【JKリフレ】派遣型JKリフレとは?

シェアする

JKリフレと言っても派遣型と店舗型で大きく異るもの。

「派遣型はどんな所?」

「どういった種類があるの?」

「どんなサービスが受けられるの?」

そんな疑問にお答えします。

そもそもJKリフレがわからないという方はこちらへ。

派遣型JKリフレの発祥は制服オーディショングループ

派遣型のJKリフレのそもそもの発祥は制服オーディショングループが池袋にお店を開いた事から始まります。

確かまだ数年前程度と、比較的新しい業種だったと思います。

関連記事  池袋制服オーディション

その後、制服オーディショングループは秋葉原にも店舗を拡大。元々店舗型をやっていたグループもこれに便乗し派遣型を続々と開店していきました。

関連記事  秋葉原制服オーディション

制服オーディションに見る派遣型リフレの楽しみ方

制服オーディショングループの特徴は、基本コースにアロマエステがついてくること。

あくまでリフレがメインのサービスとなっており、客はレンタルルームでシャワーを浴びたあとトランクス型の紙パンツに着替えます。その後、嬢がアロマオイル風?のローションで体をマッサージしてくれるという内容。

その他のグループで基本サービスにこだわっているお店は私の知る限りありません。

地味にこの基本サービスがちゃんとしているかどうかって、重要だったりするんですよね。話のきっかけ作りにマッサージはとても役立つんです。

もう一つの特徴は過激なコスプレです。店舗型でははみ出したり透けたりする程のコスプレはできません。(おそらく法律や条例的な何かにひっかるのだと思われます。)マイクロビキニだったりスケスケスクール水着といった、コスプレオプションは派遣型ならではですね。

高校卒業後すぐの18歳や、高校中退後の18歳といった若さと、素朴さにこの過激さを掛け合わせて制服オーディショングループは飛ぶ鳥を落とす勢いで伸びています。

なお、ここまであえて性的サービスについては特に触れてきませんでした。

当然派遣型で気になるのは裏オプですよね。

裏オプに関する店舗型との違い

裏オプについては本サイトで詳しく説明していますので、そちらに説明をゆずるとして。こちらでは店舗型との違いについて焦点を当ててみます。

制服姿の女の子と密室で、しかも過激なコスプレと来たら当然抜きサービスや性的なサービスを期待されると思います。

実際に派遣型では店舗型と比較するとかなり高い確率で裏オプをする事ができると実感しています。ただし、中にはできない女の子も居るのは事実。絶対にできる!と思ってデリヘル代わりに使うのはオススメしません。

店舗型では1割居ればいいほうか?という程度の裏オプ率。お店によってはかなり高い確率でできたりもしますが、基本的には添い寝&ハグでイチャイチャしたり、口説いたり、といった疑似恋愛が主な楽しみ方です。

派遣型ではちょっと様相は異なってきます。「いかにして裏交渉するか?」「こんな子がしてくれるかな?」といったギャンブル感を楽しんだり、過激なコスプレを楽しんだりするんです。

これだけが店舗型、派遣型リフレの楽しみ方とは言いません。あなただけの楽しみ方がもしかしたら見つかるかもしれません。

そういう所も新業種である派遣型リフレの面白いところですね。

派遣型JKリフレはデリヘルと何が違うの?

派遣型と聞くとデリバリーヘルスが思い浮かぶと思います。

派遣型リフレがデリヘルと違う所は一体なにか?

というと、やはり基本サービスでしょう。

デリヘルは誰にでも抜くが派遣型リフレはそうじゃない

デリヘルはそれなりの性的なサービスが基本として付いてくる。ということは誰であろうと必ず同じ様な抜きサービスを受ける事ができるんです。

派遣型リフレではそれが必ずしもそうではない。この部分に冒険心や、なんとかしてやってやろうというワクワク感があるのではないでしょうか。値段交渉も含めて、上手くやれば格安で遊べるかもしれない。それを探しに、まるで探検するかの様に通う人も居る様です。

特徴的なサービスを売りにする派遣型JKリフレも出現

もう一つ、特徴的なサービスを売りにした派遣型リフレ店があること。例えば、池袋の「僕の妹が・・・」なんかは電マを売りにしています。オプションを付ければ女の子に対して電マ使ったりもできるとのこと。

こういう少し変わった?マニアックな?遊び方ができるのも面白い特徴ですね。

派遣型JKリフレの色んなお店が知りたいなら

リフレブログを読む事をおすすめします。

癒され隊さんのリフレ店一覧は常にされている最も信頼できるリフレ店一覧のソースとなっています。

とりあえず今日はデリヘル行くかわりに派遣型へ、行ってみるのも面白いかもしれませんね。