【コラム】色恋営業に対抗するには?その実態と接客術

シェアする

人は褒められると嬉しくなってしまう生き物。

色恋営業では私にとって”特別”だよと、巧みに言葉を使ってあなたを「ガチ恋」客の沼へ導きます。

「ガチ恋」客になってしまったら最後、搾り取れる限り搾り取られてしまうでしょう。

敵を知れば百戦危うからずとはよく言ったもの。

「色恋営業」の実態について調査してみました。

様々な業種で見られる「色恋営業」

キャバクラはもちろんのこと、ガールズバー、メンズエステ、デリヘル、JKリフレ、JKカフェ、メイドカフェ、さらにはアイドルまで。

女性向けの業種ですがホストクラブは強烈な色恋営業で有名ですね。

中には本当に付き合うフリをするホストも居る始末。

そんな「色恋営業」はありとあらゆる男と女が絡む接客業で遭遇する事ができます。

私も全ての業種でこの子は上手いな〜と思える「色恋営業」に出会ってきました。

キャバクラはありがちですよね。

あくどいやり口として店外(アフター)を利用する方法があります。

店外とは言葉の通りお店以外で、お金のやり取りが発生しない普通のデートをすること。

危なく無さそうな客を上手く店外に導いて、あなたは店外までしている特別なお客さんだからもしかしたら付き合えるかも?

と匂わせてお店でお金を搾り取ります。

メイドカフェでも「色恋営業」が利用されています。

歩合があるメイドカフェではいかにして強い推しを掴むか?が重要。

そこで推しを掴むために、普段女性と接する機会が全く無いお客さんに対して少しだけ、「この服かっこいいね」、「優しいね」とあなたは魅力的だよと暗に伝えます。

こういうお店では客の方がコミュ力低かったりするので、メイドさんとしてはやりやすいのではないでしょうか。

ちょっと褒めるだけでコロっといってしまう光景を何度も目の当たりにしました。

こうなると「色恋営業」という言葉はどこまで使っていいのか?と思ってしまいますが…

ここではひとまず、

男性客が

「もしかしたら俺のこと好きかも?」

と勘違いする様な営業方法

としておきましょう。

男性客の心理「もしかしたらセックスできるかも?」を巧みに利用するのが色恋営業

そもそも男ってなんで色恋営業にハマるんでしょうか?

ゴールはどこにあるのでしょうか?

答えは、やはり「セックス」でしょう。

付き合えるかも?と思うのもセックスしたいからそう思うというのが、男性の心理です。

面倒くさいショッピングに付き合うのも、セックスができるかもしれないからでしょう。

一回でも「セックス」できたらその嬢の事は飽きてしまうのが男性心理というもの。

ですから、嬢としては「セックス」させてしまったら色恋営業失敗なわけです。

この男性心理をおさえておく事が非常に重要です。

「色恋営業」されている間は決して「セックス」できないんです。

では、嬢はどうやって色恋営業を仕掛けているのか?

そのやり方を紹介したいと思います。

色恋営業のやり方

業種によって当然やり方は異なってきます。

私が知らないテクニックもたくさんある事でしょう。

ですが基本的な事は共通しています。

初来店、挨拶と最初のキッカケ作り

「こんにちは」「こんばんは」

当たり前の事ですが、とても重要です。

心地よい笑顔であなたに向かって挨拶をしてきます。

そして名前を聞かれる事でしょう。

あなたの名前を覚える所から色恋営業は始まります。

最初の日は特別な事は何もありません。

その場をとにかく楽しく過ごしてもらう事。

これを念頭に接客されることと思います。

名前を覚え居場所を提供する

次の来店時、あなたの顔を見て「あ、◯◯さん!また来てくださったんですね!」

これができる嬢は優秀です。

一番努力を必要とし、向き不向きもあるのが名前と顔を覚えること。

とにかくその日会った人の事は覚える努力を裏でしています。

「覚えててくれたんだ」とあなたは嬉しい気持ちになるはず。

これ、実はマズローの欲求5段階説では親和欲求という3段階目の欲求を満たしてくれているんです。

「あなたが来てくれると喜ぶ人が居る」

「あなたの事を知っている人がここには居る」

「また彼女に会いたいな」

という感情を引き出してくれます。

さらに他の嬢とは異なる満面の笑みで、親しげに接してくる様だとあなたはますますその嬢が気に入って仕方がなくなるでしょう。

客の事を覚え個人的な関係を形成する

あなたと嬢の間では会話が進み、出身地や住んでいる所、普段の生活スタイル、仕事のことなどを共有します。

リピーター候補となったあなたの事は嬢も完全にマークしています。

「なんとかして常連にしたい。」

「なんとかして私を指名してたくさんお金を使ってほしい。」

必死にあなたの会話の内容を覚えます。

全ては次に会った時の本格的な「色恋営業」のため。

ここまでは通常の営業でもよく行われる事ですよね。

「好き」と伝え特別感、自己是認欲求を満たす

「色恋営業」が本格的に始まります。

来店2回目か、3回目にはこの段階に至ることでしょう。

テクニックがいくつかあります。

  1. 離れている時、目を合わせ誰よりも親しく笑いかける
  2. 性格が似ていると伝える
  3. 好意を伝える
  4. 人生相談する
  5. 特別扱い(のふりを)する

1.離れている時、目を合わせ誰よりも親しく笑いかける

別の客を接客している時などに、あなたの方をちらりと見て微笑みます。

これだけで勘違いしてしまいそうです…笑

2.性格が似ていると伝える

あなたとの共通点を探ってきます。

簡単な所では共通の趣味、血液型、出身地、現住所等です。

色恋営業ともなると、あなたの性格を見抜きあなたの性格が私と似ているといった事を言います。

性格は言い方次第でどんな風にでも言うことができちゃいます。

本心では全然違う性格だと思っていても、上手く言ってくるのが色恋営業の上手い嬢。

さとられない程度に上手くあなたとの類似性を伝えて、少し照れてみせたりします。

似ているという事は人に好意を持ってもらう上で重要な要素です。

例えば出身校が同じ人。

それだけで心を許してしまう事ってありませんか?

心理学的にもよく知られた効果です。

もう虜になってしまいそうですが、まだまだこれからです笑

3.好意を伝える

単刀直入に、「好き」と伝えてくるでしょう。

関係も深まると、「愛してる」という言葉も使うかもしれません。

あくまで客として「好き」なのかもしれませんが、こういった事を言われると勘違いしちゃうのも無理はありません。

しかも好きと伝えるのはいつもではありません。

何回も会っていると、話が盛り上がる事もあると思います。

そういった時にぽつりと「好き」と伝えてくるのです。

あの「好き」って言葉の意味はなんなんだろう…

そんな事を考え出してしまったらあなたはもう「色恋営業」の罠にどっぷりつかっています。

4.人生相談する

嬢がプライベートの話をあなただけにしてきます。

そして本当に悩んでいるというフリをします。

「この仕事を辞めたい」とかが代表例ですね。

悩み相談には乗ってあげたくなるのが人情。

解決できたらすごく感謝され、また好意を伝えられます。

5.特別扱い(のふりを)する

プライベートの悩み相談をするのはあなただけ。

他の人には言わないけどあなただけに。

ここまで来ている場合は完全に嬢の思い通りになっています。

あなたは嬢に会いたくて仕方がなく、出勤を確認しては会いに行く日々。

ですが最初にお伝えしたとおり、決してゴール=セックスに辿り着くことはありません。

色恋営業のその先に、親密な友達

色恋営業も行き着く所まで行くと、店外デートやアフターと行った特別サービスが付いてきます。

ここで嬢は考えます。

「このままガチ恋でこじれたら厄介だ」

「でも、なんとかしてこのまま良い客で居てほしい」

色恋も続いて3ヶ月程度でしょうか。

半年続けば優秀な方です。

大抵の人は疲れたり、金銭的な限界が来たりしてそれ以上は続けられなくなります。

そこで、客は最後の決断を迫ろうとするものです。

「付き合ってくれない?」

ここまでしたのだから、付き合ってくれても良いじゃないか。

この瞬間から、次の段階「友営」に進みます。

友営とは文字通りあなたを友達にしてしまう営業方法のこと。

「キャバ嬢やりながら彼氏を作るって事は考えられないんだ…」

「私はあなたのこと本当に好きだと思ってるけど、今は親友として応援してほしいな…」

等と嬢はほざいてあなたを友達にしてしまうでしょう笑

やっぱり色恋営業は簡単に結果に繋がります。

だからこそ最初のうちは色恋営業を駆使して客を掴むのも仕方がない事。

ですが手練の嬢であればあるほど、客を本当に自分を応援してくれる友達にする事が上手いです。

その方がはるかに小さなコストでお金を落とす客をたくさんつかめます。

色恋営業は常にLINEでやり取りする必要がありますし、店外デートにも行かなければなりません。

ですが友営ならそんな事する必要はありません。

色恋営業に対抗するには?色恋営業を失敗させるコツ

嬢に好かれたいと思わない

色恋営業に対抗する1つの方法は、こちらから嬢に好かれようとしないことです。

色恋営業の常套文句として「好きになるかも?」や「好き」という言葉があります。

でもですよ、最初から「そもそも俺好かれたいと思ってないんだけど?」ってなったら色恋営業も全く的外れです笑

ここでお気づきの方も多いと思いますが、実は客自身が「色恋営業」を求めているのでは?と私は感じるんです。

だって、好きになってほしいからお店に通うのではないでしょうか。

セックスできるかも?とドキドキワクワクできるからお店に通うのではないでしょうか。

こちらから好きになってもらおうとしなければ、たしかに色恋営業へ対抗する事ができます。

でも、それでは楽しむ事はできないでしょう。

あくまで「色恋営業」とわかった上で、決してお店以外では味わう事のできない女性の優しさを享受する。

その対価としてお金を支払う。

”そういう遊び”と割り切ってしまえば本当の意味で、オンナ遊びを楽しむ事ができるのではないでしょうか?

嬢に惚れられる事を遊びにする

トークスキルや見た目をひたすら磨いて、こっちから好きになるのではなく嬢を惚れさせるという遊びにしてしまうという方法です。

これ、効果的だと思います。

あまりに脈なしであれば、サクッと切って次の嬢に行く理由にもなります。

自分が好きになってしまえば、相手はその嬢1人。

でもたくさん居る嬢の中で誰かが自分の事を本当に好きになってくれるなら。

そんな嬢を探して遊べます。

1人に固執しないで済む心構えみたいなものですが…

私はこういう楽しみ方が一番精神衛生上よろしいのではないかと本気で思います笑

セフレを作ってリア充になっておく

もう1つ、対抗手段があります。

それは、セフレを作ってリア充になるという事。

そもそも女性に困っていなければ、「色恋営業」は簡単に対処する事ができる様になります。

出勤の度に会いに行く程はまり込む事もなければ、適度な頻度でオンナ遊びを楽しむ事ができるでしょう。

これまた、女遊びではなくセフレに夢中になってしまうのかもしれませんが…笑。

確かに色恋営業に対抗する最強の手段だと思います。

私ホークが使っているセフレの作り方はコチラにまとめています。

あなたも私のようにセフレ三昧リア充になってみませんか?