出会い系サイトは危険?騙されない安心安全なサイトは存在する?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

出会い系サイトと言えば、サクラが有名ですよね。一体どんな危険が出会い系サイトには存在するのでしょうか。そして、それを回避する術はあるのでしょうか?

自分の身は自分で守る。そのために知識を持っておけば、危険を避ける事が可能です。

出会い系サイトを利用する時の危険とは?

私が経験したり経験談を聞いたものは、以下の4つです。

  • サクラによるポイント消費
  • 報酬狙いのキャッシュバッカー
  • 詐欺サイトへの誘導
  • 名簿収集業者

サクラとキャッシュバッカーについてはほぼ同じ被害、ポイント(=お金)を無駄に消費させられる事になります。

詐欺サイトへの誘導と名簿収集業者については被害がわかりにくく、詳しく説明しなければなりません。しかしながら、詐欺サイトへの誘導の被害が最近目立っています。

どうすれば被害を防げるのでしょうか?詳しくみてみましょう。

 サクラによるポイント消費

昔はこれが本当に多かったですね。

サクラとは、出会い系サイトが自ら操作する客のポイントを大量消費させるために活動する、偽の女性(中身は大抵男性)の事です。

もしあなたが被害を受けたとしたら、無駄な時間とお金を浪費させられてしまいます。また、サクラであるとわかった時の精神的被害もあるでしょう。

インターネット創世記の頃からずっと、「サクラ」は話題に上がってきました。かなり古典的な騙し方と言えると思います。昔から出会い系サイトを使っている私は、サクラなんて使うサイトはもう無いと思ってました。調べると意外とあるんですね〜。

そんなサイトを使うのは時間とお金の無駄です。


報酬狙いのキャッシュバッカー

出会い系サイトによっては、男性側のポイントを消費させればさせるほど、女性がキャッシュバックを得られるサイトがあります。

そういったサイトでは小遣い稼ぎに自ら「サクラ」と同じ様な行為を繰り返す全く出会う気の無い女の子が存在します。これを報酬狙いのキャッシュバッカーと呼んでいます。

こちらも被害は、時間とお金の浪費、および精神的損害。出会い系サイト側も女の子を集めようと、あの手この手を使っています。そんな中ででてきた新たな問題ですね。

女性も男性と同じく出会いを求めているもの。こういったキャッシュバック機能を持たない出会い系サイトをなるべく使いたい所ですね。

名簿収集業者

あなたも経験しているのではないでしょうか?突然知らない電話番号から電話がかかってきて、「不動産投資のご紹介をしているのですが〜」

名簿収集業者は、こういった営業電話をかける企業に向けて、電話番号やメールアドレス、氏名年齢性別といった個人情報を収集し販売しています。

有効なメールアドレスだけでもわかれば売れる様ですね。実際にもしあなたが、「出会い系サイトに登録している」「男性」「30代」「メールアドレス、電話番号」なんて情報を握られたとしたら…

なんとも恐ろしいですね。他の個人情報と紐付けて働いている会社名もバレたとしたら?もしかしたら、それを知った詐欺グループが目をつけて、それっぽい女性からの電話をかけてくるかもしれません。

「◯◯株式会社の◯◯さん(あなた)のお電話ですか?」

「この前お名刺を頂戴して少し気になってお電話かけたのですが…よかったら食事でもどうですか?」

実は見ず知らずの女性で、あなたに結婚詐欺を働こうとしているかもしれません。

これが個人情報が漏れる怖さです。名簿収集業者を気を付けて居れば、ちゃんとした出会い系サイト経由でここまで個人情報が漏れる心配はありませんのでご安心を笑

存在するという事を知識として知っておき、防衛策を取りましょう。

  • メールアドレスは普段使いのものと分ける
  • 電話番号をむやみに教えない
  • 氏名も架空のものにする

これぐらいを気を付けておけば特に問題はありません。お付き合いしたいなと思える人と出会えたり、信用できると思った時に個人情報は小出しにすれば良いです。

詐欺サイトへの誘導

最近最も被害が増えている詐欺サイトへの誘導。女の子とメールで連絡を取っていると思っていたら、いつの間にか詐欺サイトに登録させられており、多額の使用料を請求されてしまった。そういった被害が一般的です。

流れとしては、通常どおり出会い系サイトで女の子とメッセージを交換し、メールアドレスを教えます。しばらくすると女の子からメールが来て、会う約束をしようとします。

あなた「いつが良いかな?今週だといつが空いてる?」

女の子「明日の夜は空いてますよ〜。」

あなた「じゃぁ明日の夜19時に◯◯駅で待ち合わせね!」

ここまで送ったあたりで、女の子からの連絡が途絶えます次の日に仕事をしていると、待ちに待ったメールが。「充電できなくなっちゃったから、このサイトで連絡取り合えない?」とか、「こっちの方が使いやすいからこっちで連絡取り合えない?」とか言って詐欺サイトのURLを送ってきます。

このサイトに登録してしまったら最後、メッセージを交換していると突然、偽の請求画面が出て来ます。最初から疑ってかからないと意外と騙されるんですよね笑。かなり巧みな手法を使ってくるので、ここで私が紹介した方法以外にもやり方はあると思われます。

出会い系サイト自身が悪いわけでもなければ、被害にあう人が悪いわけでもありません。詐欺サイトに関しては出会い系サイトに登録し、そこで詐欺を働こうとしている輩が問題なのです。言ってみれば出会い系サイトも被害者。

こういったユーザをもし見つけたらすぐに「通報」するべきです。

また、出会い系サイトAで出会った女の子とは出会い系サイトA以外の「サイト」は、絶対に使わない様にしましょう。メール、LINE、カカオトークなどで済むはずです。

それでも安全は買うことができる?

色々な出会い系サイトで今まで紹介した、騙そうとするユーザを見てきました。根本的に被害を受けない様にする方法はあるのでしょうか?

私が普段利用している出会い系サイトは全て問題ありません。

今まで遭遇した事がないですし、知人にも遭遇したという報告は聞いていません。何故この様な事ができているのか?

と言うと、

  • 24時間365日の監視体制
  • 通報システム
  • 年齢認証
  • セキュリティ

これだけしっかり対策されており、運営者も長年やってきた信用があるからこそできる芸当です。

それでも色々なユーザが入り込んでくるのが出会い系サイト。

最後は「自分の身は自分で守る」を胸に楽しみたいですね。