筋肉好き女子に好かれる
  • 筋トレが話のネタになる
  • 第一印象が間違いなく良くなる

体臭予防にも運動は効果的です。普段から汗をかいておけば臭い汗が出にくくなる事が知られています。また、筋肉好きな女子に見せびらかすとそれだけで興味を持ってもらえちゃいます。

最近の女の子はスタイルにとても気を使っているため、ジムに通って筋トレをしているなんて事も多々あります。ジム一緒に行かない?なんてナンパもありですね笑。

最後に、全てをひっくるめて、第一印象が間違いなく良くなります。これ、馬鹿にできないもので第一印象と最初の数秒の会話がそれ以降の異性に対する好感度を大きく左右する事が知られています。

第一印象は何が何でも上げておくべきですよ!

筋トレの基礎知識

筋トレは簡単なようで実は難しいものです。突き詰めれば考える事がたくさんあり何から学べばいいのかわからなくなってしまいます。

ひとまず、これだけは絶対に知っておくべき基礎知識を学んでおきましょう。

筋トレの注意点:もう無理の次の1回が重要・次の日筋肉痛になるぐらいやる・痛い時はやらない

注意点1つ目、筋トレでは自分を追い込んで、今までの自分を超える事を目標にしましょう。

「これ以上できない!もう無理!」

と感じたらその次の1回を頑張ってやりましょう。その1回こそが筋肉を肥大させるために重要な1回なんです。筋肉は筋繊維が切れて、修復する時に肥大すると言われています。もう無理と感じているときは筋繊維も限界に近い状態で、次の1回で筋繊維を全て消耗し切るわけです。もう無理!という時こそ筋肥大の最大のチャンスです。

注意点2つ目、次の日筋肉痛になるぐらいトレーニングしましょう。

必ずしも筋肉痛にならなければ筋肥大しないわけではありませんが、目安として次の日1日だけ筋肉痛になる程度はトレーニングをしましょう。やり過ぎもよくないので、何週間も筋肉痛が持続してしまうような追い込みは避けて下さい。

注意点3つ目、痛い時はやらないようにしましょう。

例えば昨日腕立て伏せをやって胸が筋肉痛なのに、今日も腕立て伏せをやる・・・というのはNGです。筋肉痛がある程度落ち着いて、しっかり筋繊維が修復されてから同じ筋トレをやるようにして下さい。また、痛む関節に負担をかける筋トレはご法度です。関節は消耗品ですから、特に注意して行うようにしましょう。

筋トレをするときの食事は高タンパク、少し体重が増える量

筋肥大を目指すなら、高タンパクな食事を取りましょう。

タンパク質が含まれる食品は、肉の赤身や魚肉が代表的です。ですが、筋肥大に必要なタンパク質を摂取するのは簡単では無いと言われています。そのため、筋トレをする人はほぼ全員と言っていいほど、たんぱく質を取れるプロテインを食事とは別に摂取しています。ザバスが有名ですが、最初はそういった有名所のプロテインで全く問題ありません。

低脂質な食事が良いとされますが、ダイエットをしたいので無ければ炭水化物と脂質に関しては気にする事はありません。少し体重が増えてしまうかな?と思うぐらい多めの量を食べるようにしてください。

ダイエット中で体重を減らしたいというのであれば、炭水化物は減らさずに低脂質な食事を心がけましょう。炭水化物を極端に減らすと身体が動かなくなってしまいますし、体脂肪が燃えにくくなってしまいます。

筋トレの頻度は、筋肉痛を目安にしよう

どのぐらい筋トレしたらいいのか、最初のうちはわからないでしょう。

筋肉痛が落ち着いたらその場所の筋トレをやるというのが一番わかりやすく、誰でも簡単に頻度を調節できるでしょう。

「今日は背中が筋肉痛だから、背中は避けて腕を鍛えよう」

なんて感じで、筋肉痛ではない場所を鍛えればOKです。

荷重すればするほど筋肥大しやすくなる

重い重量を扱えば扱うほど筋肥大しやすくなると言われています。ですが、ちゃんとしたフォームでやらなければ、狙った筋肉を刺激する事ができなくなってしまいます。

目安として、8〜10回程度やると「もう無理!」となるぐらいの重さでやりましょう。

そして、その重量&回数(rep数、レップ数)を3セット繰り返すのが標準的です。

ですが、最初の注意点でも言ったように「もう無理!」のそのさきの1回をやる事が大事です。rep数にはこだわりすぎずに、筋肉を追い込む事に焦点を当ててトレーニングするようにして下さい。

モテ筋トレのために必要な道具は? 5kgダンベル・2kgダンベル・アブローラー

モテるためにやる筋トレに必要な道具はたった3つだけです。

5kgのダンベル2kgダンベルアブローラーです。あ、ダンベルは片腕ずつ使うので2つずつ用意してくださいね。Amazonで買っても良いですし、近くのスポーツ用品店には大抵置いてあるはずです。

こだわりが出てくると、他の道具も欲しくなるでしょう。その時は近くのジムや区営市営のジムに行って鍛えると良いでしょう。

モテるためにやる筋トレのオススメメニュー

私が実際にやっているオススメの筋トレメニューをご用意しました。

  • 腕立て伏せ:腕を補助に胸を鍛える
  • ダンベルデッドリフト:背中と尻、太ももを鍛える
  • スクワット+有酸素運動:太ももを鍛えて脂肪燃焼する
  • ダンベルカール:腕を鍛える
  • サイドレイズ:肩を鍛える
  • アブローラー:腹を鍛える

腕立て伏せは誰もが知っているあの腕立て伏せで、正式にはプッシュアップと呼ばれます。こちらは誰でもできるはずですから、説明は割愛しますね。

もし、腕立て伏せが物足りないようなら、ダンベルベンチプレスという種目をトライしてみてくださいね。

ダンベルデッドリフトで背中と尻、太ももを鍛えて高身長を手に入れよう

こちらの動画がとてもわかりやすいですね。5kg + 5kgの合計10kgを持って背筋や尻に効かせましょう。全くやった事がない方がやるととても背筋がキツイと思いますよ!笑

スクワット+有酸素運動で痩せる

こちらは、私が普段やっている動画そのままです笑。10分間筋トレからの有酸素運動をやる事で、ガチで痩せます。その変わりめっちゃキツいので、最初のうちは無理をしないようにしてください。初めてやった時は1週間筋肉痛になりましたよ・・・(運動不足なだけです笑)

ダンベルカールでたくましい腕を手に入れる

個人的に大好きなkatochanさんの動画です。筋トレと言えばこれだよなぁと思う方も居るのではないでしょうか。5kgでやるとあっという間にたくましい力こぶができることでしょう。

サイドレイズで丸い肩を手に入れる

こちらは2kgのダンベルで行いましょう。フロントレイズとリアレイズは最初のうちはやる必要はありません。サイドレイズだけでTシャツを着たときの見た目の良さには効果が十分に得られます。

アブローラーで腹筋を割って憧れのシックスパックに!

最初のうちはかなりキツイと思います。他の種目(トレーニング)で各部の筋肉が付いてくると、アブローラーも楽になってきます。どうしてもキツイようであれば、普通の腹筋をやってある程度鍛えておいて様子をみてください。モテるための筋トレでは膝つきで十分効果が得られます。

モテ=努力である、筋トレから始める男磨きの旅へ

モテとは努力です。清潔感、筋肉、姿勢、会話、ファッション、髪型。努力をしているかしていないか、たったそれだけで大きく差が付きます。

女性も見た目を気にして努力をしているのに、男性がしなくても良いわけはありません。なのに、ほとんどの男性が努力を怠っているんです。これはチャンスでしかありません。努力すればするだけ他の男性を蹴落としていけるんですから。

モテるための努力として、まず最初に筋トレを2ヶ月は継続してみてください。2ヶ月後には見違えるような自分が鏡の前に居るはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加