女子に好かれるために、セフレが欲しいあなたが目指すべき男性像とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

オラオラ系、草食系、エグザイル系、細マッチョなどなど色んな男性像がありますよね。

でも大体は見た目を指して言うのではないでしょうか?

私が色んな女遊びをやり尽くして来たからこそわかる「女性に自然と好かれる男性像」をお教えします。

これさえできればイケメンじゃなくてもモテモテです。

仲を深める事に焦るな、嫌悪感を抱かせない事を最重要視せよ

最初の段階で仲を深める事に焦るあまり、女性に対してガッツいたりしていませんか?

その女性が本当は他の事をしたいと思っているのに、無理強いしたりしていませんか?

第一印象はとても大事です。

最初のうちは「余裕」と「なんでも受け止める姿勢」、「全てを女性へ委ねる」ことが重要です。

得てして男性は女性より自分の方が上の立場であると考えがちです。

多くの男性がそういった行動を取る傾向にあります。

だからこそ、そういった傾向は利用してしまいましょう。

話をしたければそちらから話しかけてこればいい、ぐらいの気持ちで余裕を持って居る事が大事です。

相手が何を言ってきたとしても、どんな事があったとしても受け止める姿勢を持ちましょう。

簡単に言えば「動じない」という事です。

些細なことでいちいち突っかかったり、悩んだり、文句を言ったりする様な男は器が小さく見えてしまいます。

そして、全てを女性に委ねましょう。

女性は不自由でしがらみに捕らわれて生きているのが通常です。

そんな女性に自由を与えてあげるのはあなただけなんです。

それこそがセックスであり、セフレという関係が最終的に目指す場所です。

女性にとって性欲が最もしがらみに縛られている欲求です。

これは高度なテクニックですが、必ず女性が自分に興味を持ち続ける様に仕向ける事が重要です。

上手く興味を持たせてこちらの土俵に引っ張り込みましょう。

女性に興味を持たせるテクニックは次の項目で詳しく書いていきます。

女性を1人の人間として見よ。全ての行動には意味がある

聞き上手」であれとは恋愛指南本などでよく言われますよね。

とにかく女性の話を聞いて同意しろといった内容が多いです。

また、「相手意識」とはよく自己啓発で言われる言葉ですね。

相手の立場に立って考えるとか、相手はこうしたらどう思うか、どうなるか考えて行動せよとか言われています。

全く関係無いように見えるかもしれませんが、セフレを作る時にも本当に大事な心構えです。

突き詰めるとあなたの行動だけで女性をコントロールできるようになります。

世の中には女性の事をただセックスする相手だとか、まんこだとしか思ってない男が大半です。

エロい目線やエロい手つき、仕草は全て見抜かれます。

最初に女性は、あなたが女性を尊重できる人間かどうかを見てふるいにかけます。

困っている事を聞いて真剣に相談に乗る事も、

相手の悩みを聞いてあげる事も、

こんな事があったんだってつまらない話を興味ある様に聞いてあげる事も。

あなたが相手の女性を尊重できるなら、苦もなくできるはず。

多くの男性はまずここで脱落します。

聞き上手である事が大事な理由はもう1つあります。

女性の一つ一つの行動には全て意味があると思ってください。

全ては女性が楽しかった事や嫌だった事、悩みなどとにかく話が好きな事には理由があります。

女性はそういった話をする事で承認欲求が満たされるからやっているんです。

とにかく承認してあげてください。

承認欲求が満たされると、セックスよりも快感を得る事ができます。

そのことを女性は誰よりも知っているんです。

承認欲求は麻薬のようなものです。

足りなくなれば欲しくなるし、もっと多く欲しくなるものです。

もしかしたらそれをセックスで満たそうとするかもしれません。

相手意識を持って女性を尊重し、聞き上手になって女性の承認欲求を満たしてあげる事が女性に好かれ、長期セフレとタダマンする第2のコツです。

人生をより楽しくするためのセックスパートナーであれ

セックスはあくまで手段です。

確かに男性にとってセックスは最終目的になるのも無理はありません。

ですが女性にとってセックスとは何か目的を達成するための手段でしかありません。

その目的をどう与えてやるか?が男性にとって難しい課題なんです。

ほとんどの女性に対して使える文句の1つとして、「人生をもっと楽しくするため」という言葉があります。

セックスは気持ちいいし楽しい。

人生をもっと楽しくするのに取り入れない理由はありません。

女性をもっと自由に。

しがらみから解放してあげられるのはあなただけです。

← セフレの作り方、簡単に作る方法をまとめてみた に戻る